コンテンツ活用術

識学クラウドや各種コンテンツに関する
活用術などをご紹介しています。

catch-img

【イベント紹介】「識学の基礎的な理解を深めよう!~識学浸透を成功に導くワークショップ型勉強会~」

この記事では、イベント「識学浸透を成功に導くワークショップ型勉強会」についてご紹介します。
「識学浸透を成功に導くワークショップ型勉強会」は、識学クラウド>識学会員グループ>イベント申し込みにて開催情報を確認できます。
※以下、「識学浸透を成功に導くワークショップ型勉強会」は「ワークショップ型勉強会」と記載します

【識学会員グループへのアクセスはこちらから!】
識学クラウド>識学会員グループへアクセスする
※識学クラウドにログインし、組織選択画面にて「識学会員」を選択してください。

ワークショップ型勉強会とは

ワークショップ型勉強会は、識学の基礎的な理解を深めて、組織の識学浸透を加速させることを目的とした定期開催のオンラインイベントです。毎月1回、Zoomミーティングの形式で開催しています。

ワークショップ型勉強会では、“識学が組織に浸透した状態”の定義を明確にした上で、識学浸透に際する重要な3大テーマ(下記参照)について深掘りしていきます。登壇講師による講義・ワークシートを使ってのワーク・ケーススタディを用いて勉強会を進行します。

<識学の目指す状態 3大テーマ>
・ルールをベースとした組織運営ができている状態
・位置が正しい状態で組織運営ができている状態
・成長のサイクルが習慣化できている状態

講義は株式会社識学の上席講師(※1)が担当しています。勉強会中は参加者様のワークシートの回答内容に対して登壇講師がフィードバックをしたり、日ごろから抱えているマネジメント課題などを質問・相談いただけたりなど、登壇講師と参加者様相互でやりとりをいただけるお時間も多数用意しています。
参加対象者は代表・役員以外にとどまらず、識学理論を学習した中間管理職の方もご参加いただけます。(※2)

※1 株式会社識学 営業部の部長層(上席講師)が毎月ローテーションして登壇いたします。
※2 別途、登録が必要になります。詳しくは、担当講師にご連絡ください。

識学の目指す状態 3大テーマの詳細

テーマA「ルールをベースとした組織運営が出来る編」

テーマA「ルールをベースとした組織運営が出来る編」では、識学トレーニング「位置」の単元で学習する「姿勢のルール」を扱います。ワークシートで用意している4つのワークに取り組むことで、姿勢のルールに関する自組織の現状と不足を把握し、不足を埋めていくための行動変化を確立していきます。
具体的なケーススタディから、姿勢のルールを運用させた際に起こりえる事象についても学べるため、自組織に姿勢のルールを落とし込むまでをイメージしていただけます。

「最近、姿勢のルールを作成し始めた」というような直近でトレーニングを受講した方はもちろんのこと、「姿勢のルールを作成したはいいが、うまく運用できていない」「もう一度、姿勢のルールから復習したい」という方にもおすすめの勉強会です。
※テーマAでは「姿勢のルール」について扱います。トレーニングにて当内容の受講が終了している方の参加を推奨しています。

テーマB「位置が正しい状態で組織運営が出来る編」

テーマB「位置が正しい状態で組織運営が出来る編」では、識学のトレーニング「位置」の単元で学習する「組織図」「役割定義表」の基本的な内容を扱います。ワークシートで用意している5つのワークに取り組むことで、「組織図」と「役割定義表」への理解ができてるか、それらが正しく作成・運用できているかをチェックしていきます。

また、ワークの中にある「浸透チェックシート」を使い、「組織図」と「役割定義表」の観点から、識学が自組織にどれくらい浸透しているのかを把握することが可能です。


「組織図・役割定義表の作り方がいまいち理解できていない」というような直近でトレーニングを受講した方はもちろんのこと、「組織図・役割定義表について復習したい」という方にもおすすめの勉強会です。
※テーマBでは「組織図」「役割定義表」について扱います。トレーニングにて当内容の受講が終了している方の参加を推奨しています。

テーマC「成長のサイクルが習慣化出来る編」

テーマC「成長のサイクルが習慣化出来る編」では、識学トレーニング「結果」の単元で学習する「週次会議」「週報」の基本的な内容を扱います。
ワークシートの5つのワークに取り組むことで、「週次会議」や「週報」の観点から識学が自組織にどれくらい浸透しているのかを把握していきます。

また、過去に受講者様からいただいた質問を元に作成したケーススタディに取り組んでいただくことで、週次会議や週報の運用イメージをより具体的に持つことが可能です。

「週次会議や週報の運用方法について、他社の事例も聞いてみたい」というような直近でトレーニングを受講した方はもちろんのこと、「週次会議がうまく回せていない」「週次会議・週報での結果の管理について復習したい」という方もご参加いただけます。
※テーマCでは「週次会議」「週報」について扱います。トレーニングにて当内容の受講が終了している方の参加を推奨しています。

お申し込み方法

イベントへのお申し込みは、
識学クラウド>「識学会員」グループ>イベント申し込み
から可能です。

ご希望のイベントを選択後、お申込みフォームを入力・送信で受付完了です。
受付が完了すると、入力いただいたメールアドレス宛に受付完了のメールが届きます。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。



記事ランキング


タグ検索