コンサルタント紹介

プロフィール

名古屋支店 2係
金森勇司(Yuji Kanamori)
大学を卒業後、大手証券会社に入社し2年ほど営業に従事。外資系生命保険会社の営業所長を紹介されたのを機に入社し、フルコミッションの営業に10年ほど関わる。その後郵便局長に就任し10年ほど従事。フリーランスのファイナンシャルプランナーとして独立した後、株式会社識学入社。


インタビュー

実務とマネジメント両方に疲労困憊

ーー簡単な自己紹介をお願いします。
大学を卒業後、大手証券会社に入社し2年ほど営業に従事しました。父が亡くなったことを機に家業の呉服店に戻りましたが、これといった仕事がなく結果的に遊んでいる状態に。そんな時に前職の先輩から外資系生命保険会社の営業所長を紹介されたのを機に入社し、フルコミッションの営業に10年ほど携わりました。その後、縁があって郵便局長に就いたのです。地域の14局を統括するとともに、1局長を兼務するという立場でした。ミッションは主にかんぽ生命の販売です。10年ほど従事しましたが、マネジメントに苦労したことでフリーランスのファイナンシャルプランナーとして独立しました。お客様向けの資産運用教室の運営が主な活動内容です。3年ほど取り組んだ後、識学に入社しました。
ーー業界、職種、期間、マネジメントしていた人数など、これまでの自身のマネジメント業務の経歴を教えてください。
郵便局長時代は、14拠点で50名弱の職員を預かっていました。

ーー識学入社以前のこれまでの自身の経歴の中でマネジメントについて苦労した経験を教えてください。
14拠点を統括する上で、自分が局長を務める局の成績が上がらないと説得力がないという状況でした。しかし、自局の職員に営業力がなく、自分がやるしかない状態だったのです。“部長兼課長兼営業担当”といった状態が長く続き、肉体的にも精神的にも疲労困憊となりました。部下が思ったように動かない組織に対して絶望的になり、「このままで自分の人生をだめにしたくない」と、組織を持たないフリーランスを選択しました。

ーー識学と出会ったきっかけを教えてください。
偶然、日経新聞の広告で知りました。それまで全く知らなかったのですが、そこに書かれているコピーを読んで、「自分が組織で悩んでいたことの答えがここにありそうだ」と感じたのです。

自身の経験から実践促せる

ーーなぜ識学に興味を持ち、入社することになったのか教えてください。
早速、安藤の著書を読み、自分のマネジメントが全くなっていなかったことを思い知りました。自分が部下の成長機会を奪っていた、と。早速セミナーに参加し、識学のトレーニングを受けて運営する資産運用教室に導入してみました。資産運用目標を受講者に課すと、それまで貯蓄できなかった人が年間300万円も貯蓄や投資ができるなど満足度が上がり、リピートに繋がったのです。環境を整えることで人は成長する!これはすごい、識学は日本を変えるぐらいのインパクトがあると感じ、識学を広める仕事をしたいと思い立ちました。しかし、代理店は募集していなかったので、社員になるしかないと応募した次第です。

ーーこれまでの講師活動の中で苦労した経験を教えてください。
クライアントの社長に識学の理論は理解してもらえても、実際に理論どおりに動いてもらうことが簡単ではないと感じています。私から見てゴールが明確でも、社長にとって明確な状態にすることに難しさを感じていました。

ーーそれをどのように乗り越えたのか教えてください。
まずは、日報・週報で部下を管理してもらうことを徹底してもらっています。実践度合が最も見えやすく、続けていくうちに徐々に識学の考え方が社長や部下に浸透し、変わっていくことが期待できるからです。このことは、自分の資産運用教室で受講生に実践してもらうことが成功につながった経験が活かせています。

ーーこれまでのマネジメント支援(トレーニング)の中で一番印象に残ったケースを教えてください。
あるクライアントの社長が感情で部下を引っ張るタイプで、そのことによって現状の問題を招いており、ロジカルに考えマネジメントを行う必要性に気づいてもらうことで識学の導入決定に至ったことです。その社長は自分の考えや思いをうまく言語化できていなかったので、識学を学びつつ、部下の役割やルールの明確化に繋げていくことを支援していきたいと思っています。

講師一覧

お問い合わせ

経営運営でお悩みのことはありませんか?
3,000社以上の組織運営課題を解決してきたマネジメント
理論と経験を用いて、御社のお悩みを解決します。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら

03-6821-7560【受付時間】平日 08:30~17:30