社員インタビュー

プロフィール

事業推進部
エージェント事業課
細井 信吾(Shingo Hosoi)
アメリカの大学を卒業後、大手外資系メーカーの営業、ベンチャー企業で人材紹介のキャリアアドバイザー、大手外資系保険会社のライフプランナーなどに従事。様々な職業の方とお仕事をしてきた事もあり、識学ではキャリアアドバイザーとして今後のキャリアを念頭に置いた上で仕事探しの支援に従事

自分の力を思う存分に発揮できると感じた

前職は医療系の人材会社でした。評価制度が曖昧だったことと上層部が感情で物事を動かすタイプでしたので、将来が不安になりました。会社を動かす役割ではない為、評価制度などを変える事は自分だけでは難しいと考えていたところ、媒体からのスカウトを受けて識学に出会いました。話をよく聞いてみると、前職の環境と真逆の考えで、社内のルールが整っていたり、評価制度が明確だったりという事を知り、ここだったら自分の力を思う存分に発揮できそうだと思い、転職しました。

実際に仕事におけるスピード感が上がった気がします。識学に入り、明確な目標、結果に向かって行動変化をする機会を増やし、具体的に行動できるようになりました。また、スピード感は以前より上がった気がします。マイルールとして、連絡が来たら返信は気づいたら1分以内に返します。

 

1人でも多くの方を識学的組織で活躍できるようにしたい。

識学キャリア事業は識学導入企業特化型の採用コンサルと人材紹介の2つの軸で成り立っています。識学導入企業様と求職者様つなげる役割をリクルーティングアドバイザー(RA)が、求職者に対してのアドバイスをキャリアアドバイザー(CA)が行っています。その中で私は求職者側のCAを担当しています。CAの目標は主に企業への紹介数、1次面接設定数、2次最終、内定応諾数です。自分で課題を見つけ、改善していく環境。常にPDCAを回していく。そして、毎日振り返り未達成な部分を振りかえります。
特に意識しているところは、求職者の方へ識学とはどういう会社かわかりやすく伝えることです。そこでは私たちが紹介できるメリット、デメリットは何かが重要になってきます。書類選考の時には必ず識学サーベイを受けてもらっていますので、それをふまえアドバイスもしています。

【将来のビジョン】
①マネジメントを身につけ、組織の運営に携わる事
②会社がなくなっても生きていける知識、経験を備え付けたい
③1人でも多くの求職者さんを意向に沿った識学導入企業へ就職させていきたい。

自走できる環境がここにはあります。

「自分の正しいと思った事をまずは実施できる」そして「目標に対して遠回りな仕事はしない」です。時間の無駄となる、上司の顔色/機嫌をうかがう必要もない。無駄な飲み会ない(3カ月に1度の全社の懇親会はあります)。

このような仕事においてのロスタイム(無駄)を識学では省いています。ロスタイムがないからこそ、社員一人一人の仕事スピードが早くなり、識学は生産性の高い組織となっています。

自分で考え悩みながらも目標に向かって行動していける方が大歓迎です。採用に携わった経験があれば、良い環境だとすぐ感じていただけます。

上司の顔色伺ったりしていませんか?

上司に仕事を押し付けられていませんか?

目標は明確ですか?

いつでもキャリア事業部へご相談ください。