脱・モチベーションマネジメント

 
 日
々の仕事の中で、部下がやる気を出してくれないといったお悩みはありませんか?上司の立場として、部下には全力で仕事に取り組んでもらい、チームの成果を上げたいですよね。様々なマネジメントの本や理論を見て、必死に部下のやる気を引き出そうとしているそこの貴方!

 実は部下に成果を出してもらうのにやる気は関係ないんです。
 
この記事ではモチベーションマネジメントがダメな理由と、やる気に頼らず部下を管理する方法についてご紹介します。

モチベーションマネジメントが失敗しやすいワケ

上司の立場としてはチームの成果を上げるべく、部下には全力で仕事に取り組んで欲しいですよね。
事実、上司も含めて社員は属する会社の一部として全力で仕事に取り組まなければいけません。

しかしながら、部下に全力で取り組んでもらう方法に苦しんでいるリーダーや管理職が非常に多いのが昨今の現状です。
そしてその苦しんでいるリーダーや管理職の方のほとんどは、部下を何とか動かそうと日々“餌”となる「
モチベーション」を部下に与えてしまっているのです。

「いや、それのどこが悪いの?」
「部下にモチベーションを与えることは上司の仕事では?」
と思われた方、だから部下のマネジメントに苦しんでいるのです。

今回は上司が
なぜ部下にモチベーションを与えてはいけないのか、そして正しい部下のモチベーション管理についてご説明致します。

与えるモチベーションは継続しない

モチベーションとはその名の通り「動機付け」であり、仕事をする上でパフォーマンスを発揮する為に重要な要素となるのは事実です。
しかし重要だから、もしくは必要だからといってこの動機付けを上司が部下に都度与えるアプローチをしてしまうと、次の2つの弊害が発生します。

それは「継続しない弊害」と「エスカレートする弊害」です。

まず「継続しない弊害」ですが、これは親が子供をあやすイメージが分かり易いかと思います。
例えば子供を泣き止ますために、はたまたお手伝いをさせる為に、子供が好きなおもちゃを使ったりしますよね。
しかしこの名付けて「おもちゃ作戦」を使用すると、作戦使用時は言うことを聞くのですが、使わないと言うことを聞かないことが多発します。
なので、常に使わないといけない状況になったりしますよね。これと同様のことが組織でも発生しているのです。

つまり上司が部下に動いてもらう為に、例えば「励ます」とか「インセンティブをちらつかせる」といったアプローチをすると、その一瞬は動きます。
しかし時間の経過とともに動きは鈍くなり、また何かしらの動機付けを与えないと動かなくなってしまう、つまり上司側が与えることをしない限り継続しないのです。

そしてもうひとつの「エスカレートする弊害」についてですが、まずそもそも人は欲求がエスカレートする生き物です。
今与えられたものでその瞬間は満足しても、時間の経過と共に更に高い満足を欲し、要求がエスカレートしていくのです。

なので、与えるモチベーションを続けていくと、必ずいつか(実際はかなり早い段階で)部下の欲求を満たす条件が不可能な壁に到達してしまい、モチベーションを与えることが出来ず、部下を動かせないというシナリオが発生します。

モチベーションを発生させる環境づくりが重要

では、与えるモチベーションは続かない、そして限界があるという弊害を理解した上で、どう管理すればよいのか、その方法についてご紹介します。

まず、モチベーションは部下自身の中から湧き出てくるのが本来あるべき姿です。
つまり自己設定するものということですが、ではどうすれば自己設定するようになるのか。

その答えは「成長」です。

人は成長を感じる中で、例えば「達成感」とか「有能感」を感じ、そして会社から評価を獲得し「昇給」とか「昇格」といったことが発生すると、またこれらを得たいと思うようになり、次のステージに向かって頑張るモチベーションを自身で発揮するようになります。

よって、いかに成長を感じることができる環境・仕組を設定するかが正しい部下のモチベーション管理なのです
なお、この環境・仕組みづくりのポイントとしては次の2点に尽きます。

ひとつは「明確な結果設定」、もうひとつは「正しい評価制度」です。
目標達成時、つまり成果を出せた時に正しく「達成感」が味わえる、そして物質的な評価(昇給、昇格)を得ることができる状態をつくることです。

