コンテンツ活用術

識学クラウドや識学会員のコンテンツに関する
活用術などをご紹介しています。

catch-img

【要点解説「10分で識学」】 姿勢のルール作成時の注意点(チェックリスト付き)

この記事では、識学会員コンテンツ「10分で識学」“姿勢のルール作成時の注意点”の要点を解説します。記事の最後には「姿勢のルール」作成時のチェックリストもありますので、ぜひご活用ください。
「10分で識学」“姿勢のルール作成時の注意点”の元動画は識学クラウド>識学会員グループにてチェックができます! 
【動画】10分で識学「姿勢のルール作成時の注意点」(講師:株式会社識学 副社長 梶山啓介)

姿勢のルール作成時の原理原則

①    姿勢のルールを作成・順守させる目的をリーダーが理解する

はじめに、“姿勢のルールはなぜ必要なのか”をリーダー自身が理解することが重要です。
姿勢のルールを作成し、順守させる1番の目的は組織に対して部下が “合わせる姿勢があるか、ないか”を判断する材料になるからです。

②    姿勢のルールの表現を「完全結果」にする(期限+状態)

姿勢のルールを作成する際には“期限と状態”が明確になっている「完全結果」の状態になっているかを確認しましょう。なぜなら姿勢のルールの表現が曖昧だと、人によって認識がズレてしまい “従業員の会社に合わせる姿勢”を正しく計ることができなくなってしまうからです。

<「完全結果」で設定する姿勢のルール作成例>

×整理整頓 ⇒ 〇帰社時、机の上に何もない状態
×の理由:「整理整頓」の基準が上司とズレてしまう。自分ではキレイにしたつもりでも上司にとってはキレイではない可能性もある。

×日報を金曜日に提出する ⇒ 〇金曜日17時までに提出
×の理由:「何時まで」というところに関して抜け漏れが生じてしまうので、期限とセットでズレのないように設定する。

※服装など、完全結果に表現しに行くものは「上司判断」でもOK

③最初の1か月は100%守れる状態を作ることに注力する

姿勢のルールを運用する上で最も重要なことは「全員が姿勢のルールを守れている」ことです。そのため、設定した姿勢のルールが多すぎる場合は全員が守れない可能性があります。
最初の1か月は2~3個を目安に作成し、全員が姿勢のルールを守ることが100%できている状態にしましょう。

姿勢のルール作成時の「よくある質問」

Q.何度注意してもルールを守らない人はどうするべきですか?

A.姿勢のルール=法律です。違反発見回数=指摘回数とならなければなりません。

姿勢のルールというのは社員が会社に合わせる姿勢を計るためのルールです。
つまり絶対に守らなくてはいけないものであり、国家でいうのであれば法律です。

そのため、ルール違反をしているのであれば、違反の回数分、指摘をしなければなりません。
姿勢のルール違反に対して、指摘を続けても改善しない場合は、違反している従業員の「この会社にいたくない」という意思表示になります。
降格・減給・始末書などの厳重な罰則、それでもダメなら排除対象となります。

また、特定の社員に対して「この人はベテランだから」などの理由で、リーダーが根負けするのが最もダメなことです。リーダーの指摘がなくなれば一気に規律は緩みますので、指摘をし続けることが重要です。

Q.姿勢のルールの順守状況を評価対象に入れるべきですか?

A.姿勢のルールを守ることは会社にいるための前提条件であるため、評価に入れてはいけません

姿勢のルールの順守率を評価に入れてしまうと「評価を下げてもいいからルールを守らなくてもよい」と部下側に「守るか・守らないか」の選択権が発生してしまいます。
また、上司が注意しなくなるなどの弊害が起こります。

ただし、姿勢のルールの順守状況は人事配置等の“印象評価”に加味されます。
同じレベルの能力を持つ部下がいた場合、どちらを役職者として上に上げるというのは姿勢のルールを順守しているかどうかで判断します。
※印象評価…定量的な評価以外における定性的・感覚的な評価のこと

Q.ルールはどうやって増やしたらよいでしょうか?

A必要性が生じたら増やしていきます。

また、1度作成した姿勢のルールも現場からの情報収集を踏まえながら必要に応じて修正する必要があります。

姿勢のルールは作ることだけが重要ではなく「作ったルールの運用」が非常に重要になってきます。姿勢のルールに対して不具合があった場合には社員にヒアリングなどをして修正していきましょう。

ルールの“増やし方”や“減らし方”についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
↓↓コチラをチェック!↓↓
講師ブログ vol.30『ルールが増えすぎて困っていませんか?』

チェックリスト

姿勢のルール作成時にご確認ください。

<ルール作成時>
□設定する姿勢のルールの期限と状態は明確になっていますか?
□姿勢のルールを評価項目には入れていませんか?
□全員が守れるような簡単なルールですか?

<ルール運用時>
□姿勢のルールの順守率は100%ですか?
□形骸化されているルールはありませんか?
□姿勢のルール違反に対しての指摘はされていますか?



記事ランキング


タグ検索