新米上司に告ぐ!
部下を伸ばし自分も伸びるマネジメントを早々に実践せよ!

訪問面談 or WEB面談で体験できます
「自分の成果を突き詰めていた」者が「人を育て、伸ばさなければならない」役割になるのは大きな変化です。どのように考え方を変えるべきなのか、特に重要な点をまとめてお伝えします。


新米上司の悩みとは

弊社識学はマネジメントを専門とする会社ですので日々、世の管理職の方々から沢山のご相談を頂いております。

「部下とは仲良くすべきでしょうか。でもそうすると舐められないか不安なんです。」
「数字が出ない部下に、どう指摘すればよいでしょう。ストレスから辞められても困りますし。」
「部下からの言い訳が多くて。でも、彼らの意見にも一理ある気がしていて。」

このような悩みを聞くと、部下を気にして仕事をしなければならない「上司の仕事」は、心労も多いように感じてしまいますね。「管理職になりたくない」と考えるビジネスマンが多いことにも納得できてしまいます。

しかし、多くの場合、このように上司が苦しむ原因は上司自身にあります。厳しい言い方になりますが、上司の考え方がズレているために上司自身が苦しみ、さらに部下の成長も止めてしまっているかもしれません。

本記事では、特に新米上司が知っておくべき「上司としての基本的なマインド」と「では具体的にどのような行動をとればよいのか」を深掘りして解説します。


良い上司とは何か

部下に舐められないか、部下がストレスを抱えていないか、部下の言い訳を聞いてあげないと、このように考える上司は「良い上司とは何か」という根本から間違っていることが多いです。

良い上司とは「部下を高いモチベに維持できる者」でも「部下を幸せにできる者」でもありません。良い上司とは「チームを勝利に導き、より多くの報酬を部下に渡せる者」です。つまり「この人について行ったら、給料めちゃめちゃ上がった!」と思われる上司こそ、良い上司です。

チーム全体の報酬が高まっているということは、会社にも多大に貢献したということです。会社・上司・部下をwin_win_winの状態にできる者こそ、真に優れた上司なのです。

しかし、部下の心情を気にする上司に、それができるでしょうか。成果を上げるためには、部下に厳しい目標設定をしなければならない場面もあります。そんな時「言いにくいなぁ」と悩む上司では、成果は上げにくくなるでしょう。

部下からしても「甘い目標設定」「甘い指示」を受け続けては給与は上がりません。加えて、労働市場で価値ある人材となることもできないでしょう。「部下の感情に配慮し、気を遣う優しい上司」が、部下を貧しくし、加えて成長機会を奪うということにつながってしまうのです。

「会社からチームが評価されることにコミットし、その為なら部下に対して厳しい目標設定も厭わない」

これが良い上司のあり方なのです。

どのようにマネジメントすべきか

「チームを勝利に導き、より多くの報酬を部下に渡す」と書きましたが、簡単なことではありません。だからこそ「部下に対して高い目標設定」が必要になります。

しかし「高い目標を課そうとすると、部下から言い訳や反発が出るんです」という意見も、数多く頂きます。

確かに、上司が「部下の感情・大変さ・辛さを分かってくれるような人」だと、言い訳・反発が出やすいでしょう。これは優しい上司に対する「甘え」と言い換えることもできます。

そこで、特に重要なこととしてお伝えしているのは「部下と十分な距離をとること」です。

例えば、今まで月間売上100万円のノルマを課されていた部下が「来月から目標は200万円になる」と上司に言われたとしましょう。

この時「週に一度飲みに行くほど仲良しの上司」からの指示だったらどうでしょう。「いや!上司さん、それはちょっと無理っすよ!」と気軽に言えてしまいます。上司側としても「君が言うなら、確かに無理あるかもなぁ。」と話を聞いてあげたくなってしまうでしょう。

しかし本来、目標設定は「可能か無理か」ではなく「チームが高い評価を勝ち取るために必要か不要か」で判断しなければならないはずです。無理だから目標を下げていては、目標達成し続けてるのに給与は全然上がらない、なんてことになりかねません。

もし、上司とビジネスライクな関係であれば「無理ですよー!」と簡単に口にできないはずです。

冷たい上司に見えるかもしれませんが、そうではありません。部下と十分な距離を取り、高い目標を課し、チームが勝利することこそ、部下とその家族を豊かにできると知っているからこそのマネジメントなのです。

常に高い目標を課せられ、工夫と努力を強いられる環境は、部下のビジネススキルを大きく高めていきます。結果が伴えば、上司と部下の待遇も向上していきます。

3年後に「この上司の下につけてよかった」と思えるのは、果たしてどちらでしょうか.

