成果を上げる新卒社員の採用ポイント

訪問面談 or WEB面談で体験できます
少子高齢化に加え、働き方が多様化している昨今において、新卒採用にはどの企業も悩みを抱えていることかと思います。

一昔までは会社が応募者を一方的に選ぶ時代でしたが、今は応募者が会社を選ぶ「売り手市場」になっています。
こんな中、やっと採用できた新卒社員が、思うように成長せず、そうかと思えばだんだん不満の声が強くなり、ついには1年も経たずして辞めていくといったケースもあるかと思います。
この新卒採用に悩みを抱える企業が多いのは、単純に新卒者の分母が減っているだけではなく、世の中の仕事に対する考え方が多様化していることが一番の要因です。

今回はこの厳しい新卒採用の時代に、注意すべき人材採用のポイントをご紹介します。

新卒社員の錯覚を見抜け

新卒社員は次の2つの錯覚をしているケースが多いです。

その一つ目は「入社後も会社を評価する意識を持ち続けてしまう」ことです。
入社を決めるまでは「成長できる環境か」「会社の風通しはどうか」「福利厚生面はどうか」等々、多方面からその会社を検討します。
つまり会社を評価し、最終的に「ここが一番だ」と評価が一番高かった会社に入社をすることになります。
もちろんこれ自体はごく当たり前のことで、錯覚ではありません。
当然就職活動中は会社を選ぶ評価者ですが、外部の環境がどうであれ、入社した瞬間からは新卒社員として会社から評価される立場に変わります
これが事実です。

それにも関わらず、入社してからも「自分は会社に吟味された特別な存在だ」という強い認識から、会社を評価できると錯覚を起こしてしまうことが問題なのです。
何もなくてもこの錯覚が発生することがあるので、もし採用時や入社時に社長が「君にはこの会社の将来を期待しているから、何かあれば社長である私に直接言いなさい」とか「うちは風通しのいい会社をつくりたいと思っているから、上司にはどんどん提案しなさい」と言ってしまった日には大変な勘違いを起こします。

新卒社員は評価者の立場を捨てることができず、むしろそれがさらに強化されていくことになります。
そして現実を知り、「社長に言ったけど、全然相手にされなかった」「なんで上司は僕のこの提案を採用しないんだ」「誰に何を言っても変わらないこの会社はダメな会社だ」と会社を評価し続け、不満を持って辞めていくことになるのです。

二つ目は「いつまでも教えてもらえる立場でいる」ことです。
社会人になれば最初は新卒研修といった教えてもらえる機会が設定されていたりもしますが、その後は基本的に自身で考え必要に応じて上司や仲間に聞きに行くといった行動を取らないといけません
それにも関わらずそもそも学生時代までの感覚が抜けず、「出来るようになるまでは会社が教えてくれる」と錯覚してしまっていることもあれば、社長や上司が辞めないよう優しく接し、何かにつけて手取り足取り教えてしまうことで、新卒社員は「自分は教わって当然」という錯覚を起こすのです。

こうなると実際は徐々に教えてもらえる頻度が減る中で「うちの会社は仕事について何も教えてくれない」などと筋違いの不満を持つようになるのです。

甘やかすと優しさは違う

このように新卒社員は会社側の発言もあり、錯覚を起こし、不満を抱き離職に繋がるといった残念な結果を招くケースがあります。
このようなことが起きないよう、採用時に以下のポイントを注意する必要があります。

まずは、遅くとも入社時には新卒社員に「あなたは会社を評価する立場から、会社に評価される立場に変わった」ということを伝えておくことです。
そして、会社では自ら“学び”を獲得しなければならない存在であることも伝えて下さい。
もしかしたら最初から厳しいのではと思われるかもしれませんが、結局錯覚したままでは成長はしませんし、辞めて次の会社に転職しても遅かれ早かれまた転職をすることになるでしょう。

真の優しさとは成長する為に「事実を認識させる」ことです。

まとめ

今回は、新卒社員の注意すべき採用ポイントをご紹介しました。

・新卒社員は入社後も評価者である錯覚を起こしやすい。
・新卒社員はいつまでも教えてもらえる立場であると錯覚を起こしやすい。
事実を認識させることが新卒社員への真の優しさである。

