なぜ部下はあなたの指示に従わないのか?

訪問面談 or WEB面談で体験できます
・部下に指示を出しても、平気で逆らってくる
・指示の背景や意図などを、いちいち細かく説明しないと動かない
・指示の内容について、できない理由を並べてくる

これらは、ある会社で実際に起きている問題ですが、あなたの会社では似たようなことが発生していないでしょうか?

今回は、部下があなたの指示に従わない理由と、その解決策をご紹介します。

指示に従わないたった1つの理由

まず前提として、部下が上司の指示を無視したり、逆らったりするのは、明らかに間違った行動です。なぜなら、それは部下にとって利益とならないからです。

会社組織に所属している以上、部下は、上司からの評価を高めることによってのみ、より高い給与や地位を手にすることができます。

逆に、上司からの評価が下がってしまえば、その部下は、どんなに自分が良いことをしたと思っていても、より高い給与や地位は得られなくなります。

すなわち、部下自身の「自己評価」に意味はなく、上司からの「他者評価」によってのみ、部下は利益を獲得できるということであり、これが事実です。

にもかかわらず、なぜ、部下は上司の指示に従わないのでしょうか?

それは、この事実の仕組みを誤解しているからです。本来、上司の指示に従わないことは、自らの利益を損ねる行為です。しかし、上司側がそのことを部下に正しく認識させることができていない場合、部下はそれを平気でやってしまいます。

部下との距離感を一定に保つ

では、どのようにすれば、この事実の仕組みを認識させることができるでしょうか。実はそのためには、上司が日々の言動を正していく必要があります。

例えば、未達成だった部下に対して、あなたはどのような声をかけるでしょうか?

「あんなに遅くまで頑張ったんだから仕方ないよ!次頑張ろう!」

上記のように、寄り添うような声かけをしている方が多いかもしれませんが、実はあまり良くありません。正しくは、

「今回の未達成の原因をどう捉えて、次は何を変えていくの?」です。

すなわち、「結果を出さなければ上司から高い評価を得られなくなる」という意識を持たせることで、意識上の「上司-部下」の関係ができあがり、指示が通りやすくなります。

逆に、部下が「頑張ったのだから仕方がない」「未達でもあの上司だったら許してくれそうだ」などといった意識を持ってしまうと、仮に上司の指示が自分にとって不都合だった時、「従わなくても許されるだろう」という意識に繋がってしまいます。

世間では、「風通しの良い組織」が持てはやされることもありますが、組織として成果を上げるためには、上司-部下間の一定の距離感が必要になるのです。

まとめ

「上司の指示は絶対だ」などと言うと暴論のように聞こえますが、上司は自らに与えられた責任を果たすために、部下に指示を出します。一方で、その責任は部下個人にはありません。この責任の有無が上司と部下の違いです。

だからこそ、上司側はその責任を果たすために、部下を指示通りに動かさなくてはなりません。

もちろん、時には上司が間違っていることもあるでしょう。しかし、その際は、指示を変更すれば良いだけです。

部下と距離を保つことには、はじめは抵抗を感じるかもしれませんが、結果的にそれが上司と部下お互いにとっての利益になります。

上司の立場にいる方は、ぜひこれを意識して部下と接してみてください。

「それぞれに明確な原因と解決法が存在する」

ご訪問 or Web会議で体験できます
無料相談バナー
2,000以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼントします。

「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していく「識学マスタートレーニング」。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など、目に見える成果が上がっているこちらのサービスを、まずは無料でご体感ください。

記事一覧

周囲からの評判が良いリーダーがチームを外された理由。リーダーが気を付けるべきメンバーとの距離感とは?

