負の“新人研修あるある”を打破しませんか?



新人研修の際
こんなことはありませんか…?

あるあるその1
研修で元気な挨拶ができるようになったが、
配属されると周囲に合わせて元気がなくなってしまう…

あるあるその2
分からないことはどんどん質問するように伝えたが、配属後
「先輩が教えてくれない」と指示待ち状態になっている…

あるあるその3
WEBニュースや学生時代の友人の情報など隣の芝生が青く見えるようだ。しばらくすると会社の批判が増えてくる…

識学はここが違う

識学とは

識学=構造

人はそれぞれ思考の癖を持っています。癖自体に良し悪しはありませんが、同じ職場、
同じ目標を持つ仲間で思考のズレが生じるとトラブルや、業務の重複、業務の空白地帯を生みます。

                              ▶お互いに自分も相手も同じ認識だと思ってしまっている。

          (相互認識のズレが発生)

  1. 役割認識のズレ
  2. 「今日中」という時間に対する認識のズレ
  3. 成果物の認識のズレ

研修内容

①マインドセット研修

識学新入研修は、3時間のマインドセット研修を基本サービスとしており、
参加者様からのご要望や、ブラッシュアップによって内容が逐次変更されています。
下記は、主な2つの内容となります。

マインドセット研修「位置」

テーマ01:ヒト認識
会社というコミュニティの評判を上げなければならない。
テーマ02:決定権者
上司から求められることを把握・実行しなければならない。
テーマ03:学びの獲得
教えを乞いに行かなければならない。
テーマ04:給与サービスの対価
サービスの提供を第一に考えなければならない。
テーマ05:評価の方向
仕事において他者評価を意識しなければならない。
自己評価は不要。

マインドセット研修「結果」

テーマ01:結果と成果
求められる結果を明確に確認しなければならない。
テーマ02:評価の種類
各人が個人の結果に集中しなければならない。
テーマ03:成長
結果を明確にし、できたかどうかの確認をしなければならない。
テーマ04:時感覚
時間当たりの生産性を高めなければならない。

【時間】位置、結果合わせて3時間(うち、休憩適宜小休憩を講師より指示)

【持ち物】筆記用具

※上記はオープンセミナーのカリキュラムです。

集合研修はアレンジ可能ですのでご希望の方は下記より別途ご相談ください。




②ビジネスマナー研修(オプション)

基本サービスのマインドセット研修に加え、オプションとしてビジネスマナー研修を追加いただくことも可能です。
オプションのビジネスマナー研修は5つのテーマにて構成されております。

ビジネスマナー研修「5つテーマ」

テーマ01:社会人としての自覚 顧客志向
~社会人としての心構えや顧客志向を持ち、組織での役割や立場をふまえた振る舞いを~
 
 
・社会人としてのあり方 ≪ディスカッション≫ 学生と社会人の違い
 ・結果を出す組織に必要なこと
   (1)役割の認識と遂行
   (2)要領を掴み効率よく進行
   (3)マナーを守る
     -挨拶、返事の習慣化 ≪実習≫ 挨拶、返事
     -環境を整える習慣
 ・マナーに必要な接遇とは
 ・お客様視点でのサービス
     -商品に付加価値を加えるソフトサービス ≪ディスカッション≫ 貴社のハードサービス・ソフトサービス
 ・顧客満足の仕組み

テーマ02:効率の良い仕事の進め方
~効率の良い仕事の進め方を身につける~

 ・仕事に欠かせない報告、連絡、相談
 ・基本的な仕事の進め方PDCA ≪実習≫ PDCA・報連相を活用した仕事の進め方
 ・公私の区別
 ・仕事の取り組み姿勢による好循環

テーマ03:第一印象の影響力
~会社の印象に直結する第一印象の重要性を認識し、
自身を客観視するとともに、印象を向 上させるポイントを実習しながら学ぶ~


 ・自身の印象チェック
 ・会社の印象、仕事の成果に影響を及ぼすもの
  - 安心感を与える表情 ≪実習≫ 笑顔
  - 好ましい振る舞い ≪実習≫ 立ち方、お辞儀
  - 身だしなみ ≪チェック≫
  - 言葉遣い ≪ワーク≫

テーマ04:ビジネスマナー
~良好な関係を築くためのビジネスマナー(電話応対、名刺交換)を理解する~
 
 ・電話応対 -基本的な電話のかけ方
 ・受け方
   ≪実習≫ -取次ぐ例 -伝言を承る例
 ・名刺交換 -名刺の取り扱い
   ≪実習≫-同時交換 -縦型の名刺の場合 -複数での交換
 ・マナーは心の表現、感性を磨くことの効果 、結果を出す人財としての自己研鑽

