経営者を悩ます問題社員に対する実践的対処方法
~法律の専門家の見地から~
2020.08.21 開催予定

テーマ
Theme

「経営者との間に認識のズレがある問題社員というのは、どの会社でも発生のリスクがあります。

このような問題社員が発生した場合、その社員の問題行動だけにとどまらず、周りの社員に対しても悪影響を及ぼす事態が多く発生します。

その結果、事業の遅滞、社内の人間関係の悪化などが発生し、それに対する経営者の負担は非常に大きなものとなります。

1600社以上の企業にマネジメントトレーニングを行ってきた識学は、人間関係でなく環境を変えることに着目しています。

そのため、組織内で唯一「環境を決めることができる」経営者の皆様が、あらかじめ準備をしておけば、問題社員の発生を防ぐことができるとともに、問題社員が発生した場合でも少ない負担で対処できることとなり、その結果、組織の成長速度も加速、ビジネスの成功に繋がります。

第一部は、識学福岡支店長の松原から評価制度の構築を中心として「基本となる考え方と具体的な実施策」をお伝えいたします。

第二部は識学受講者であり、問題社員対応の経験が豊富な「佐賀寛厚弁護士」にご登壇頂き、2020年6月施行のパワハラ防止法に関する対応も踏まえて、問題社員の対処方法について、具体的事例を取り上げてご説明いただきます。

※一部内容の変更可能性あり

対象者様
Audience

パワハラ問題に悩む方
パワハラが社内に存在する方
正しいマネジメント知りたい方

登壇講師
Instructor

檜山・佐賀法律事務所
佐賀 寛厚
京都府出身。檜山・佐賀法律事務所代表。
2008年の弁護士登録後、経営者の「参謀」をモットーとして、経営者側の人事・労務分野を中心に業務を行っている。
法的なアドバイスだけでなく、実際の経営に直結するマネジメント方法を習得すべく、2018年から2019年にかけて識学マスタートレーニングを受講する。
「紛争を生じさせない」「紛争になっても負けない」社内制度の作成・運用や、問題社員の対処方法について定評があり、北海道から沖縄まで多くの経営者の方から支持を頂いている。
株式会社識学 営業1部 福岡支店 支店長
松原 博久
長崎県出身、1985年生まれ。前職でマネジメントに悩む中、マネジメント理論「識学」を知り、その内容に強く共感する。同じように悩む経営者・管理職の方に「識学」を広めていきたいという想いから、創業2年目であった株式会社識学に入社した。その後、福岡支店の開設時から支店長を務める。部下のマネジメントを行う一方で、自らも経営者・管理職の方に対し、識学マスタートレーニングを実施しており、過去に行ったトレーニング数は100を超えている。識学社内で「初代最優秀グループ賞」を受賞するなど、識学講師として数多くの実績を上げ、多種多様な業界のクライアントからご好評を頂いている。

開催概要
Outline

開催日時 2020年8月21日(金)16:00~18:00
場所

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1丁目16-14 リファレンス駅東ビル4F

基本定員  10名
料金

 無料

問い合わせ先  識学開発部マーケティング推進室 TEL:03-6821-7488
セミナー対象者  制限なし

お申し込みフォーム
Entry

マンガ
Download

ムービー
Download

導入レポート
Download

無料トライアル
Demo