コンテンツ活用術

識学クラウドや識学会員のコンテンツに関する
活用術などをご紹介しています。

catch-img

【会員イベント】「識学会員交流会」とは?

今回は、毎月定期開催している識学会員交流会について、参加のメリットや参加時のポイントなどを紹介していきます。


識学会員交流会とは?

識学会員交流会は、毎月1回定期開催している識学会員イベントです。(開催時間は毎回18時~19時30分)識学会員のコンテンツに関する説明やほかの識学導入企業様との交流ができる会になっています。

Zoomミーティングを使ったオンラインでの開催のため、どの地域にお住いの方でも参加ができます。

交流会を進行するのは識学の講師資格を持つ識学社カスタマーサクセス課の担当者(CSM)です。
進行役担当者は識学のクラウドサービスや識学会員を専門として扱っているため、トレーニングの指導をしている担当講師からは聞くことのできないお話を聞くことができます。


識学会員交流会の流れ

識学会員交流会の流れについて説明していきます。

  1. 参加者様自己紹介・交流① (約40分):参加者様をグループに分けて、自己紹介とトークテーマに沿ったお話をしてもらい交流

  2. 進行役の講師による識学ミニ講座(5~10分)
  3. 交流会② (約40分):交流会①とは違うグループで交流


参加のメリット

ほかの識学導入企業様との交流ができる!

識学会員交流会はすべての識学会員様を参加対象としているため、さまざまな導入歴の企業様との交流ができるということがポイントとなります。
導入1か月目の会員様が導入して月日が経っている会員様からの事例を聞くことができたり、先輩企業の会員様は自らの経験をアウトプットできる場になったりと、双方にメリットがあります。
この交流が新たなビジネスチャンスの場になることもあるかもしれません。

参加者様の交流はZoomの「ブレイクアウトルーム」という機能を使用し、各グループ4~5名の少人数で行います。少人数での交流かつほとんどのお時間を交流会の時間としてとっているため、会員様同士が十分に交流でき、識学仲間を増やせるいい機会となります。

識学ミニ講座で識学の活用術が聞ける!

交流会の中盤では、進行役の講師が用意したテーマに沿って10分程度のミニ講義を行っています。進行役の講師は、識学の講師免許を持っているかつ、識学クラウドや識学会員への知識、また他社事例などの情報を豊富に持っています。質疑応答もできますので、講義で気になったことや識学導入にあたっての不安や疑問の相談も可能です。

(テーマ例)
「ソシキサーベイを活用した採用講座」
識学会員の付帯サービスである「ソシキサーベイ」を活かした面接時のポイントについて解説しています。



参加する際のポイント

交流会に参加する前に、今から紹介する2点のポイントを実践してみてください。

Point1 参加前に識学クラウドを触ってみましょう

識学会員交流会の中では、識学クラウドでできることや会員コンテンツの活用方法について解説をする場合があります。そのため、実際に一度触れたことがある状態だと、具体的なイメージを持って聞くことができます。また、担当のCSMにクラウド操作に関する質問をしていただいても構いません。

Point2 進行役の担当者や他社企業の方に聞きたいことを準備しましょう

特に識学導入時期の近い他社企業の方との交流は貴重な機会となります。
自己紹介や交流のお時間を長く取っているので、この際に気になっている疑問・質問を解消してみてください。


参加申込方法

識学クラウド「識学会員」グループの「イベント参加申し込み」よりお申込みができます。

こちらのリンクからもイベント参加の申し込みフォームにアクセス可能です


参加したいイベント名をクリックし、申込フォームに入力すれば申込受付完了です。
※申込受付完了後、受付完了メールが届きます。

今後も継続して識学会員交流会を開催予定です。
この機会を活用して、識学導入のスタートダッシュの加速をしてみてはいかがでしょうか。