新米上司ほど、目先の部下との関係性ばかりを意識してしまいがちです。その結果、部下と距離を縮めるために、プライベートを共にし「良い上司」と思われるために行動してしまいます。

しかし、それは真に「部下のため」ではありません。

良い上司になりたければ、部下と十分に距離をとり、部下に対して高い目標を追わせることを意識しましょう。


「それぞれに明確な原因と解決法が存在する」

ご訪問 or Web会議で体験できます
無料相談バナー
2,000以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼントします。

「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していく「識学マスタートレーニング」。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など、目に見える成果が上がっているこちらのサービスを、まずは無料でご体感ください。

記事一覧

新米上司に告ぐ!部下を伸ばし自分も伸びるマネジメントを早々に実践せよ!

2021-06-15 10:49

「自分の成果を突き詰めていた」者が「人を育て、伸ばさなければならない」役割になるのは大きな変化です。どのように考え方を変えるべきなのか、特に重要な点をまとめてお伝えします。

周囲からの評判が良いリーダーがチームを外された理由。リーダーが気を付けるべきメンバーとの距離感とは?

2021-05-11 11:28

リーダーがメンバーとの関係を良好に保つことは、チームの運営をする上でとても大切なことです。 メンバー同士で仲が悪ければ、足の引っ張り合いなど、別のことに気をとられて、結果を出すことが難しい状態になるのは言うまでもありません。 しかし、リーダーがメンバーと“仲良く”してしまうことで、結果を出すことができない「弱いチーム」を作ってしまうこともあるのです。 本日は、私の体験談を元に「業務に集中できる環境作り」について、お話ししていきます。

なぜ部下はあなたの指示に従わないのか?

2021-05-06 19:06

・部下に指示を出しても、平気で逆らってくる ・指示の背景や意図などを、いちいち細かく説明しないと動かない ・指示の内容について、できない理由を並べてくる これらは、ある会社で実際に起きている問題ですが、あなたの会社では似たようなことが発生していないでしょうか? 今回は、部下があなたの指示に従わない理由と、その解決策をご紹介します。

上司は部下のモチベーションに直接関わるべからず

2021-04-15 11:05

モチベーションは上司が与えるものではなく、部下自身で設定するものと識学は定義付けています。 与えるモチベーションは部下が錯覚を起こして、給与プラスαとしてモチベーションを働く必須条件と捉えるので、モチベーションを感じるかどうかで仕事をするしないを選び出します。 もちろんモチベーションは働く上で大きなエネルギーになることは事実で、成長を促進する要素としは非常に重要なものです。 では、部下に放任なのですか?モチベーションを発揮するもしないも部下次第なのですか?と思われますよね。 最後は当事者である部下が発揮しないといけないのですが、実は発揮させる為の環境を組織、そして上司がどう作るかが最も重要なのです。 今回は自己設定する内発的動機と呼ばれる真のモチベーションの発生方法についてご紹介致します。

モチベーションは働く上で必要不可欠なものではない?

2021-04-15 10:45

現在は「働くことにも楽しさを求める時代」と言ってもいいくらいの環境に変わっており、そのような環境下で部下を持つリーダーやマネージャーは、「どうすればメンバーがやる気を出してくれるのか」、「以前はやる気が見られたのに、ここ最近モチベーションが下がっているメンバーがいて大変だ」といった「やる気」に関する悩みを持つことが多いです。しかしそんな悩みを持つリーダーやマネージャーは、実はあることに気付いていないから悩んでいるのです。

株式会社識学について

株式会社識学では、組織のリーダーが本来やるべき、組織の成長(未来)へのコミットに専念できるよう、「識学」という、人の意識構造に基づいたマネジメント理論を使い、組織のリーダーが抱える組織マネジメント課題を解消するためのお手伝いをさせていただいております。
2015年3月の創業以から現在に至るまで、2,000社を超える企業・団体の経営者・経営幹部などのリーダーの方々へ、組織マネジメントに関するコンサルティングサービスを提供しております。

▼識学(しきがく)とは?
識学とは、人の意識構造に着目した理論をベースにした、組織マネジメント理論です。

▼主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング
・「識学」を使った従業員向け研修
・「識学」をベースとしたwebサービスの開発、提供
・「識学」関連書籍の出版

会社概要

会社名 株式会社識学(SHIKIGAKU CO., LTD.)
本社

〒141-0031
東京都品川区大崎2丁目9−3 大崎ウエストシティビル 1階
Tell:03-6821-7560

支店

■大阪支店
大阪府大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル8F
Tell:06-4400-6231

 

■名古屋支店
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋21階
Tell:052-856-3235

 

■福岡支店
福岡県福岡市中央区大名2-12-15 赤坂セブンビル8階
Tell:03-6821-7560(本社共通)

設立 2015年3月