コンテンツ活用術

識学クラウドや識学会員のコンテンツに関する
活用術などをご紹介しています。

catch-img

識学クラウドのセキュリティを強化する

識学クラウドでは、セキュリティを強化するための機能があります。

ソシキサーベイや評価機能を使用していると個人情報を多く扱うことになるので、注意が必要です。

今回は、識学クラウドですぐに設定可能なセキュリティ強化の機能である「2段階認証」やパスワード・権限の設定方法を紹介します。

2段階認証設定

識学クラウドにログインする際、通常使っているパスワードの他に、識学クラウドに登録済みメールアドレスに送られるワンタイムパスワードを使って、2段階でログインすることができます。

セキュリティレベルの高い情報とみなすデータを扱う際には、設定をおすすめします。

設定方法は下記になります。

(注)ユーザー登録の際にダミーアドレスを使用している場合、そのユーザーは二段階認証の機能を使用できません。

【2段階認証 設定方法】

1. ホーム>設定>組織設定をクリック

2.「2段階認証設定」をクリックして青い状態にし、「保存」をクリック

パスワードの設定

パスワードは、システム管理者とユーザー自身が変更できるようになっています。

システム管理者が仮で作成したパスワードをログイン画面からユーザー自身で再設定が可能です

【ユーザー本人がパスワードを変更する方法】

① ログイン後に変更する場合

  1. ログイン画面右上の自分の名前をクリック
  2. 「ユーザー設定」をクリックすると、パスワード変更画面が現れます。


② ログイン前に変更する場合

1. ログイン画面にて、「パスワードの新規設定・忘れてしまった方はこちらへ」をクリック

2. パスワード再設定のためのURLが記載されたメールの送付先アドレスを入力し、送信


3. 届いたメールにて「パスワードの登録」をクリック


4. パスワード再設定し、登録完了



「採用候補者」用の設定

採用候補者にソシキサーベイや理論学習を利用してもらう場合、貴社の識学クラウド設定としては最低限利用するメニューのみの権限を付与して案内します。

採用候補者のアカウントを発行する際は、必ず権限設定を「採用候補者」にして設定します。

「一般ユーザー」として登録してしまうと貴社の組織図が公開されてしまいますので、ご注意ください。


今回は識学クラウドでのセキュリティ強化方法について、説明してきました。

識学クラウド内の情報を守るためにも、せひ活用ください。