2021-05-10 16:35

リーダーがメンバーとの関係を良好に保つことは、チームの運営をする上でとても大切なことです。 メンバー同士で仲が悪ければ、足の引っ張り合いなど、別のことに気をとられて、結果を出すことが難しい状態になるのは言うまでもありません。 しかし、リーダーがメンバーと“仲良く”してしまうことで、結果を出すことができない「弱いチーム」を作ってしまうこともあるのです。 本日は、私の体験談を元に「業務に集中できる環境作り」について、お話ししていきます。

なぜ部下はあなたの指示に従わないのか?

2021-05-06 16:35

・部下に指示を出しても、平気で逆らってくる ・指示の背景や意図などを、いちいち細かく説明しないと動かない ・指示の内容について、できない理由を並べてくる これらは、ある会社で実際に起きている問題ですが、あなたの会社では似たようなことが発生していないでしょうか? 今回は、部下があなたの指示に従わない理由と、その解決策をご紹介します。

「組織のルールが社員を縛る」は本当か?

2021-04-30 23:02

あなたは、「ルール」という言葉にどんな印象を持ってるでしょうか? 「息苦しい」「縛られる」「クリエイティブな発想が生まれにくい」など、比較的ネガティブなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?しかし、「ルールがない」や「ルールがあいまい」という状態では、組織に様々な問題が発生します。今回は組織の中で「ルール」が果たす役割について考えていきます。

モチベーションは働く上で必要不可欠なものではない?

2021-04-23 14:01

現在は「働くことにも楽しさを求める時代」と言ってもいいくらいの環境に変わっており、そのような環境下で部下を持つリーダーやマネージャーは、「どうすればメンバーがやる気を出してくれるのか」、「以前はやる気が見られたのに、ここ最近モチベーションが下がっているメンバーがいて大変だ」といった「やる気」に関する悩みを持つことが多いです。しかしそんな悩みを持つリーダーやマネージャーは、実はあることに気付いていないから悩んでいるのです。

上司は部下のモチベーションに直接関わるべからず

2021-04-16 14:01

モチベーションは上司が与えるものではなく、部下自身で設定するものと識学は定義付けています。 与えるモチベーションは部下が錯覚を起こして、給与プラスαとしてモチベーションを働く必須条件と捉えるので、モチベーションを感じるかどうかで仕事をするしないを選び出します。 もちろんモチベーションは働く上で大きなエネルギーになることは事実で、成長を促進する要素としは非常に重要なものです。 では、部下に放任なのですか?モチベーションを発揮するもしないも部下次第なのですか?と思われますよね。 最後は当事者である部下が発揮しないといけないのですが、実は発揮させる為の環境を組織、そして上司がどう作るかが最も重要なのです。 今回は自己設定する内発的動機と呼ばれる真のモチベーションの発生方法についてご紹介致します。

株式会社識学について

株式会社識学では、組織のリーダーが本来やるべき、組織の成長(未来)へのコミットに専念できるよう、「識学」という、人の意識構造に基づいたマネジメント理論を使い、組織のリーダーが抱える組織マネジメント課題を解消するためのお手伝いをさせていただいております。
2015年3月の創業以から現在に至るまで、2,000社を超える企業・団体の経営者・経営幹部などのリーダーの方々へ、組織マネジメントに関するコンサルティングサービスを提供しております。

▼識学(しきがく)とは?
識学とは、人の意識構造に着目した理論をベースにした、組織マネジメント理論です。

▼主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング
・「識学」を使った従業員向け研修
・「識学」をベースとしたwebサービスの開発、提供
・「識学」関連書籍の出版

会社概要

会社名 株式会社識学(SHIKIGAKU CO., LTD.)
本社

〒141-0031
東京都品川区大崎2丁目9−3 大崎ウエストシティビル 1階
Tell:03-6821-7560

支店

■大阪支店
大阪府大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル8F
Tell:06-4400-6231

 

■名古屋支店
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋21階
Tell:052-856-3235

 

■福岡支店
福岡県福岡市中央区大名2-12-15 赤坂セブンビル8階
Tell:03-6821-7560(本社共通)

設立 2015年3月