【マンガでわかる識学】

社長、こんなことしていませんか?
直属上司を飛び越えたコミュニケーション


ーー 社長自らが組織の階層を飛び越え、現場の意見に耳を傾けることで組織はどうなってしまうか?


  リーダーの言動で組織のパフォーマンスは、大きく変わってきます。

今回は、従業員が働きやすい環境を作るため、社長自らが現場の社員から忌憚のない意見に耳を傾け、それを基に業務改善を行うことで、発生する組織内トラブルについて見ていきます。


ーー このように考えて本来の組織階層を飛び越えたコミュニケーションが発生していませんか?


  • 「現場の声に耳を傾ける事は必要なので、定期的に飲み会を開いて、現場の声を拾うようにしています。」
  • 「現場の声を基に業務改善をしていけば、従業員の不満は解消され働きやすい環境が作れるだろう。」
  • 「直属の上司に言えない悩みもあるだろうから、業務とは切り分けてみんなの話しを聞く場を設けよう。」

このような考えで、社長が直属の上司を飛び越えたコミュニケーションを取りながら、組織運営をしようとすると組織はどうなるでしょうか?

とある会社で社長自らが、このような考え方で、本来の組織の階層を飛び越え、従業員の声に耳を傾け、その声を基に業務改善を行った結果、組織内で本来の上司部下の間でのトラブルを多く見かけるようになってしまいました。
社長の思惑とは逆の結果になってしまったのは、果たして何が原因だったのでしょうか?


▼マンガの続きはコチラから▼


下記のフォームに必要事項をご入力いただくと、マンガ全編をダウンロード出来るURLをメールアドレスにご送付させていただきます。

-ABOUT US-
 株式会社識学について

株式会社識学では、組織のリーダーが本来やるべき、組織の成長(未来)へのコミットに専念できるよう、「識学」という、人の意識構造に基づいたマネジメント理論を使い、組織のリーダーが抱える組織マネジメント課題を解消するためのお手伝いをさせていただいております。
2015年3月の創業以から現在に至るまで、800社を超える企業・団体の経営者・経営幹部などのリーダーの方々へ、組織マネジメントに関するコンサルティングサービスを提供しております。

▼識学(しきがく)とは?
識学とは、人の意識構造に着目した理論をベースにした、組織マネジメント理論です。

▼主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング 
・「識学」を使った従業員向け研修 
・「識学」をベースとしたwebサービスの開発、提供
・「識学」関連書籍の出版

識学トレーニング受講企業様のインタビュー記事

識学の理論を身につけ、経営やマネジメントにご活用いただいている経営者様に、識学を学ぼうと思ったきっかけや、その前後での組織の変化、得られた価値について伺いました。


会社概要


社名 株式会社識学
本社 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-9-2 KDX五反田ビル4階
Tell:03-6821-7560
支店

■大阪

大阪府大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル8F
Tell:06-6227-8335


■福岡

福岡県福岡市中央区大名2-12-15 赤坂セブンビル8階
Tell:03-6821-7560(本社共通)

設立 2015年3月



ー セミナー情報 ー