講師紹介

プロフィール

営業3部
近藤 孝浄(Takakiyo Kondo)
2009年、上智大学外国語学部を卒業後、東京消防庁に入庁。東日本大震災などの災害現場において、多いときで500名規模の部隊を指揮するなど最前線で活躍。2014年に東京2020オリンピック・パラリンピックの組織委員会に出向すると、防災体制の構築などを担当。並行して米国プロラクロスリーグのMLLに挑戦。2018年に日本人として初となるプロラクロス選手として契約。2020年2月に識学に入社。これまで10社、14名のトレーニングに携わる。

インタビュー

消防庁、プロラクロス選手を経て識学へ

ーー簡単な自己紹介をお願いします。
 東京消防庁に入庁。東日本大震災などの災害現場において、多いときで500名規模の部隊を指揮するなど最前線で活躍。2014年に東京2020オリンピック・パラリンピックの組織委員会に出向すると、防災体制の構築などを担当。並行して米国プロラクロスリーグのMLLに挑戦。2018年に日本人として初となるプロラクロス選手として契約。2020年2月に識学に入社。これまで10社、14名のトレーニングに携わる。

ーー業界、職種、期間、マネジメントしていた人数など、これまでの自身のマネジメント業務の経歴を教えてください。
 東京消防庁に入庁。東日本大震災などの災害現場において、多いときで500名規模の部隊を指揮するなど最前線で活躍。2014年に東京2020オリンピック・パラリンピックの組織委員会に出向すると、防災体制の構築などを担当。並行して米国プロラクロスリーグのMLLに挑戦。2018年に日本人として初となるプロラクロス選手として契約。2020年2月に識学に入社。これまで10社、14名のトレーニングに携わる。

ーー識学入社以前のこれまでの自身の経歴の中でマネジメントについて苦労した経験を教えてください。
 出向後のエピソードなのですが、組織委員会はさまざまなところからあらゆる立場の方々が集まる組織なので、全員を同じ方向に向かせることに苦労しました。当時は信頼を勝ち取って指示を聞いてもらうようアプローチしていました。その結果、属人的な組織が出来上がり、私を信頼してくれる人はついてきてくれるものの、そうでない人はついてこないという状態になってしまいました。いま振り返ると、感情でアプローチをすると、感情で返ってくるという認識が甘かったと感じています。

ーー識学と出会ったきっかけを教えてください。
 組織委員会在籍中、マネジメントに困り果てていたのであらゆるマネジメント本を読み漁っていました。その中で、識学が発行している書籍「できる課長は『これ』をやらない!」と出会いました。私がやっていたマネジメントと真逆のことが書かれていて、目を開かれたのを覚えています。

過去の失敗は、経験化して強みに変える

ーーなぜ識学に興味を持ち、入社することになったのか教えてください。
 今後の自分の強みになりうることについて考えたとき、マネジメントで失敗した経験だと思いました。成功体験ではなく失敗経験を強みに変えようと思ったのは、もともと反骨精神みたいなものがベースにあり、これまでも自分にとってネガティブな要素をポジティブに変えてきたからです。一番弱いと感じていたマネジメントを強みにすることができれば、人間として成長できると考えて識学に入社することにしました。

ーーこれまでの講師活動の中で苦労した経験を教えてください。
 識学のマネジメント理論にネガティブな方に対し、思考を変化させることに苦労しました。中には、「そんなやり方でうまくいくと思えない」と率直におっしゃっていただくこともあります。

ーーそれをどのように乗り越えたのか教えてください。
 そういった方に対しては繰り返しお伝えし、実践していただく。識学では、経験する前に思考の変化は起きないという考えがありますので、疑問をお持ちでも「まずは試してみてください」と繰り返しお伝えしています。すると、「部下の行動が変わった」とおっしゃっていただいて。それまでは指示を出しても何かを理由に動かなかった部下が多かったようなのですが、指示をもらったらすぐに動くようになっただけでなく、事実を持ってその情報を報告するようになったとご報告いただきました。その後は識学に対してネガティブどころか積極的にご質問いただくようになるなど、思考が大きく変化しました。

ーーこれまでのマネジメント支援(トレーニング)の中で一番印象に残ったケースを教えてください。 
 税理士法人のお客さまなのですが、識学のトレーニングを始めたことで、3〜4年ぶりに黒字に転じたとおっしゃっていただけたときのことは印象に残っています。まずはナンバー2の方にトレーニングをさせていただいていたのですが、かなり属人的なマネジメントをされていらっしゃいました。でも、識学を導入したことで、そのナンバー2の方を頂点にした組織のパフォーマンスが良くなり、業績を含めて大幅に改善しました。識学講師という立場でそのタイミングをご一緒させていただけたこともあり、とても印象に残っています。

-CONSULTANT LIST-

講師一覧

-INFORMATION-

お知らせ

マネジメントの無料相談実施中

組織運営でお悩みのことはありませんか?
1,500社以上の組織運営課題を解決してきたマネジメント理論と経験を用いて、御社のお悩みを解決します。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社 識学

〒141-0032 東京都品川区大崎2丁目9−3 大崎ウエストシティビル 1階
【お急ぎの方はお電話にてお問い合せください】

TEL:03-6821-7560 [平日]8:30-17:30