セミナー情報

皆さん、「中小M&Aガイドライン」についてご存じでしょうか?
2019年に経産省中小企業庁より「本ガイドライン」が策定されました。

本ガイドライン内では、2019年のM&A成約件数は約4,100件とされています。
そこから10年後の2029年までに、M&Aの成約件数を15倍の60,000件にする目標を掲げています。

注目すべきなのは、これから2029年までの累計で60,000件を目指しているのではなく、1年間で60,000件のM&A成約件数を目標に掲げたということです。

皆さんの周りでも「あそこの会社がM&Aをした」や「会社を譲渡(譲る)した」等の話や情報が、徐々に増えているのではないでしょうか。
近い将来、今以上にM&Aが身近なものになり、当たり前の時代がやってくる事を私は現場で感じています。

今回のM&Aセミナーのテーマは「M&A戦略」と「税理士の目線でみる成功するためのM&Aの考え方」をお伝えします。

是非これからM&Aを考えていきたい経営者様(買い手企業様、売り手企業様)にとって、ヒントとなる情報をお伝えさせていただきます。

M&Aの業務を多く手掛ける税理士が実務の事例を交えてわかりやすく解説しますので、是非ご参加くださいませ。

●セミナー内容
1.M&A戦略の重要なポイントと成功事例と失敗事例
2.経営者と税理士で考えるM&Aで抑えておくポイント
3.M&Aを検討している経営者の疑問と解決策
4.節税対策とポイント


●本セミナーから得られるもの
・M&Aで手にする所得を最も多くする税金対策
・M&Aをするにあたって最低限抑えておきたい税務知識
・M&Aの際の財務の考え方

こんな方におすすめ

・M&Aを考えているものの、何から手を付けて良いかわからない方
・M&Aは興味はあるが、税金の対策についても知っておきたい方
・今後の自社の事業承継に不安を感じている方

登壇者

税理士法人山根総合会計事務所 代表税理士
山根 陽介
税務顧問に加え、節税、医療コンサルティング、相続・事業承継、
M&Aなど専門性の高い業務をワンストップで提供する
広島県内最大級の会計事務所の代表を務める。
1980年 広島県広島市で生まれる
2003年 早稲田大学政治経済学部卒業
卒業後、辻・本郷税理士法人 入所
その後 税理士法人髙野総合会計事務所 入所
2013年 生まれ育った広島で独立開業
「山根総合会計事務所」創設
2022年 10年でスタッフ50名・顧問先600社の事務所へ

株式会社識学 事業開発部 M&A課1係 係長
石黒 覚大
関西大学社会学部を卒業後、株式会社京都銀行に入行し、営業の渉外キャプテンを担当。
おもに個人・法人営業に特化し、多くの経営者の課題解決を支援。
組織内での上司・部下の「誤解」や「錯覚」に悩み、また多くの中小企業の経営者が抱える後継者問題、M&Aの弊害に疑問を持つなかで識学と出会う。
識学を世に広めることが個人、組織の成長につながると確信して入社。

開催概要

・開催日時
2022年10月25日(火)16:00~17:30

・受講形式
本講座はパソコンやタブレットを通じての「WEB受講」となります

受講用URL:https://zoom.us/j/95406646618
※受講用URLには対応するパスワードが必要です。 パスワードは申込フォームにご入力頂いた後、メールにてお送り致します

・基本定員
40名

・料金
無料

・問い合わせ先
識学開発部マーケティング推進室 TEL:03-6821-7488

・セミナー対象者
代表・役員の方

申し込みフォーム

※お申し込み完了メールに、ご受講方法のご案内がございます。お申し込み後10分以内にメールが届かない場合、お手数ですが「お問い合わせ」などからご一報くださいませ。