離職を防ぐ環境設定のポイント

訪問面談 or WEB面談で体験できます
多くの組織が悩みを抱える「離職問題」、給与面の改定やモチベーションアップの為の福利厚生や社内イベント等あれこれ施策を打ってはみるが、いまいち効果が無いなと感じている経営者も少なくないと思います。

その原因は、そもそもなぜ離職が発生しているのか、その原因を正しく捉えていない状態で施策を打っているからです。

今回は離職の発生要因からそれを踏まえてどうすれば離職が防げるのか、その真のポイントをご紹介します。

ルール遵守による所属意識の醸成

まず、離職の発生要因のひとつとしては、組織内におけるルール遵守(管理)不足が原因で、個人が同じ組織下にいるという認識が希薄化してしまい、所属意識が消滅、そして単独意識となることで、その組織にいるメリットを感じなくなることです。
これを防ぐためには、所属意識を持たせる、そしてそのためにはルール遵守が必要です。
ただ、「ルールを守りましょう。」と言っても、どういうルールをどう運用すればいいのかイメージが湧かない方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回はポイントを絞ってその手法をご紹介します。

まずは、作成するルールは、出来る/出来ないが存在しない類の内容にします。
例えば、「出社時は、オフィス全員に聞こえる声の大きさでおはようございますと挨拶する」とか、「日報は必ず〇時までに提出すること。もし難しい場合は事前に上司の承認を得ること」といった内容です。数は少なくて大丈夫です。

この誰でも出来る、かつ出来た/出来てないが明確に判別できる内容を設定して下さい。
そしてこれを守ることが所属する全ての個人に求められ、そして部下にこのルールを守らせることが上司の最低限の役割と認識させ、もし部下が守れていなければひたすら「守れ」と注意させるようにしてください。
この際、守っていない部下に対して守らない理由を聞く必要はありません。
なぜなら守れない理由が絶対に無いからです。

つまり意思を持って守らないという選択をしない限り、絶対に守れるからです。
なので、管理職の方は根負けせず「守れ」と注意し続けて下さい。

これがルール遵守の環境を浸透させ、そして所属意識を醸成していき、離職発生を防ぐ根本的な手段となります。

目標(結果)を明確にする

離職の発生要因の二つ目は、上司と部下が認識している結果設定の内容もしくは基準がズレてしまっていることで、正しい評価がなされず、部下側が不満を持つもしくは評価の獲得方法が分からず迷走してしまうことによるものです。
実はこれは設定する上司側の問題であり、この要因を排除する為には、まず上司が結果を明確に設定することが必須なのです。では、どうすれば結果が明確になるのか、そのポイントをご紹介します。

そもそもの問題は、ある結果設定において上司と部下の認識がズレるということなので、認識のズレがない設定にすることが解決に繋がります。
では、どうすれば認識のズレが無い設定にできるのか?
それは、「期限」と「状態」を明確にすることです。

例えば、上司が「なるべく急いで頑張って契約件数を伸ばしなさい。」といった結果設定をした場合、上司の思惑は「最低3ヵ月で、今の3倍の契約に達していれば及第点だな」だったにも関わらず、部下は「着実にやっていくことが大事だから、6カ月で今の2倍になっていれば十分だな」と認識するといったズレが必ず発生してしまいます。
なので、このような複数の解釈が成立するような設定ではなく、例えば「1か月後の〇月〇日の就業時間終了時刻までに、△件の契約を受注しなさい」といった解釈がズレない設定をしてください。

このようにすると、結果を迎えた時に、出来た/出来ていないが上司と部下の間で完全に一致するので、部下から「おかしい」といった不満は出ることなく、もし出来ていなければ、何が不足だったかも明確になるので、迷うこともなく次どうすればといった成長に繋がります。

まとめ

今回は離職を防ぐポイントについて要因を踏まえていくつかご紹介しました。

・数は少なくても大丈夫なので、出来る/出来ないが存在しないルール内容を設定し、それを当事者は必ず守る、そして管理者は部下に守らせることを徹底することを繰り返していくことで、所属意識を醸成する。
・出来た/出来ていないの認識が、誰が見てもズレが無いよう結果設定は期限と状態を明確にする

離職を防ぐ正しいポイントは、実はとてもシンプルなことなのです。是非お試し下さい。

では、具体的どのようなルール設定をするとよいでしょうか?これをわかりやすく解説したマンガ資料をご用意いたしましたので、ぜひ以下からダウンロードくださいませ。

「それぞれに明確な原因と解決法が存在する」

ご訪問 or Web会議で体験できます
無料相談バナー
2,000以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼントします。

「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していく「識学マスタートレーニング」。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など、目に見える成果が上がっているこちらのサービスを、まずは無料でご体感ください。

記事一覧

新米上司に告ぐ!部下を伸ばし自分も伸びるマネジメントを早々に実践せよ!