勘違いの発端は実は会社側にあったりします。該当するところがあれば是非見直してください。

では、自発的に動いてもらうためには、どうすればよいのでしょうか?これをわかりやすく解説したマンガ資料をご用意いたしましたので、ぜひ以下からダウンロードくださいませ。

「それぞれに明確な原因と解決法が存在する」

ご訪問 or Web会議で体験できます
無料相談バナー
2,000以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼントします。

「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していく「識学マスタートレーニング」。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など、目に見える成果が上がっているこちらのサービスを、まずは無料でご体感ください。

記事一覧

良い会議と悪い会議の決定的な違い3つ

2021-11-18 12:19

会議が長い、疲れる、何度会議をしても業績があがらない。そんな経験したことはありませんか? 会議は有効なマネジメントアクティビティで、正しい会議ができると、業績は速いスピードで改善できますが、間違った会議をすると、やればやるほど業績が悪くなります。 御社の中で1週間に何回会議があるでしょうか?そのすべての会議が正しいルールで運用できているか、ぜひ確認してみてください。 会議には2種類あるとしていますが、今回は業績管理(営業管理)をする会議に話を絞ってお話します。

会議の正解ってあるの?

2021-11-16 11:28

皆さん!!常日頃、どのような会議を実施されていますか?会議内容に自信がある方はいらっしゃいますか?経営者の方だけではなく、部下をマネジメントしている管理職の方々。会議のやり方知っていますか?会議は部下をマネジメントする上で非常に重要な場であると私たちはお伝えしております。ただ、なんとなく会議を実施していませんか?皆さんに会議の正解をお伝えしていきます。

『嫌われたくない』が会社の成長を阻害する。

2021-11-12 15:28

組織に縛られずに自由に働きたい。周りを気にせず、自分の力を思う存分発揮したい。 そんな想いで起業された社長、多いのではないでしょうか? このような想いで起業された社長で、事業の成長に伴い会社で社員を雇用していく中、マネジメントに迷っている方はいらっしゃいませんか? 今回は『嫌われたくない』という社長の想いが起こす弊害についてお伝えします。

本当に風通しの良い会社とは何か。言い訳を聞くことが必要となっていませんか。

2021-11-10 15:28

何でも言える、風通しの良い会社にしたい。「何かあったら何でも相談に乗るから」とマネジメントしている方もいるのではないでしょうか。 自身が上司になったら、働きやすい環境にしていくために、部下の意見を吸い上げてチームとして勝ちたい。 このように考えることは良くあることです。 チームのために積極的な意見を言ってくる部下、できない言い訳を言ってくる部下、この違いは何でしょうか。 本当に目指している風通しの良い会社とは何かを考えていきます。

もう悩まない!「エンジニアへの評価制度」の解決策

2021-08-18 15:28

ここ最近、「エンジニア人材の採用・教育コストが増加するばかり」というご相談をいただきます。ITシステムの内製化に取り組むものの、思った通りの予算やスピードで進んでいない企業が多いようです。実は、これらのすべての原因は、「あるもの」の欠如によります。ずばり、「正しい評価制度」の欠如です。今回は、「正しい評価制度」とはどんなものか?に迫りたいと思います。

株式会社識学について

株式会社識学では、組織のリーダーが本来やるべき、組織の成長(未来)へのコミットに専念できるよう、「識学」という、人の意識構造に基づいたマネジメント理論を使い、組織のリーダーが抱える組織マネジメント課題を解消するためのお手伝いをさせていただいております。
2015年3月の創業以から現在に至るまで、2,000社を超える企業・団体の経営者・経営幹部などのリーダーの方々へ、組織マネジメントに関するコンサルティングサービスを提供しております。

▼識学(しきがく)とは?
識学とは、人の意識構造に着目した理論をベースにした、組織マネジメント理論です。

▼主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング
・「識学」を使った従業員向け研修
・「識学」をベースとしたwebサービスの開発、提供
・「識学」関連書籍の出版

会社概要

会社名 株式会社識学(SHIKIGAKU CO., LTD.)
本社

〒141-0031
東京都品川区大崎2丁目9−3 大崎ウエストシティビル 1階
Tell:03-6821-7560

支店

■大阪支店
大阪府大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル8F
Tell:06-4400-6231

 

■名古屋支店
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋21階
Tell:052-856-3235

 

■福岡支店
福岡県福岡市中央区大名2-12-15 赤坂セブンビル8階
Tell:03-6821-7560(本社共通)

設立 2015年3月