セミナー情報

言うことを聞かない問題社員が増えてきた
コロナ禍で事業の売上が伸び悩んでいる
今後の事業展開が読めない

このような社内社外の変化に直面し、お悩みの経営者様も多いのではないでしょうか。

一方で変化の連続に直面しながらも、順調に事業拡大をしている経営者様もいらっしゃいます。

明暗を分けているのはどういった要素なのでしょうか?
それは「変化に強い組織であるか」と言うことです。

上司はわがままな社員や、中々成長しない部下に寄り添うべきではなく、全社員に同じマネジメント行うべきです。

また経営者様は確固たるルール、評価制度、M&Aなどの事業戦略基盤を構築した上で、目まぐるしい変化の中で経営の舵を切って行く必要があります。

本セミナーは、そのような組織を構築されているRFCパートナーズ株式会社の中野代表をお招きして解説いただく特別セミナーです。

抱えていた課題や実際の数字など具体的にお話しいただきますので、変化に強い組織」を作り上げるためのポイントを学んでいただけます。

また、RFCパートナーズ株式会社様を担当しているマネジメントコンサルタントの吉原と、M&Aコンサルタント石黒も登壇いたしますので、マネジメントの原理原則M&A戦略も解説いたします。

アフターコロナの事業展開についてお悩みのお客様は是非ご参加くださいませ。

こんな方におすすめ

・社員に寄り添うマネジメントに疲弊されている経営者様
・社員が成長する仕組みを構築されたい経営者様
・今後のM&Aを含む事業戦略についてお悩みの経営者様

登壇者

RFCパートナーズ株式会社 代表取締役
中野 慶太
大学卒業後、一部上場会社の商社に勤務。
人材教育会社を経て、建築不動産特化型のヘッドハンティング会社に入社。
責任者クラス〜経営幹部層までのヘッドハンティングに従事。
その後、IPOを目指す医療系特化の人材紹介会社に勤務。
2016年10月にRFCパートナーズ株式会社を設立。

建築業界中心に広範な人脈、多くの経営層とのパイプを持ち、
「紹介したからには最後まで当事者意識で責任を持つ」をモットーに日々邁進。

株式会社識学 事業戦略本部 本部長
吉原 将之
University of Central Missouri(セントラルミズーリ州立大学大学院)で英語教授法修士を取得後、アメリカでキャリアをスタート。28歳のときに日本に帰国すると、教育系の上場企業でインバウンド・アウトバンド留学事業/日本語学校事業部長や、英国政府外郭団体のBritish Council のPRマーケティング&セールス部長、英国国立ウェールズ大学経営大学院MBAプログラムでマネージングディレクターなどを歴任。3人の子を持つ父親としての一面も。

株式会社識学 事業開発部 M&A課1係 係長
石黒 覚大
関西大学社会学部を卒業後、株式会社京都銀行に入行し、営業の渉外キャプテンを担当。
おもに個人・法人営業に特化し、多くの経営者の課題解決を支援。
組織内での上司・部下の「誤解」や「錯覚」に悩み、また多くの中小企業の経営者が抱える後継者問題、M&Aの弊害に疑問を持つなかで識学と出会う。
識学を世に広めることが個人、組織の成長につながると確信して入社。

開催概要

・開催日時
2022年11月22日(火)16:00~17:30

・受講形式
本講座はパソコンやタブレットを通じての「WEB受講」となります

受講用URL:https://zoom.us/j/93132140869
※受講用URLには対応するパスワードが必要です。 パスワードは申込フォームにご入力頂いた後、メールにてお送り致します

・基本定員
100名

・料金
無料

・問い合わせ先
識学開発部マーケティング推進室 TEL:03-6821-7488

・セミナー対象者
代表・役員の方を想定した内容ですが、制限は設けておりません。

申し込みフォーム

※お申し込み完了メールに、ご受講方法のご案内がございます。お申し込み後10分以内にメールが届かない場合、お手数ですが「お問い合わせ」などからご一報くださいませ。