2021-06-15 10:49

「自分の成果を突き詰めていた」者が「人を育て、伸ばさなければならない」役割になるのは大きな変化です。どのように考え方を変えるべきなのか、特に重要な点をまとめてお伝えします。

周囲からの評判が良いリーダーがチームを外された理由。リーダーが気を付けるべきメンバーとの距離感とは?

2021-05-11 11:28

リーダーがメンバーとの関係を良好に保つことは、チームの運営をする上でとても大切なことです。 メンバー同士で仲が悪ければ、足の引っ張り合いなど、別のことに気をとられて、結果を出すことが難しい状態になるのは言うまでもありません。 しかし、リーダーがメンバーと“仲良く”してしまうことで、結果を出すことができない「弱いチーム」を作ってしまうこともあるのです。 本日は、私の体験談を元に「業務に集中できる環境作り」について、お話ししていきます。

なぜ部下はあなたの指示に従わないのか?

2021-05-06 19:06

・部下に指示を出しても、平気で逆らってくる ・指示の背景や意図などを、いちいち細かく説明しないと動かない ・指示の内容について、できない理由を並べてくる これらは、ある会社で実際に起きている問題ですが、あなたの会社では似たようなことが発生していないでしょうか? 今回は、部下があなたの指示に従わない理由と、その解決策をご紹介します。

上司は部下のモチベーションに直接関わるべからず

2021-04-15 11:05

モチベーションは上司が与えるものではなく、部下自身で設定するものと識学は定義付けています。 与えるモチベーションは部下が錯覚を起こして、給与プラスαとしてモチベーションを働く必須条件と捉えるので、モチベーションを感じるかどうかで仕事をするしないを選び出します。 もちろんモチベーションは働く上で大きなエネルギーになることは事実で、成長を促進する要素としは非常に重要なものです。 では、部下に放任なのですか?モチベーションを発揮するもしないも部下次第なのですか?と思われますよね。 最後は当事者である部下が発揮しないといけないのですが、実は発揮させる為の環境を組織、そして上司がどう作るかが最も重要なのです。 今回は自己設定する内発的動機と呼ばれる真のモチベーションの発生方法についてご紹介致します。

モチベーションは働く上で必要不可欠なものではない?

2021-04-15 10:45

現在は「働くことにも楽しさを求める時代」と言ってもいいくらいの環境に変わっており、そのような環境下で部下を持つリーダーやマネージャーは、「どうすればメンバーがやる気を出してくれるのか」、「以前はやる気が見られたのに、ここ最近モチベーションが下がっているメンバーがいて大変だ」といった「やる気」に関する悩みを持つことが多いです。しかしそんな悩みを持つリーダーやマネージャーは、実はあることに気付いていないから悩んでいるのです。

株式会社識学について

株式会社識学では、組織のリーダーが本来やるべき、組織の成長(未来)へのコミットに専念できるよう、「識学」という、人の意識構造に基づいたマネジメント理論を使い、組織のリーダーが抱える組織マネジメント課題を解消するためのお手伝いをさせていただいております。
2015年3月の創業以から現在に至るまで、2,000社を超える企業・団体の経営者・経営幹部などのリーダーの方々へ、組織マネジメントに関するコンサルティングサービスを提供しております。

▼識学(しきがく)とは?
識学とは、人の意識構造に着目した理論をベースにした、組織マネジメント理論です。

▼主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング
・「識学」を使った従業員向け研修
・「識学」をベースとしたwebサービスの開発、提供
・「識学」関連書籍の出版

会社概要

会社名 株式会社識学(SHIKIGAKU CO., LTD.)
本社

〒141-0031
東京都品川区大崎2丁目9−3 大崎ウエストシティビル 1階
Tell:03-6821-7560

支店

■大阪支店
大阪府大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル8F
Tell:06-4400-6231

 

■名古屋支店
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋21階
Tell:052-856-3235

 

■福岡支店
福岡県福岡市中央区大名2-12-15 赤坂セブンビル8階
Tell:03-6821-7560(本社共通)

設立 2015年3月