【マンガで分かる識学】

部下の頑張りを褒めても業績は上がらない?!
社長がやってはいけない評価の仕方


ーー 上司が部下の頑張りを褒めることで発生させてしまう、部下の勘違いとは?


リーダーの言動で組織のパフォーマンスは、大きく変わってきます。

今回は、従業員のやる気を引き出し、もっと仕事に精を出してもらおうと、上司が部下の、頑張りや姿勢を評価してしまうことで発生する組織内トラブルについて見ていきます。


ーー このような考えで、部下の頑張りや姿勢を評価してしまっていませんか?


  • 「部下の頑張っている姿を見たら、出来るだけ褒めるようにしています。褒められれば皆頑張りますからね。」
  • 「どれだけ一生懸命、情熱的に仕事をしているか?を評価しています。結果は後から付いてくるからね。」
  • 「結果だけの評価では、その人の頑張りは評価出来ないじゃないですか?外部環境も含めて平等な評価をするためにプロセスも評価しています。」

このような考えで、上司が部下の頑張りや姿勢を評価しながら、社員のやる気を引き出すことが、業績向上に繋がると思っていませんか?しかし、これには気をつけないといけないポイントがあります。

共に、従業員の頑張りや姿勢を評価することが、社員のやる気UPに繋がり、業績向上に繋がると考えていた2人の経営者がいました。

数ヶ月後、一方は中々思うように業績が伸びず頭を悩まし、一方は業績を伸ばしていました。同じ考えでマネジメントをしていたはずの2人の経営者の違いとは、一体何だったのでしょうか?!


▼マンガの続きはコチラから▼


下記のフォームに必要事項をご入力いただくと、マンガ全編をダウンロード出来るURLをメールアドレスにご送付させていただきます。

-ABOUT US-
 株式会社識学について

株式会社識学では、組織のリーダーが本来やるべき、組織の成長(未来)へのコミットに専念できるよう、「識学」という、人の意識構造に基づいたマネジメント理論を使い、組織のリーダーが抱える組織マネジメント課題を解消するためのお手伝いをさせていただいております。
2015年3月の創業以から現在に至るまで、800社を超える企業・団体の経営者・経営幹部などのリーダーの方々へ、組織マネジメントに関するコンサルティングサービスを提供しております。

▼識学(しきがく)とは?
識学とは、人の意識構造に着目した理論をベースにした、組織マネジメント理論です。

▼主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング 
・「識学」を使った従業員向け研修 
・「識学」をベースとしたwebサービスの開発、提供
・「識学」関連書籍の出版

識学トレーニング受講企業様のインタビュー記事

識学の理論を身につけ、経営やマネジメントにご活用いただいている経営者様に、識学を学ぼうと思ったきっかけや、その前後での組織の変化、得られた価値について伺いました。


会社概要


社名 株式会社識学
本社 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-9-2 KDX五反田ビル4階
Tell:03-6821-7560
支店

■大阪

大阪府大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル8F
Tell:06-6227-8335


■福岡

福岡県福岡市中央区大名2-12-15 赤坂セブンビル8階
Tell:03-6821-7560(本社共通)

設立 2015年3月

 




ー セミナー情報 ー