まとめ

今回は、上司が部下のモチベーションに直接関与してはいけない理由と正しいモチベーション管理方法についてご紹介をしました。

与えるモチベーションは続かない、そして限界が訪れ機能しなくなる。
・正しいモチベーション管理は、部下が自己設定できるよう成長感を感じさせる「明確な結果設定」と「正しい評価制度」を整えること。

上司はモチベーションを直接与えるのではなく、部下に自己発生させる為の環境づくりまでを行うことが真の役割と言えます。
脱・悩みのモチベーションマネジメントに向けて、是非役取り組んでみて下さい。

では、具体的に上司が部下のモチベーションを上げようとすると、どんなことが起きるでしょうか?これをわかりやすく解説したマンガ資料をご用意いたしましたので、ぜひ以下からダウンロードくださいませ。

「それぞれに明確な原因と解決法が存在する」

ご訪問 or Web会議で体験できます
無料相談バナー
2,000以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼントします。

「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していく「識学マスタートレーニング」。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など、目に見える成果が上がっているこちらのサービスを、まずは無料でご体感ください。

記事一覧

もう悩まない!「エンジニアへの評価制度」の解決策

2021-08-18 15:28

ここ最近、「エンジニア人材の採用・教育コストが増加するばかり」というご相談をいただきます。ITシステムの内製化に取り組むものの、思った通りの予算やスピードで進んでいない企業が多いようです。実は、これらのすべての原因は、「あるもの」の欠如によります。ずばり、「正しい評価制度」の欠如です。今回は、「正しい評価制度」とはどんなものか?に迫りたいと思います。

組織運営成功の近道は「評価制度」にあり

2021-08-17 15:28

組織運営の成功への近道は?と聞かれたなら、私ならこう答えます。 「評価制度を作り、継続運用すること」です。 難しくない?そう感じてしまうこともあるかと思いますが、仰るとおり難しいです。 時間もかかります。ですが、だからこそ価値があります。 私が識学を学んでいくメリットとして強く感じるのは、識学理論は評価制度の原理原則にも通ずるため、仕組みを理解した上で運用していくことが出来るということです。 今回は「貴社での仕事」をスポーツに喩えながら、解説したいと思います。

「評価制度」が組織成長のカギを握る!?

2021-08-16 08:30

そもそも「評価制度」は何のために存在しているのでしょうか?また、あなたの組織にはどのような「評価制度」が存在しているでしょうか?今回は、組織における評価制度の重要性について考えてみたいと思います。

起きてほしくない離職を防ぐ3つのポイント

2021-08-13 08:30

これまで会社を離職した人は、何が原因だったのでしょうか? 「仕事にやりがいを感じない」「上司が威圧的」「人間関係の悩み」「キャリアアップしたい」「給与が低い(上がらない)」「会社の将来が不安」など、離職する社員からヒアリングしたはいいが、どうするべきか悩まれたことは無いでしょうか? 今回、離職の本質的な原因と対策について考えていきます。

ルールを厳しくしたらどんどん部下が離職した。ではルールを無くしたら?

2021-08-11 08:30

識学講師として今まで多くの経営者の方のコンサルティングをさせて頂いた中で、経営者の方から一番多く聞く悩みは「社員の離職」に関することです。手塩にかけた従業員が離脱してくことに胸をかきむしられる痛みを感じる方は多く、それほど「社員は仲間」「社員は宝」「社員は家族」という想いは強いものだと痛感させられました。 識学では「ルール」を徹底するというお話をしています。そうすると「ルールを厳しくしたら社員が辞めてしまうのでは?」という心配の声が必ずと言っていい程上がります。はたしてそれは本当なのでしょうか?

株式会社識学について

株式会社識学では、組織のリーダーが本来やるべき、組織の成長(未来)へのコミットに専念できるよう、「識学」という、人の意識構造に基づいたマネジメント理論を使い、組織のリーダーが抱える組織マネジメント課題を解消するためのお手伝いをさせていただいております。
2015年3月の創業以から現在に至るまで、2,000社を超える企業・団体の経営者・経営幹部などのリーダーの方々へ、組織マネジメントに関するコンサルティングサービスを提供しております。

▼識学(しきがく)とは?
識学とは、人の意識構造に着目した理論をベースにした、組織マネジメント理論です。

▼主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング
・「識学」を使った従業員向け研修
・「識学」をベースとしたwebサービスの開発、提供
・「識学」関連書籍の出版

