東京/大崎の講座
Tokyo

一覧
List

7/14【WEB受講】「週次会議」で部下の精確な報告習慣を作る方法

誤ったマネジメントの下では、部下から上司への報告は機能しません。 1200社以上の企業にマネジメントトレーニングを行ってきた識学には「部下からの報告」と「部下の管理」に関する様々なお悩みを聞いてきました。 「部下に対して、こちらから聞かないと報告がされてこない。」 「部下の報告は、感覚的なものばかりで、精確な判断ができない。」 これらの「報告」に関するストレスは、多くの「上司」につきまとうものです。 識学は、このような悩みを「週次会議の導入」という極めて具体的な施策によって解決してきました。しかし、ただ、部下を集めて会議をすればよい、というものではありません。 部下が自発的に、精確な報告を、定期的に上げてくるよう習慣化するには「週次会議」の内容にも押さえなくてはならない要点があります。 本講座では参加者様に、これらの要点を細かにお伝えし、理解して頂きます。 部下から正しい報告があり、上司はこれらを聞き「承認」「否認」を判断するだけで、各部下が責任を果たし、チームの成果を向上する。 多くの企業が実現した「週次会議導入による生産性向上」を2時間の本講座で学び、ご自身のマネジメントに活かして頂ければと思います。 本講座は、参加者様から「自組織に関するご質問」を適宜お受し、識学講師が回答できるよう少数対話形式となります。 その為、基本的な参加定員は「先着5名様」に制限をさせて頂いております。 何卒ご理解頂きますようお願い致します。 (参加者様は5名様となるよう、当社内で調整をさせて頂きますが、次第により最大10名程度となる可能性もございます。)

7/15【東京/大崎】「テレワーク」導入時にあるべき「評価制度」

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テレワークが広がるなど「従業員の働き方」は大きく変わりました。ウイルスの猛威がおさまっても、この新しい働き方は広まり続けることが予想されています。 そんな中、識学には「テレワークの導入」に関して、様々なご質問・お悩みが寄せられています。 「テレワークを導入したいとは思っているが社内体制が整っていない。」 「テレワークで社員の顔が見えなくなった途端に売り上げが落ちた。」 「意思疎通がうまくいかず、業務上のトラブルが頻発した。」など 大きな変化によって新たな悩みが増えている経営者様・管理職の方が、数多くいらっしゃいます。 そして、テレワーク導入がされても、会社の生産性を維持するためには要点を押させた「評価制度」の実施が欠かせません。たとえ社員・部下の顔が見えなくなっても、変わらない成果を上げ続け成長し続けるために、必要な評価制度を講義します。

7/22【東京/大崎】買収・売却をゼロから学ぶ「M&A徹底基礎講座」

あなたはM&Aについて経営者・担当者として、どれほど理解できているでしょうか。多くの方がM&Aについて、外部の専門家の意見に頼る中、成功する方は自身でもM&Aの知識を身につけ、経営・実務に活かしています。 本講座は経営者様・担当者様に向けて「M&Aの基礎」を3時間をかけ解説するものです。M&Aの知識は業界的にブラックボックス化されています。そのためM&Aを考える当人が「取引にあたってみるべき指標は何なのか」を分かっていなかったり「売買価格の根拠」が理解できないというケースが多々見受けられます。 識学M&Aトレーニングは、経営者様・担当者様ご自身がM&Aのプロフェッショナルとなるためのトレーニングですが、本講座では当カリキュラム内でも特に重要な基礎部分に特化してお伝え致します。 ・M&A用語の説明 ・M&A業界の成り立ち ・現在のM&A業界の環境と時流 を含む、M&Aの全体像を把握するための講座となっています。 「知識を全く持たない参加者様」にも、3時間で他経営者と知識を共有したり、実経営・業務で活かせる基礎知識を持って頂けることをコンセプトとしています。 当講座は、参加者様を少数に限定し、各参加者様からのご質問やお悩みにお応えする対話形式となっています。その為、参加者を基本的に5名とさせて頂きます。先着でのお申込み受付となりますので、ご興味を持って頂ける方は、是非ご参加ください。

7/22【東京/大崎】正しい「評価制度」が意欲と成果を生み出す

識学は、1200以上の経営者・管理職にマネジメントトレーニングを行ってきました。 多くのトレーニング受講者が、社内ルール・組織図・給与体系・人事采配などを変革することで、売上向上や離職率低減、ストレス・トラブルの減少を実現しています。 そして、中でも「生産性(売上や制作スピード、生産量など)の向上」に大きく左右するのが「評価制度」です。 正しい評価制度は「社員が自ら目標を達成したい」という意欲を引き出します。逆に言えば、誤った評価制度の下では、評価は「得られなくてもべつによいもの」になりかねません。 本セミナーでは、当社内及びクライアント様の事例も交えて、日々、経営者・管理職に対しマネジメントトレーニングを行う識学講師が「正しい評価制度」を解説します。 受講後には、ご自身の経営・チーム運営に持ち帰り、実践できる実用的な内容を、識学のメインサービス「マネジメントトレーニング」同様に丁寧に解説致します。 複数回、同様のテーマでセミナーが行われ、当初の定員10名を大きく超える約60名にご参加希望を頂いた大人気セミナーです。

