株式会社 ピーアップ 取締役副社長 川名 廣季氏

識学とスポーツの親和性

スポーツにおける
 
「本質的な力」
徹底的に磨き上げ、
No.1へと導く術
を手に入れた

株式会社識学 スポーツ事業部 部長
元ラグビー日本代表 元追手門学院大学
女子7人制ラグビー部 ヘッドコーチ
後藤 翔太

たったの2名。それも、当時は素人の選手しかいなかった女子7人制ラグビー部のヘッドコーチに就任し、わずか2年数ヶ月でチームを日本一へと導いた名将。それが、株式会社識学のスポーツ事業部 部長、後藤翔太だ。桐蔭学園高校、早稲田大学というラグビーの名門校を経て、2005年にジャパンラグビートップリーグの「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」に入団。1年目からレギュラーの座を勝ち取り、新人王に。その後、日本代表にも選出され、常にラグビー界の最前線を走り続けてきた一流選手である。そんな同氏が神戸製鋼を退社し、追手門学院大学の女子7人制ラグビー部ヘッドコーチに就任したのは2013年。立ち上げたばかりのチームを全国ベスト4で戦えるまでに成長させていた同氏だが、自身のマネジメントに行き詰まりを感じていた2015年に識学と出会った。識学の理論をスポーツの領域に応用した結果、チームにどのような変化が起きたのか。その軌跡をご紹介したい。

どんなに見栄えが良くても、
 「金メッキ」では敵わないと気づかされた

—後藤さんが識学を知ったきっかけについてお聞かせください。

識学代表の安藤とは、早稲田大学時代のラグビー部の先輩後輩という関係だったんです。ただ、当時は僕が1年生で、安藤は4年生。特別親しかったわけではありませんでした。久々に再会したのは、2015年の春。追手門学院大学の女子7人制ラグビー部のヘッドコーチに就任して3年目のことでした。安藤と一緒に食事をする中で、識学の理論を解説してもらう機会が何度かあったのですが、「組織のトップ」という経営者と共通の立場だった僕にとってはとても興味深く、心に突き刺さってくる内容だったんです。
識学の存在を知るまで、僕には「今まで自分はラグビー界のトップでやってきた」という自負がありました。ヘッドコーチを務めていたチームも、当時すでに全国ベスト4で戦えるレベルまで成長していましたから、これまでの経験則に基づいた戦略や指導方法に対して、「このやり方が正しいはずだ」「このチームにはこういうマネジメントの仕方が理想的に違いない」と信じていたんです。ただ、その一方で、「行き詰まっているというほどではないけれど、今一歩突き抜けられない」という想いもあって……。その原因となっていた僕のマネジメントの間違いを、安藤にはどんどん指摘されました。もちろん、自分が信じてきたことを真っ向から否定されるというのは受け容れ難かったですし、正直カチンともきました(笑)。それでも、安藤に指摘されたことはどれも腑に落ちるものばかりだったんですよね。だから、「わかりました、じゃあやってみます」と、自己流だったマネジメントを識学の理論に基づいたマネジメントに切り替えることに決めました。

—当時はどんなチームマネジメントをされていたのでしょうか。

対戦相手の動きを見ればそのチームの力を推し量ることができて、どんな戦術で戦えば勝てるのかが分かってしまう「戦略性」が、ラグビー選手を経てヘッドコーチになった僕の武器でした。だから、この武器を最大限活用することが、チームをいち早く強くする術だと当時は思っていたんです。そうすると、選手も楽しいんですよ。「こうやったら勝てるよ」と僕から言われた通りに動けば楽して勝てるし、今まで知らなかった新しい戦術を教われますから。
しかし、結局のところ、僕がそれまで一生懸命やってきたのは、発泡スチロールでできたハリボテにキレイな金メッキを塗って、それが偽物だとバレてしまわないようにする「ごまかし方」だったんです。いかにコストをかけずに、選手たちに楽をさせてあげるかばかりを考えて、できあがったチームは、一見とても見栄えは良いけれど、いざ持ってみるとスカスカで軽い。正面からぶつかってしまえば、その脆さがすぐに露呈してしまう。だから、ある程度までは勝てても、本当に強いチームには全く敵わなかったんです。識学に出会ったことで、「では、本質的に勝つためにはどうすればいいのか? 」を突き詰めた指導に切り替えることが、現状から一歩抜け出る突破口になると気づくことができました。

