識学とは

すべての社長に必要不可欠な学び。

識学とは01

意識構造学という学問としての識学

識学は「意識構造学」という学問からとった造語であり、20年以上前に提唱された組織運営理論です。識学はこの原理論を体系化し、弊社の基幹理論として整備したものです。 識学は、なぜ生産性向上を実現できる組織と、そうでない組織があるのか、どうすればいかなる組織でも生産性向上を実現できるのかを追求しています。

識学の基礎理論とビジネスへの応用

識学は、人が物事を認識し、行動に至るまでの思考の働きを5つの領域で説明しています。人はそれぞれ過去の経験や知識によって、その人特有の「思考の癖」を持ちます。この思考の癖によって、事実に対する認識にズレが生じ、これが誤解や錯覚となります。この誤解や錯覚こそが、組織運営に問題をもたらす原因となります。 識学は、思考の癖に紐づく誤解や錯覚の発生要因を特定し、これを発生させないためのマネジメント手法を体系化させたものです。
識学とは01
識学とは01

識学の応用分野

人が二人以上集まれば必ず組織ができます。識学は、組織運営の「原理原則」として、スポーツチーム、家庭、非営利組織など、会社組織にとどまらない幅広い分野で活用されています。

識学を知る

サービスについて詳細はこちら
講師について詳細はこちら

識学で解決できる組織運営上の問題

「社員が思ったように成長しない」「優秀な人材の離職が後をたたない」「目標に対してできない理由ばかりを並べる社員がいる」「雰囲気は良いが成果が上がらない」。
多くの社長は、これらのような、あらゆる組織運営上の問題に日々直面しており、その解決に頭を悩ませていることかと思います。
識学では、組織運営上起こる、あらゆる組織の問題の発生要因を、社長もしくは社員が持っている「誤解・錯覚」であると考えます。その「誤解・錯覚」とは一体何なのか?
そして、それを正しい認識に変えるためには何を改めれば良いのか?これらについて、理論の学習と実践を繰り返していただくことにより、あらゆる組織の問題を解決することができます。
問題解決イメージ

Case Study

Case01

管理職が育たない組織

管理職が育たず、伸び悩む企業は非常に多いです。その要因の一つとして、部下が直属の上司を飛び越えて、さらに上層部の指示を受けている構造があげられます。現場を知っているのは、直属の上司であるにも関わらず、部下は上層部の意見を優先するため、この上司に部下を指揮する権限は実質無く、自らの判断では無い為、責任感も生まれません。とはいえ、未熟な上司に全てを任せるのは不安だという、社長のご意見もわかります。「どのような対処と変革が最適なのか」を多数の実績と経験から識学講師が、社長と共に導きだします。
識学とは_CaseStudy_Case01
Case02

モチベーションを与えられないと 頑張らない社員

多くの社長、リーダーは部下のモチベーションを上げることに必死になります。しかし、「モチベーションを与えてくれるから頑張る」や「給与がもらえるから頑張る」という考えは社員の「誤解・錯覚」の一つです。なぜなら、会社は顧客にサービスを提供することで利益を獲得し、その利益の中から給与が支払われるからです。社員がこの順番を誤解し、「先に給与がもらえて当然だ」と錯覚すると、モチベーション等の「給与+α」が必要だという思考になります。この社員の「誤解・錯覚」を解消するために、まずは社長やリーダーの日々の言動を正していきます。
識学とは_CaseStudy_Case02
Case03

頻発する離職

優秀な人材の離職に悩む社長は非常に多いですが、多くの社長やリーダーは「待遇」や「コミュニケーション」で離職を防ごうとします。しかし、これらの方法は会社にとって大きなコストとロスタイムにつながります。優秀な人材の真の離職要因は、「成長感」と「所属感」を感じられなくなることです。社員を引き留めたい気持ちはわかりますが、注力すべきは、引き留め方ではなく「成長感」と「所属感」を感じさせることができる仕組み作りです。これもトレーニングを通じて作り上げていきます。
識学とは_CaseStudy_Case03
2重矢印

その他にもこんなお悩みを解決できます

識学を学び、実践し、組織に浸透した先にどんな未来があるか?

識学とは_「社員」にもたらす変化

「組織」にもたらす変化

識学が浸透した組織では、「誤解・錯覚」が最小化されることで、今まで発生していた組織運営上のロスタイムも最小化されます。その結果、社員一人一人の集中力が高まり、生産性の高い組織に生まれ変わります。

「社長」にもたらす変化

識学が浸透した組織は、社長不在でも「仕組み」で回る組織です。よって、社長は、マネジメントの心配をすることなく、会社の未来のための戦略作りに集中することができます。
識学とは_「社長」にもたらす変化
識学とは_「社員」にもたらす変化

「社員」にもたらす変化

識学が浸透した組織では、社員は、向かうべき方向が明確になり、無駄なストレスなく業務に集中することができます。また求められる結果が明確なため、会社からの利益を獲得しやすくなります。

多くの企業様に識学をご利用頂いております

お問い合わせ

経営運営でお悩みのことはありませんか?
2,000社以上の組織運営課題を解決してきたマネジメント
理論と経験を用いて、御社のお悩みを解決します。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら

03-6821-7560【受付時間】平日 08:30~17:30