識学ファンド
Shikigaku fund

概要
Outline

組織コンサルティング会社である識学をGPとして出資するベンチャーキャピタルファンドです。単なる投資活動にとどまらず、我々の持つ組織コンサルティングの知見と、企業評価制度の導入などにより、出資先の企業様を支援致します。また、識学ファンドはLPとして個人・法人様から出資を頂いているファンドでもあります。

識学ファンドのコンセプトの背景には、2019年上場企業様のうち7社(全上場企業の約10%)が識学導入企業であった事実がございます。マネジメント理論「識学」の導入と企業価値の向上には強い相関性があることを確信しております。

識学を導入した数々の上場企業
Clients

株式会社グッドスピード
2019年4月 東証マザーズ上場
株式会社ピアラ
2018年12月 東証マザーズ上場
株式会社Branding Technology
2019年6月 東証マザーズ上場
株式会社ギフト
2018年10月 東証マザーズ上場

投資指針
Guideline

成長する組織運営の実践度や改善余地に着目した投資
マネジメント理論識学を基準に「成長する組織運営」をどれだけ実践できているか、改善の余地はどれだけ残されているか、を正確に測ることができます。また、識学が従来より行っているマネジメントトレーニング事業により、数多くのベンチャー企業と出会うことができ、十分なソーシングの機会があり有利な投資を行うことができます。

企業課題・事例・運営会社
Task Case Operation_company

識学が解決する課題
内部統制と管理体制の強化
・予実管理におけるサポート
・経営管理体制の充実強化
・経営管理制度の整備
→識学活用で改善・統制強化
予実管理の強化
・予算達成につながる会議体の設計・運用
・識学導入顧客とのマッチングサポート
→識学活用による実現確度の向上
内部統制と管理体制の強化
・予実管理におけるサポート
・経営管理体制の充実強化
・経営管理制度の整備
→識学活用で改善・統制強化
予実管理の強化
・予算達成につながる会議体の設計・運用
・識学導入顧客とのマッチングサポート
→識学活用による実現確度の向上
出資先企業様の事例
企業1
在宅ワーカ2000名を超えるWEBソリューションを用いた業務支援、就労支援及び登録数150万件を超える法人情報プラットフォームやクラウド型営業支援システム、WEB会議システム提供のセールステック企業様
企業2
設立10年以上でのべ4000サイトのSEO対策、1500社以上のWEBサイト制作実績及びリスティング広告全国トップレベルの実績を有するWEBマーケティング会社様
企業3
SFA・CRM・MA運用支援事業。法人向け研修事業。海外高度人材紹介事業様
運営会社
会社名:株式会社識学
代表取締役:安藤広大
設立年月日:2019年10月
住所:東京都品川区大崎2-9-3 大崎ウエストシティビル1階
連絡先:株式会社識学事業推進部識学ファンド推進室(担当:竹本)
080-9422-4486

お問い合わせフォーム
Contact

マンガ
Download

ムービー
Download

導入レポート
Download

無料トライアル
Trial