ベスト4止まりだったチームが、日本一・世界一へ大躍進

—識学の理論を選手の指導に取り入れた結果、どんな変化があったかお聞かせください。

僕は追手門学院高校・大学の女子ラグビー部のヘッドコーチを兼任していたのですが、結論から言うと、大学チームは数ヶ月で日本一に、高校チームにいたっては世界一になりました。

—素晴らしい結果を出すことができたのですね。具体的には、どんなことに取り組まれたのでしょうか?

識学のトレーニングを経て「選手の評価は明確な数値が定められた『完全結果』でしなければならない」ということを学んだので、選手一人ひとりの能力を「運動能力」「技術」「判断力」の3つに分け、さらに細かい項目を設けすべてを数値化して、パフォーマンスが点数で算出できるシートを作成し、評価をしました。さらに、各選手の点数を順位付けして、チーム全員が自分自身やチームメイトの点数を把握できるようにしました。
選手の能力を完全結果で管理することで、「対戦チームの能力がこれくらいの数値だとすると、相手に勝つためにはトータルでこのくらいの点数がないと勝てない」という次の試合に向けた能力強化のための戦略を練ることができるようになったんです。さらに、例えばランキング10位の選手に対して「レギュラーになれる7位以内に入るまではこの能力が必要だよ」と指導がしやすくなりました。

誤算だったのは、完全結果を示しただけでは、選手は動き出さないということ。「今の能力値が分かれば、足りない部分を強化するために自主的に動き出すだろう」という勘違いをしてしまっていたのが原因でした。能力を上げるために動いていなかった選手を呼び出して怒ったりしてしまったのですが、よくよく考えてみると、僕は完全結果として評価をするようにはなったけれど、「いつまでにどのスコアをどこまで伸ばしなさい」という目標の設定をしていなかったんです。そこで、選手ひとりに合わせた目標設定をすることで、いつまでに何をすれば評価が得られるのかを明確に示しました。
同時に取り組んだのは、「トレーナーに責任を持たせること」。今まで、トレーナーの役割は「トレーニングメニューを考えて選手にやらせる」という曖昧なものだったのですが、「1ヶ月後にこの選手達のこの運動能力をこの点数まで引き上げるのがあなたの仕事」と明確な役割を与えるようにしました。
その結果、1ヵ月後には数値が劇的に向上したんです。僕はラグビーを始めてから、クラブチームから代表チームまでのあらゆるカテゴリーのチームに所属してきましたが、追手門学院大学ラグビー部は最も高い成長曲線を描く組織となりました。指導方法ひとつでここまで大きく成長を促すことができるんだな、と驚くと共に、識学の理論は企業の組織マネジメントに限らず、スポーツのチームマネジメントにも絶大な効果をもたらすことを、身を以て実感しました。

識学をスポーツ界に広め、
 日本・世界で勝てるチームづくりに貢献したい

—識学は、後藤さんにとってどんな存在ですか?

