コンテンツ活用術

識学クラウドや各種コンテンツに関する
活用術などをご紹介しています。

catch-img

【イベントレポート】識学基本サービス限定セミナー「サイバーエージェントの組織マネジメントと識学」part2

2022年7月15日、識学基本サービス限定セミナー「サイバーエージェントの組織マネジメントと識学」が開催されました。今回は、株式会社サイバーエージェント 常務執行役員CHO 曽山哲人様をゲストにお迎えし、株式会社識学 代表 安藤と対談形式のセミナーを行いました。
この記事では、参加者様からの質疑応答を中心にゲストスピーカー様の事例やノウハウをご紹介します。

当イベント参加者様からのご質問

現場の事実と経営陣の判断が衝突しそうなときはどうされていますか?

株式会社サイバーエージェント 曽山様:

“しらけのイメトレ”をすることです。
「この経営判断をしたらどの社員がしらけるだろう」ということを徹底的に洗い出します。
そこで出た“しらけのイメージ”を元に、特に社員からの反発が強そうなものに関しては、先手を打って問題を対処しています。

<サイバーエージェントの実際の事例>

2011年頃サイバーエージェントはPC向けのサービスから、スマートフォンのサービスを開発を進める経営判断をしました。
当時の目標はスマートフォンのアプリを2年間で100個作成するといった目標でした。
しかし、その当時のスマホアプリの開発担当は0人です。

新規事業の拡大のため、創業事業(広告事業)600人から200人の強制異動を行ったのです。
この強制異動させられた200人の従業員は「ネット業界で広告分野においてチャレンジしたい」と言っていたものの、強制的に異動が決定していたため多くの社員は戸惑っていました。

そこで、従業員の理解を得るために次のようなことをしました。



結果的に、広告事業の業績自体も伸び続け、スマホアプリ開発のノウハウを持った経験者が200人も増えたことで、現在のサービス「ABEMA」の事業に活かすことができました。
また、従業員からの理解を得ていたことで、この異動がきっかけで退職した人はいませんでした。



株式会社サイバーエージェント 曽山様:

しらけのイメージを意識し始めたのは会社全体のグループで500名を超えてからです。
それまでは、社長の経営判断のみですべての指揮をとっていました。

その当時は会社のサービスが市場とマッチしていたため、会社の業績は伸び続けていましたが、社内の炎上は多く、退職が多かったです。

また、新規事業をたくさん展開し、失敗を繰り返していたため、社員が経営陣に対する不信感も段々と積もっていました。
この社内炎上の原因は「経営の一貫性がなかったから」かもしれません。
​​​​​​​

株式会社識学代表 安藤:

私自身も“経営の一貫性”というのは非常に重要視しています。
一貫してやっていくことによって、会社としての経験も積みあがっていきます。
そのため、意思決定を行う上で一番重要視しています。



部下の成長速度を高めるために意識して取り組まれていることは何ですか?

株式会社サイバーエージェント 曽山様:

部下を成長させるためには「期待をかけて、何かを任せる」ようにしています。
この“意図的に”期待をかける行為が部下を成長させるうえで重要になってきます。

サイバーエージェントでは「素直でいい人」を積極的に採用し、意図的に期待を向けることで、部下が自発的に期待に応えるような環境づくりを行っています。

株式会社識学代表 安藤:

部下の口から「やります」と発言させることで、部下の言い訳を排除することができます。

「部下の言い訳を排除する」という意味では、「競争環境などの“やらざるを得ない環境”を作る」というのも効果的です。

どのようなアプローチにしても、最終的には部下の言い訳を排除できているような環境になっていなければ、部下は成長することができません。

「素直でいい人」はどのように判断されるのか

株式会社サイバーエージェント 曽山様:

面接官からみて、一緒に働きたい人かそうでない人か、で判断するようにと伝えています。
そして、最終面談で採用するかどうかの判断を私自身が行います。

最終面談は「2人部署になって、10年間移動ができなかったとしても、一緒に仕事ができるかどうか」をイメージし、採用候補者の合否を決めます。

サイバーエージェントは「素直でいい人」を採用するために、一緒に働きたいか働きたくないかの感覚を重要視しています。



いかがでしたでしょうか?
今回は、本セミナーの質疑応答を抜粋してお届けしました。
識学浸透に取り組んでいる読者の皆様の一助となれば幸いです。

他にも基本サービス限定イベントでは、毎月様々なイベントを開催しています。
識学クラウド「識学会員」グループ>「識学会員イベント」より開催予定のイベントをご確認いただけます。ご興味のあるイベントがありましたら、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。


株式会社サイバーエージェント 会社概要


株式会社サイバーエージェント 企業サイト
事業紹介…メディア事業・インターネット広告事業・ゲーム事業などの事業を展開。
「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、新しい未来のテレビ「ABEMA」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開している。

記事ランキング


タグ検索