コンテンツ活用術

識学クラウドや識学会員のコンテンツに関する
活用術などをご紹介しています。

catch-img

【解説】識学 基本サービス導入時に行う3つのこと

識学(識学 基本サービス)を導入すると、さまざまなコンテンツを活用していくことになります。
それらのコンテンツは組織への識学浸透の手助けになるため、最大限に活用してください。
サービスを最大限に活用するために「識学導入初期に必ずやってほしいこと」を今回は紹介していきます。


① 識学クラウド 初期設定サポート

識学 基本サービスを導入すると、必ず識学クラウドサービスが付帯されます。
識学浸透においては、識学クラウドをいかに利用していくかがカギとなってきます。

そこで、まず最初に識学クラウドの初期セットアップについて、企業専属のCSM(カスタマーサクセスマネージャー)が説明します。ユーザー登録や識学クラウド上での組織図の作り方などに関して、企業のシステム担当者様と一緒にセットアップを完了させていきます。一度しっかりとセットアップしておけば、その後はスムーズに識学クラウドを利用できるようになります。

識学クラウドの操作については、代表様ではなく社内に識学クラウドのシステム管理者を立てて、その方に操作してもらうことをおすすめしています。

※CSM(カスタマーサクセスマネージャー)とは…
識学会員・識学基本サービスご契約の企業様に1名ずつ専任している識学プラットフォームサービスの担当者です。プラットフォームサービスに関することならCSMにお任せください。
以降、カスタマーサクセスマネージャーを「CSM」と表記します。


CSMの詳細が気になる方はこちらをクリック!↓↓
【解説】CSM(カスタマーサクセスマネージャー)とは…?


② ソシキサーベイの実施・フィードバック

識学導入から約3か月までを目安に、全社でソシキサーベイを実施していきます。


識学導入後すぐにソシキサーベイを実施することによって、識学トレーニングや講師面談を進めていく中でより具体的なアドバイスをすることができるようになります。

また、ソシキサーベイ実施後は、担当CSMが結果のフィードバックをします。
フィードバックでは、全社や各部署のマネジメント傾向・離職しやすい傾向のある方など、ソシキサーベイの指標である8つの評価軸をもとに現在の組織状態を解説をしていきます。

ソシキサーベイの詳細については、識学会員コンテンツ「10分で識学(ポイントチェック)」にて全2回に渡って解説をしています。あわせて確認してみてください。

【動画】識学会員コンテンツ「10分で識学(ポイントチェック)」(サーベイ 概要編)

【動画】識学会員コンテンツ「10分で識学(ポイントチェック)」(サーベイ スコア分析編)

③ 「識学会員交流会」への参加

「識学会員交流会」は、毎月1回開催している識学会員の定期イベントです。
識学会員のコンテンツに関する説明やほかの識学導入企業様との交流ができる会になっています。

すべての識学会員様が参加できるイベントです。

識学導入初期には、さまざまな疑問・質問が出てくると思います。このオリエンテーションでは、導入時期の近い他企業様と交流をしたり、進行役の識学社員の話を聞いたりする中で、持っていた悩みを解決できる場を提供しています。

Zoomミーティングを使ったオンラインでの開催のため、どの地域にお住いの方でも参加できます。

識学会員交流会についての詳細を知るにはこちらをチェック!↓↓
【会員イベント】識学会員交流会とは?

識学導入初期は、まず以上の3つを行うことで識学浸透の加速を目指していきます。


【動画】識学会員コンテンツについては動画でも解説しています↓↓
HOW TO START 識学会員 -識学会員ご利用案内-