識学は、初めて自分の考え方に影響を与えた学問だと思っています。
僕は実業団に在籍していた頃、社員として色々な研修を受けたのですが、次の日から使えるようなことがひとつも得られなかったんです。自分の頭の中に残ったり、何かを見たときに勉強したことと照らし合わせて判断基準にできるような経験もありませんでした。でも、識学には影響を与えられた感じがするんですよね。実際に識学の理論を取り入れたら、良い成果を残すこともできましたし。それで、この識学という学問をマスターできたら、仕事にできるかもしれないという気持ちが湧いてきて、2017年1月から識学に参画させてもらうことになりました。

—現在は識学でどのようなことに取り組まれているのでしょうか。

2017年5月から新たに立ち上げられた「スポーツ事業部」の部長として、ラグビーや野球、バスケットボールのチームの監督やコーチに識学のトレーニングを行っています。
実は、自分が選手やヘッドコーチだった頃は、自分がラグビーをやったり指導者をやることに対して明確な価値を見出せていなかったんです。難易度の高いことはやっていたと思います。でも、周りに対して有益性を直接的に与えられていない、という感覚が頭のどこかにあって……。もっと誰かのためになれる量を増やしたい。感動を与える範囲を広げたい。そう考えた結果、識学を通じてスポーツ界の組織を一つひとつ良くしていくサポートができたら、価値を認めてもらえるんじゃないかと思ったんです。
現在は、ラグビーに関わっていた頃とはまた別の存在意義を少しずつ感じ始めています。誰かのためになる、多くの人のためになるような実績を、これからさらに残していきたいですね。

MIKAWAYA21株式会社
会社名 株式会社識学
所在地 〒141-0031
東京都品川区西五反田7-9-2 KDX五反田ビル4階
本社電話番号 03-6821-7560
従業員数 26名
支店情報 大阪支店
大阪府大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル8F
電話番号:06-4400-6231
ホームページ http://shikigaku.jp/

