講師紹介

プロフィール

営業2部
村上 達郎(Tatsuro Murakami)
新卒で東芝のグループ会社に入社し、医療機器の営業とマーケティングに6年ほど従事。その後、東京海上で3年のキャリアを積んだのち、医療機関を中心に店舗の売上アップを支援するコンサルティング会社を設立。マネジメントの課題を抱える中、識学との出会いを果たして2020年1月に入社。会社経営の二足のわらじを履きながら講師としても活躍。

インタビュー

マネジメント経験無く設立した会社での苦悩

ーー簡単な自己紹介をお願いします。
 新卒で入社した東芝のグループ会社で医療機器の営業として働いていました。ただ、単純な御用聞き営業ではなく、いかにして病院や医院の売上が伸びるかをテーマに取り組み、実際に効果のある経営戦略を学びました。
 その後、東日本大震災をきっかけに東京海上に転職し、保険を活用したリスクマネジメントを学ぶ傍ら、医療機関を中心に店舗の売上アップを支援するコンサルティング会社を立ち上げました。さらに、FP事務所や物販の会社も設立したのですが、その中でマネジメントの壁にぶち当たり、識学と出会いました。現在は識学講師であり会社の経営者であり、4児の父親でもあります。

ーー業界、職種、期間、マネジメントしていた人数など、これまでの自身のマネジメント業務の経歴を教えてください。
 自身が経営する会社で正社員5名、業務委託のメンバー12名。合計で20名を5年ほどマネジメントしていました。

ーー識学入社以前のこれまでの自身の経歴の中でマネジメントについて苦労した経験を教えてください。
 マネジメント経験がないまま会社を設立し、人数がどんどん増えていったので苦労しかしていません。どちらかというと部下に優しくしたりモチベーションを上げたりなどを考えてマネジメントしていました。でも、ルールや役割が非常に曖昧だったのでお互いの認識がずれ、その結果、社員の入れ替わりも激しかったですし、指示を聞かず、約束も守らないようなことが横行していました。

ーー識学と出会ったきっかけを教えてください。
 安藤代表の著書「伸びる会社は『これ』をやらない!」がそもそものきっかけです。伸びる会社を目指しているので、「まさに!」と思ってジャケ買いしました。すると、わたしがやっていたマネジメントと逆のことが書いてあったので衝撃を受けました。

反識学派のお客様から得た共感

ーーなぜ識学に興味を持ち、入社することになったのか教えてください。
 書籍を読んだあとに、縁があって大阪支店の庄子支店長と知り合い、より詳しい識学のマネジメント理論を聞きました。わたし自身、マネジメントをすることの難しさや大変さを実感していたので、改めて衝撃を受けました。より深く学びたい気持ちが強くなったと同時に、マネジメントに携わるすべての人にとって解決策になることを確信して識学に入社することにしました。

ーーこれまでの講師活動の中で苦労した経験を教えてください。
 さまざまな業界の方のトレーニングをしますので、知見のない業界の方をトレーニングする時は苦労することもあります。

ーーそれをどのように乗り越えたのか教えてください。
 自分でその業界について調べるのはもちろんですが、トレーニングをする同じ業界の人を経営者仲間や友人から紹介してもらい、業界特有の悩みや課題などをヒアリングします。そのうえで、自分の言葉に置き換えず、識学の理論をできる限り純度高く伝えるように徹底しています。

ーーこれまでのマネジメント支援(トレーニング)の中で一番印象に残ったケースを教えてください。 
 識学に入社してはじめてトレーニングを受け持った方に「わたしは反識学派です」と真っ先に宣言されました。ただ、トレーニングをスタートして3回目くらいから少しずつその方の意識が変わり、最終的には「共感することばかりなので他の人にもおすすめしたい」とおっしゃっていただけるようになりました。

-CONSULTANT LIST-

講師一覧

-INFORMATION-

お知らせ

マネジメントの無料相談実施中

組織運営でお悩みのことはありませんか?
1,500社以上の組織運営課題を解決してきたマネジメント理論と経験を用いて、御社のお悩みを解決します。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社 識学

〒141-0032 東京都品川区大崎2丁目9−3 大崎ウエストシティビル 1階
【お急ぎの方はお電話にてお問い合せください】

TEL:03-6821-7560 [平日]8:30-17:30