「自分なりに考えて行動しなさい」こんな言葉を部下に投げかけていませんか?
それを念頭に、これまで頑張ってきた部下は、自己評価と実際の人事評価にギャップが会った時、きっと不満に思うでしょう。
「自分なりに考えてやってくれ」は、部下に「自分で自分を評価する意識」を生ませてしまう要注意発言です。
この自己評価意識を無くす試みで離職率も改善します。
株式会社識学は、1,000社を超える企業と経営者様に「組織マネジメントの悩み」を伺い「成果を出すための解決策」を提示してきました。
そんな「お悩み」の中から、特に経営者が陥りやすいものを、わかりやすくマンガで紹介し、解決策をご提示しています。
ぜひ「あなたの会社」と「あなたのマネジメント」に識学を活かしてみてください。

マンガダウンロード
Download