テーマ05:課題整理・行動目標
~気づきや学びを共有し、今後の行動目標を立てる
 ・学び、気づきの共有 ≪行動目標設定≫

受講の流れ

 

①受講前(お申込み/受講書発券)  

以下の受講書を発券いたします。

▼『リーダーの仮面』要約資料※データ送付

→人事ご担当者様向けズレのない組織構築のため

▼『先輩社員ハンドブック』※データ送付

→職場の先輩社員向け  

▼ベストセラー書籍『リーダーの仮面』  

→1社から5名以上のお申込みでプレゼント!

②受講当日

当日の感想や質問を弊社研修講師へご提出いただきます。

③受講後

研修で寄せられた質問への回答として新人向け研修内容振り返り資料データを送付いたします。  

※ご受講者名は伏せて回答いたします。

開催概要

日程

全日程基本プランはマインドセット研修3時間となります。
下記にて「BM」の記載がある日程のみ、オプションとしてビジネスマナー研修を追加可能です。

【オンライン】

<2023年3月>

3/9(木)BM 3/16(木)BM 3/23(木)BM 

 

<2023年4月>

4/6(木)BM 4/13(木)BM 

 

<2023年5月>

5/12(金)

【東京会場】品川・大崎を予定

<2023年4月>

4/4(火)BM調整中 4/5(水)BM調整中 4/20(木)BM

 

<2023年5月>

5/9(火)

【大阪会場】梅田を予定

<2023年4月>

4/4(火)BM調整中 4/5(水)BM調整中

 

<2023年5月>

5/10(水)

【名古屋会場】名古屋を予定

<2023年4月>

4/12(水)BM

 

<2023年5月>

5/11日(水)


【研修時間】


▼全日程「マインドセット研修」
9:00〜12:00(3時間)

▼BM「ビジネスマナー研修」
13:00〜18:00(5時間)

※ビジネスマナー研修を追加された場合
 マインドセット3時間+ビジネスマナー5時間の計8時間となります。

※最低実施人数 8名
※各回最大25名まで


【ご注意】

・参加費お支払い後に、参加を辞退される場合、参加費はご返金致しかねます。
・弊社内でご入金を確認する為、銀行振込の場合は「支払時入力名」と「お申し込み時の氏名」を統一して頂きますようお願い致します。

 

お申込みはこちら

ご参加者様の声

◆受講者の声

声01
会社の看板を背負っているということを自覚することから意識を変えていこうと思った。社会人として働くということは「責任が伴う」というより会社のイメージを良くも悪くも変えてしまうことだと気づけた。
会社の評価が、自分を含めここに属している人全ての印象に繋がるため、期待を裏切らないよう精進していきたい。
声02
研修の中でも自己評価と他者評価の部分が一番印象に残りました。学生時代のアルバイトまでは自分はこんなに頑張っているのに評価してもらえないといった、自己評価を主体で考えていました。
しかし、研修の中で評価する側から評価される側になったというのに気付かされました。今後は上司や組織からの他者評価を意識していきたいと思います。
声03
学生の頃は時間をかければかけるほど精度が高くなり評価されることが多かったため、本日教えていただいた「時間短縮=莫大な価値」という考え方は目からうろこでした。
まだ慣れていませんが、徐々に考え方を変えていきたいと思いました。


◆受け入れ社員の声

人事ご担当者様
組織での自己の立場を認識して行動する大切さ。自身はあくまで上司から評価を受ける被評価者であることを自覚し、進んで学びを獲得せねばならず、組織の中で自身がすべきことを行なって成果を出してこそ、自身の評価と成長につながってくるのだと気づかされた。
現場の上司
研修でそんなに動きが変わるかなと思っていましたが、指示や指導に対するリアクションが良い気がします。
自分が新人の時も受けたかったです。
経営者
識学を入れて組織のスピードが上がりました。せっかくなので新人から共通言語化を図りたく、研修に派遣しました。
会社の仕組み、世の中の仕組みを識学という理論で教えてもらえることに魅力を感じました。



~識学について~

▶詳しくはこちら

https://corp.shikigaku.jp/introduction

▶導入事例はこちら

https://souken.shikigaku.jp/category/case/

提供サービス一覧

お問い合わせ

経営運営でお悩みのことはありませんか?
3,000社以上の組織運営課題を解決してきたマネジメント
理論と経験を用いて、御社のお悩みを解決します。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら

03-6821-7560【受付時間】平日 08:30~17:30