【マンガでわかる!!】
部下のモチベーションを上げるのは上司の責任
👉錯覚

ー 上司が部下のモチベーションに付き合ってはいけない理由とは?!

リーダーの言動で組織のパフォーマンスは、大きく変わってきます。

今回は”部下のモチベーション”にスポットライトを当てていきます。
例えば、以下のような考え方で、中間管理職に部下のモチベーションを上げるような取り組みをさせていませんか?


ー このように考えて部下のモチベーションをマネージャーに管理させよとうしていませんか?

  • 「やっぱり、上司になる人間に求めるのは、如何に部下のモチベーションを上げる事が出来るかですね。」
  • 「モチベーション高く仕事に臨めば、みんな頑張って良い成果を出せる。だから部下のモチベーションを上げるのは上司の責任です。」

このような考えで部下のモチベーションを上司に管理させるような組織運営をしていると、成長停滞の原因になります。

実際、どんな事が起こるでしょうか?ある会社で、社長が社員のモチベーション向上を図るため、マネージャー達に号令を掛けました。
その号令を受けたマネージャー達はマネジメントに日々奮闘するも結果は・・・果たして、結果が伴わない原因はどこにあるのでしょうか?

▼マンガの続きはコチラから▼

下記のフォームに必要事項をご入力いただくと、マンガ全編をダウンロード出来るURLをメールアドレスにご送付させていただきます。

500文字以内で入力してください

-ABOUT US-
 株式会社識学について

経営者やマネジメント層へ「意識構造学」という学問をベースにしたトレーニングを展開し、意識改革・組織改革を行っています。
クライアントは上場企業、有名ベンチャー企業、スポーツチーム等、設立2年10ヶ月で420社以上の企業が導入しています。

▼識学(しきがく)とは?
識学(意識構造学)とは約20年前に日本で発祥した、人間の意識構造に着目した学問です。 

▼主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング 
・「識学」を使った従業員向け研修 
・「識学」関連書籍の出版

識学トレーニング受講企業様のインタビュー記事

識学の理論を身につけ、経営やマネジメントにご活用いただいている経営者様に、識学を学ぼうと思ったきっかけや、その前後での組織の変化、得られた価値について伺いました。

ー 会社概要 ー


社名 株式会社識学(SHIKIGAKU CO., LTD)
本社 〒141-0031
東京都品川区西五反田7-9-2 KDX五反田ビル4階
Tell:03-6821-7560
支店

■大阪
大阪府大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル8F
Tell:06-6227-8335

■福岡
福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9F 940号室
Tell:03-6821-7560(本社共通)

設立 2015年3月

 


ー セミナー情報 ー

この内容で送信します。よろしいですか?