- Special Page -

識学導入企業の社員の皆様へ


ーー 識学受講後、社長が冷たくなった様に感じる?


みなさん、こんにちは。
株式会社識学 代表取締役社長の安藤 広大です。

社長が識学を受講された企業の社員の方から、時折「識学を受講して社長が冷たくなった、厳しくなった」というようなお話しを伺うことがあります。

例えば、よくあるお話しとして、以前は…

  • 社長と距離が近く、何でもすぐに相談できていた
  • 頑張りや努力といった仕事に対する姿勢も評価してくれていた
  • 自ら率先して現場で指示を出してみんなを引っ張っていってくれた などなど

というように、「頼れる、社員思いで、社員から好かれる社長」が、識学を受講した後は…

  • 社長との距離感を感じ、以前までのように何でも相談出来る雰囲気がなくなった
  • 結果だけが評価され、それまでの頑張りやプロセスを評価してくれなくなった
  • 現場はマネージャーに任せて、自分は現場から距離を置くようになった

というように、それまでの「頼れる、社員思いで、社員から好かれる社長」が「厳しく、冷たい社長」に変わってしまったと、お感じになる方もいらっしゃるようです。


ーー 識学を受講すると、社長はなぜ変わってしまうのか?


「識学を受講すると社長が変わってしまう。」これは、事実として起こります。そして、社員の方が、「社長は変わってしまった」と感じる印象は、

  • 社長と社員の距離が近ければ近いほど
  • 頑張りや努力といった部分の評価を重視していればいるほど
  • 自ら率先して引っ張っていくタイプのリーダーであればあるほど

大きくなります。
そしてこの変化は、社員の方にとっては、マイナスのイメージの変化です。以前は、社員に頼られ、好かれてるといった一見、とても理想的なリーダー像を崩してまで、社長が、変わった理由とは…?

それは、識学を受講されたことで、社長が本来やらなければならないこと、社長としての役割を再認識されたということなのです。


ーー 社長が変わらなければならない理由


社長とは、その組織の中のいちばん高いところに位置しています。
いちばん高いところに位置しているということは、誰よりもいちばん遠い距離まで見ることができます。ここでいう距離とは時間のことで、遠い距離とは「未来」のことを意味します。すなわち、社長は誰よりも遠い未来を見る必要があるのです。
このことについては多くの経営者が、認識しているはずです。

しかし、時々の企業を取り巻く情勢や、流行りといった、時流のモメンタムによって、「組織のあり方」や「マネジメント」に対して、多くの「誤解」や「錯覚」が生まれます。

その「誤解」や「錯覚」が、社長が会社のため、社員のために、本当にやらなければならないことを見えにくくしてしまいます。

例えば、

  • 社員一人ひとりの声を尊重し、その声を経営に活かしていけば働きやすい環境が作れるはず
  • 良い結果が出なくても頑張りやプロセスを評価すれば、やる気が上がって、次は良い結果を出すはず
  • 社長が案件をすべて把握し、細部まで指示を出しながら現場一丸となって進めば、会社としての一体感が生まれるはず

これらのどの部分に「誤解」や「錯覚」があるのか?詳細は弊社のコンサルタントに譲るとして、社長は自らの思考の中にある「誤解」や「錯覚」を取り除き、会社と社員を成長させるために、「変わる」という決断をされたのです。


- 本来の社長の役割


社長が責任を持たなければならないのは、「会社の未来」と「社員の未来」という、2つの「未来へのコミット」です。

  1. 会社の未来へのコミットとは、会社を成長させてより多くの利益を得て、結果的に社員にも多くの利益を分配すること。
  2. 社員の未来へのコミットとは、社員を成長させ、どんな環境変化があったとしても、その環境の中で生き抜いていく力を身につけさせること。

です。

社長が変わったのは、今この瞬間、一時的に社員に負担がかかったとしても、それが会社と社員の未来にとって、最善の選択であると判断された結果なのです。

そのような決断をしたからこそ、批判や周囲の評価を恐れず、時に厳しく、時に無機質に、孤独になりながらも、社長本来の役割を果たそうとされているのです。

それは、すべて会社と社員の未来のために。

株式会社識学
代表取締役社長 
安藤 広大


- 識学をもっと知る -



- 識学導入企業の社員様の声


識学を導入した企業様に起こった変化を、経営層と従業員の両側からの視点でインタビューをさせていただきました。
識学後の組織に対して、社員はどう感じていたか?

是非御覧下さい。


- 実践事例 -


株式会社ピアラ 代表取締役 飛鳥 貴雄 氏 X 常務取締役 根来 伸吉 氏

株式会社ピアラ - 「曖昧さ」の削ぎ落としで、組織はもっと強くなる。

株式会社オークファン 代表取締役 武永 修一 氏 | お客様の声

株式会社オークファン - 筋肉質かつ柔軟な組織作りに欠かせない理論。

株式会社ピーアップ 取締役 味元章郎 氏 執行役員 大熊憲二 氏 | お客様の声

株式会社ピーアップ - 「強い組織の作り方」は、識学の理論の中にすべて詰まっている。

特別企画 | セミナーレポート|なぜ「識学」は3年半で700社以上の企業に導入されたのか?

2018年10月に福岡で開催された、識学導入企業2社の代表をお招きした、ユーザー企業から見る「識学」を語っていただいたセミナーのレポートです。

broocH 代表 矢部 壮大 氏|お客様の声

broocH 代表 矢部様 【インタビュー動画】識学浸透パックに期待した効果と、導入後の結果を詳しく伺いました。

株式会社ティーンスピリット 代表取締役社長 宮地 俊充氏 | お客様の声

株式会社ティーンスピリット - テクノロジー×エンタメ+識学=前人未到の世界を創る。


- メディア掲載情報 -