8/3【東京/大崎】営業部署特化「売上の上がるチーム」の造り方

マネジメント理論「識学」は、1200を超える企業の生産性と離職率を劇的に向上させてきました。正しいマネジメントは企業のあらゆる問題を解決する手段になりますが、本講座では「営業部署が売上を上げるためのマネジメント」に特化して講義します。 識学導入企業の経営者・管理職の方々からの多数のご要望を受けての開催となります。識学をご導入頂いた企業の多くが、導入後3ヶ月以内に生産性(売上・制作数・生産量など)を実感していますが、営業部署は特に変化に敏感な部署といえます。これは、あらゆる営業部署が「売上」を強く意識しており、その向上が「数値」として現れるためです。 しかし、営業チームを束ね、各社員が自分の目標を達成するためには、現場に則した適切な「評価方法」や「ルール」が必要です。これらの仕組みづくりの方法を、2時間をかけ詳細に解説するのが、本講座となります。 登壇する識学講師は「識学マスタートレーニング(マンツーマン全12回約3ヶ月間のトレーニング)」を、あらゆる業界の経営者・管理職の方々に多数行い、高い評価を得た者です。 是非、実業務におけるお悩み・疑問を伝え「現状においてどのように社員・チームメイトに対して働きかけていくべきなのか」という正解に気付いて頂ければ幸いです。

8/4【東京/大崎】組織の規律「法令遵守」「企業統治」の実現法

コンプライアンス(法令遵守)とガバナンス(企業統治)は近年、よく聞くようになったビジネス用語です。 コンプライアンスとは「企業の外側のさまざまな規則・倫理に従うこと」です。 必ずしも「法律を守っていれば良い」という意味ではなく、モラルや品位など、社会規程・規範も含めて守る姿勢を示す言葉です。 一方、ガバナンスは「コーポレート・ガバナンス」の略であり、企業が「企業自身を統治する」ことを意味します。 これらの言葉が頻繁に叫ばれるようになったのには「情報社会が進んだこと」「企業の責任意識が高まったこと」が背景にあり、この流れを軽視することは経営者にとって非常に危険なことです。 15年前であれば、社員が不特定多数の人々が見るSNSや動画投稿で、情報を漏洩することなどありませんでした。しかし現代では、誰もが気軽に情報を発信でき、その責任は個人だけでなく企業にも及ぶようになったのです。 例えば、社員が社内の情報を漏洩してしまった場合、ガバナンスが成っておらず、コンプライアンスも疎かであるという評価が会社全体に及んでしまうのです。 本講座では、自社を統治(ガバナンス)し、社員一人一人が法令・モラルに準拠した姿勢を維持する(コンプライアンス)ために、企業の長である経営者・役員の立場の方は、どのようなマネジメントを行うべきなのか、を詳細に解説致します。 コンプライアンス違反によって、企業成長が大きく疎外されてしまう不安要素を排除することで、企業の安定とさらなる成長に繋がる内容となっています。

8/5【東京/大崎】「週次会議」で部下の精確な報告習慣を作る方法

誤ったマネジメントの下では、部下から上司への報告は機能しません。 1200社以上の企業にマネジメントトレーニングを行ってきた識学には「部下からの報告」と「部下の管理」に関する様々なお悩みを聞いてきました。 「部下に対して、こちらから聞かないと報告がされてこない。」 「部下の報告は、感覚的なものばかりで、精確な判断ができない。」 これらの「報告」に関するストレスは、多くの「上司」につきまとうものです。 識学は、このような悩みを「週次会議の導入」という極めて具体的な施策によって解決してきました。しかし、ただ、部下を集めて会議をすればよい、というものではありません。 部下が自発的に、精確な報告を、定期的に上げてくるよう習慣化するには「週次会議」の内容にも押さえなくてはならない要点があります。 本講座では参加者様に、これらの要点を細かにお伝えし、理解して頂きます。 部下から正しい報告があり、上司はこれらを聞き「承認」「否認」を判断するだけで、各部下が責任を果たし、チームの成果を向上する。 多くの企業が実現した「週次会議導入による生産性向上」を2時間の本講座で学び、ご自身のマネジメントに活かして頂ければと思います。

8/6【東京/大崎】正しい「評価制度」が意欲と成果を生み出す

識学は、1200以上の経営者・管理職にマネジメントトレーニングを行ってきました。 多くのトレーニング受講者が、社内ルール・組織図・給与体系・人事采配などを変革することで、売上向上や離職率低減、ストレス・トラブルの減少を実現しています。 そして、中でも「生産性(売上や制作スピード、生産量など)の向上」に大きく左右するのが「評価制度」です。 正しい評価制度は「社員が自ら目標を達成したい」という意欲を引き出します。逆に言えば、誤った評価制度の下では、評価は「得られなくてもべつによいもの」になりかねません。 本セミナーでは、当社内及びクライアント様の事例も交えて、日々、経営者・管理職に対しマネジメントトレーニングを行う識学講師が「正しい評価制度」を解説します。 受講後には、ご自身の経営・チーム運営に持ち帰り、実践できる実用的な内容を、識学のメインサービス「マネジメントトレーニング」同様に丁寧に解説致します。 複数回、同様のテーマでセミナーが行われ、当初の定員10名を大きく超える約60名にご参加希望を頂いた大人気セミナーです。

マンガ
Download

ムービー
Download

導入レポート
Download

無料トライアル
Trial