コンサルタント紹介

プロフィール

営業1部 2課 2係
田代直樹(Naoki Tashiro)
大学卒業後、旅行業界での2年ほどの勤務を経て、デジタルマーケティング企業に転じ、16年間営業や営業チームのマネジメントに従事。その後、株式会社識学に入社。


インタビュー

率先垂範型マネジメントの限界

ーー簡単な自己紹介をお願いします。
大学卒業後、旅行業界での2年ほどの勤務を経て、デジタルマーケティング企業に転じ、16年間営業や営業チームのマネジメントに従事しました。その後、識学に入社しています。
ーー業界、職種、期間、マネジメントしていた人数など、これまでの自身のマネジメント業務の経歴を教えてください。
市場開拓チームや既存顧客の営業に携わるチームでマネジメントしました。

ーー識学入社以前のこれまでの自身の経歴の中でマネジメントについて苦労した経験を教えてください。
学生時代は体育会に所属し、チームスポーツに打ち込みました。チームの勝利という結果のために自らが果たすべき役割や責任を意識していたと思います。しかし、社会人になってからは、それらを深く考える余裕というか、自覚が不足していたと思います。
マネジメントを行うようになったデジタルマーケティング業界は伸び盛りで、この伸びにキャッチアップして組織を成長させていくには、自らが行動し結果を出す率先垂範型のマネジメントしかないと思い込んでいたのです。したがって、当初から自らも営業目標を持ち最前線で動くプレイングマネージャーとして日々取り組んだのですが、結果的に自分で仕事を抱え込み、メンバーマネジメントに時間や気持ちを割けなくなっていました。自分個人の営業成果は出せても、組織全体としては思わしいものではなく、組織の成長にはかえって非効率でしかなかったのではないかと反省しました。すべては自分の考え方に起因していたと考えています。

ーー識学と出会ったきっかけを教えてください。
デジタルマーケティング業界にいたのでネット広告には常に接しており、そうする中で識学の広告に触れ、新しい考え方だと直感しすぐにセミナーに参加したのを覚えています

理論を基に、すべてに回答できる

ーーなぜ識学に興味を持ち、入社することになったのか教えてください。
セミナーでのQ&Aで自分の悩んでいたことを尋ねてみました。すると、すべて識学理論をもとにきれいに回答してもらえたのです。「マネジメントには答えがあるのか!」と軽い衝撃を受けました。そこで、早速その答えを会社で実践してみると、部下の動きが変わり、成果が上がるようになったのです。
識学のセミナーで、学生時代に意識していた、自らが果たすべき役割や責任を明確にし、部下にもそれを求めるコミュニケーションができていなかったことに気づかされました。それを改善することで、部下が成長し組織の成長にも繋げることができると実感できたのです。そこで、この識学理論をしっかり学び、世の中に広めていきたいと考え識学への入社を志望しました。

ーーこれまでの講師活動の中で苦労した経験を教えてください。
識学の理論はあくまでも理論。それを読んで理解しただけで組織に浸透させることは難しく、組織が抱える課題や状況、業界特性などに応じて意味づけを行ってもらう必要性があります。もちろん、識学講師として例え話や導入事例を用いて説明を行いますが、最終的なその企業における意味づけは自組織を最も熟知している経営者に委ねるしかありません。そんな経営者にいかに寄り添い、成果に繋げていただくかが最も悩ましいところです。

ーーそれをどのように乗り越えたのか教えてください。
組織は市場で相対比較されています。したがって、組織が属する市場を詳しく知る必要があります。そうした情報収集にも努め、識学理論の深掘りだけでなく、自分なりに市場特性からの解釈も交えて意味づけ、アドバイスするようにしています。

ーーこれまでのマネジメント支援(トレーニング)の中で一番印象に残ったケースを教えてください。
経営者と現場の間にあったギャップが、それぞれの役割を明確に言語化し整理することでうまく合致した瞬間は気持ちいいですね。そこにも識学理論の効用を感じます。

講師一覧

お問い合わせ

経営運営でお悩みのことはありませんか?
3,000社以上の組織運営課題を解決してきたマネジメント
理論と経験を用いて、御社のお悩みを解決します。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら

03-6821-7560【受付時間】平日 08:30~17:30