会社概要

会社名 株式会社識学(SHIKIGAKU CO., LTD.)
本社

〒141-0031
東京都品川区大崎2丁目9−3 大崎ウエストシティビル 1階
Tell:03-6821-7560

支店

■大阪支店
大阪府大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル8F
Tell:06-4400-6231

 

■名古屋支店
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋21階
Tell:052-856-3235

 

■福岡支店
福岡県福岡市中央区大名2-12-15 赤坂セブンビル8階
Tell:03-6821-7560(本社共通)

設立 2015年3月 

もう悩まない!「エンジニアへの評価制度」の解決策

2021-08-18 15:28

ここ最近、「エンジニア人材の採用・教育コストが増加するばかり」というご相談をいただきます。ITシステムの内製化に取り組むものの、思った通りの予算やスピードで進んでいない企業が多いようです。実は、これらのすべての原因は、「あるもの」の欠如によります。ずばり、「正しい評価制度」の欠如です。今回は、「正しい評価制度」とはどんなものか?に迫りたいと思います。

組織運営成功の近道は「評価制度」にあり

2021-08-17 15:28

組織運営の成功への近道は?と聞かれたなら、私ならこう答えます。 「評価制度を作り、継続運用すること」です。 難しくない?そう感じてしまうこともあるかと思いますが、仰るとおり難しいです。 時間もかかります。ですが、だからこそ価値があります。 私が識学を学んでいくメリットとして強く感じるのは、識学理論は評価制度の原理原則にも通ずるため、仕組みを理解した上で運用していくことが出来るということです。 今回は「貴社での仕事」をスポーツに喩えながら、解説したいと思います。

「評価制度」が組織成長のカギを握る!?

2021-08-16 08:30

そもそも「評価制度」は何のために存在しているのでしょうか?また、あなたの組織にはどのような「評価制度」が存在しているでしょうか?今回は、組織における評価制度の重要性について考えてみたいと思います。

起きてほしくない離職を防ぐ3つのポイント

2021-08-13 08:30

これまで会社を離職した人は、何が原因だったのでしょうか? 「仕事にやりがいを感じない」「上司が威圧的」「人間関係の悩み」「キャリアアップしたい」「給与が低い(上がらない)」「会社の将来が不安」など、離職する社員からヒアリングしたはいいが、どうするべきか悩まれたことは無いでしょうか? 今回、離職の本質的な原因と対策について考えていきます。

ルールを厳しくしたらどんどん部下が離職した。ではルールを無くしたら?

2021-08-11 08:30

識学講師として今まで多くの経営者の方のコンサルティングをさせて頂いた中で、経営者の方から一番多く聞く悩みは「社員の離職」に関することです。手塩にかけた従業員が離脱してくことに胸をかきむしられる痛みを感じる方は多く、それほど「社員は仲間」「社員は宝」「社員は家族」という想いは強いものだと痛感させられました。 識学では「ルール」を徹底するというお話をしています。そうすると「ルールを厳しくしたら社員が辞めてしまうのでは?」という心配の声が必ずと言っていい程上がります。はたしてそれは本当なのでしょうか?

 

新着更新記事

 

もう悩まない!「エンジニアへの評価制度」の解決策

2021-08-18 15:28

ここ最近、「エンジニア人材の採用・教育コストが増加するばかり」というご相談をいただきます。ITシステムの内製化に取り組むものの、思った通りの予算やスピードで進んでいない企業が多いようです。実は、これらのすべての原因は、「あるもの」の欠如によります。ずばり、「正しい評価制度」の欠如です。今回は、「正しい評価制度」とはどんなものか?に迫りたいと思います。

組織運営成功の近道は「評価制度」にあり

2021-08-17 15:28

組織運営の成功への近道は?と聞かれたなら、私ならこう答えます。 「評価制度を作り、継続運用すること」です。 難しくない?そう感じてしまうこともあるかと思いますが、仰るとおり難しいです。 時間もかかります。ですが、だからこそ価値があります。 私が識学を学んでいくメリットとして強く感じるのは、識学理論は評価制度の原理原則にも通ずるため、仕組みを理解した上で運用していくことが出来るということです。 今回は「貴社での仕事」をスポーツに喩えながら、解説したいと思います。

「評価制度」が組織成長のカギを握る!?

2021-08-16 08:30

そもそも「評価制度」は何のために存在しているのでしょうか?また、あなたの組織にはどのような「評価制度」が存在しているでしょうか?今回は、組織における評価制度の重要性について考えてみたいと思います。