他のインタビュー記事を読む

株式会社 ALL CONNECT 代表取締役社長 岩井 宏太氏

組織全体に識学を - 読み書きや計算と同様に、社会で必要な考え方が詰まっている「学問」

UUUM 株式会社 代表取締役 鎌田 和樹氏

フラットからピラミッドの制度作り - 「フラット型組織」から「ピラミッド型組織」に成長する上で基盤となる理論・考え方を得た

株式会社 ピーアップ 取締役副社長 川名 廣季氏

組織の矛盾を言語化 - 組織内に発生した「ズレ」をいち早く取り除けば、パフォーマンスは確実に向上する

株式会社サービシンク 代表取締役 名村 晋治氏

秩序と成長機会のある環境こそ、真の働きやすい環境 - 第二創業期における組織運営の考え方の「軸」として活用中

株式会社エストコーポレーション 代表取締役 清水 史浩氏

業績拡大の原動力 - 今まで思い描いていた “社長像”は、間違っている。そう気づかせてくれたのが 識学だった。

株式会社林産業 代表取締役社長 小沼 佳史氏

経営力・組織力強化の手段 - ”組織人としての自覚”が自然発生する組織へ~創業者から引き継いだ組織がさらに成長するために~

株式会社スリーエス 代表取締役社長 吉田 秀樹氏

組織改革の軸 - 変えたいのに変えられないでいた現状の突破口が開かれた

株式会社インタースペース 執行役員 ストアフロント事業部長 岡田 英明氏

組織を自走させるリーダーへ - 識学は、自走できる組織への全てが詰まっている

税理士法人CROSSROAD 代表社員 三嶋 政美氏

推進力が飛躍的に向上 - エンジンが増え、後ろから風を感じられる組織へと成長できた

R&C株式会社 専務取締役 今村 英之氏 X R&C株式会社 代表取締役 足立 哲真 氏

健全な競争により、成長が加速 - 「個人商店の集まり」ではなく、「ひとつの組織」としての一体感を醸成するきっかけに

株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング 代表取締役社長 小林 祐樹氏

マネジメントにおける新たな武器 - 目の前のフィルターが取り払われ、全く違う景色が見えるようになった

株式会社アール・エム 代表取締役 中山 義隆氏

「厳しさ」のベクトルを正しい方向へ - 部下は自分を映す「鏡」上手くいかない原因は自分自身にあるのだと気づかされるきっかけを得た

MIKAWAYA21株式会社 グッドパートナー事業部 事業部長 中村 亜依氏

「マネジメントとは?」の答えが詰まった学問 - 初めてのマネジメントも識学があれば全く怖くない

株式会社ファインドスター 代表取締役社長 渡邊敦彦氏 X 執行役員 魵澤雅則氏 X 萩尾麻子氏

株式会社ファインドスター - 我流の経営から抜け出すための「型」を手に入れた。

株式会社識学 スポーツ事業部 部長 元ラグビー日本代表 元追手門学院大学女子7人制ラグビー部 ヘッドコーチ 後藤 翔太

識学とスポーツの親和性 - スポーツにおける 「本質的な力」を徹底的に磨き上げ、No.1へと導く術を手に入れた

スペシャル対談3 オープンデザイン株式会社 代表取締役 吉村 拓也 氏 X 株式会社識学 和田垣 幸生

スペシャル対談03 - 超属人化から脱却し、「自ら役割」を果たす集団へ変化していくために必要なこと。

スペシャル対談4 トークノート株式会社 代表取締役 小池 温男 氏 x 株式会社識学 代表取締役社長 安藤 広大

スペシャル対談04 - 開発納期の大幅な短縮化を実現したIT企業が、さらなる挑戦へ自社サービスの新機能に識学の要素を活用した理由とは。

スペシャル対談5 株式会社MS・PAINT 代表取締役 山口 轉紀 氏 x 株式会社識学 大阪支店長 冨樫 篤史

スペシャル対談05 - 分裂していた会社をひとつに。そのきっかけが、識学だった。

スペシャル対談6 株式会社SAL 代表取締役 魚住 琢 氏 x 株式会社識学 講師 田中 康雄

スペシャル対談06 - 新しい期のスタートを識学と二人三脚で踏み出すメリットとは。

元劇団四季 舞台女優 熊本 亜記氏

「プロフェッショナルとは何か」の答えが、識学には詰まっていた。

スペシャル対談7 株式会社LEGEND 代表取締役 斉藤 徹 氏 x 株式会社識学 講師 山下 智史

スペシャル対談07 - 経営学では学べなかった、組織の問題の解決方法を明らかにできる学問。

スペシャル対談8 株式会社ラインアップ 代表取締役 山本 健雄 氏 x 株式会社識学 大阪営業部 深石 圭

スペシャル対談08 - どんな外部研修よりもシンプルで即効性のある学問との出会い。

アナグラム株式会社 代表取締役 阿部圭司氏 X 取締役 竹内 槙優氏 X 小山純弥氏 X 古田のどか氏

アナグラム株式会社 - “仕組み”“ルール”が人を成長させる。“ルール”は人を縛るものではなく、 迷い無く自走・成長させるためのもの

スペシャル対談9 株式会社wevnal 代表取締役社長 磯山 博文 氏 x 株式会社識学 講師 入澤 勇紀

スペシャル対談09 - 識学には、組織づくりの”原理・原則”が詰まっている。

株式会社ギフト 代表取締役 田川 翔氏

株式会社ギフト - “言い訳”の生まれない組織は、事業成長を加速させる。

株式会社デイサービスセンターうららか 代表取締役 住所 和彦氏

株式会社デイサービスセンターうららか - ”経営者が本当にやるべき仕事”を正しく認識すると業績は飛躍的に向上できる。

お問い合わせ/資料請求

組織運営でお悩みのことはありませんか?お気軽にご相談下さい。

数多くの企業の組織運営課題を解決してきた、マネジメント理論と経験で御社のお悩みを解決します。

株式会社 識学

〒141-0031東京都品川区西五反田7-9-2KDX五反田ビル4階

【お急ぎの方はお電話にてお問い合せください】

03-6821-7560 [年中無休]9:00-18:00

この内容で送信します。よろしいですか?