有事の組織マネジメント
この窮地を乗り越えた先にさらなる成長を果たす
新型コロナウイルスの感染拡大に端を発し日本経済、企業へ甚大な影響を与えた今回のコロナショックは正に「有事」と言って良いでしょう。
このような有事の際、リーダーは何を考え、どのような行動を取るべきか?本動画では、これらのことを念頭に識学的観点で解説します。
この窮地を乗り越えた先にさらなる成長を果たすために、ぜひご覧ください。
株式会社識学 代表取締役社長
安藤 広大
1979年、大阪府生まれ。
2002年、早稲田大学卒業。
同年、株式会社NTTドコモ入社後、2006年ジェイコムホールディングス株式会社(現ライク株式会社)入社。主要子会社のジェイコム株式会社(現ライクスタッフィング株式会社)で取締役営業副本部長等を歴任。
2013年「識学」を知り独立。
識学講師として数々の企業の業績向上に貢献する。
2015年、識学をより早く社会に広めるために、株式会社識学を設立。
2019年、株式会社識学がマザーズ上場。

動画視聴申し込み