株式会社アール・エム 代表取締役 中山 義隆氏

「厳しさ」のベクトルを正しい方向へ

部下は自分を映す「鏡」
上手くいかない原因は
自分自身
にあるのだと
気づかされるきっかけを得た

株式会社アール・エム
 代表取締役 中山 義隆氏

大阪に本社を、さらに東京と福岡に営業拠点を構え、様々な業種・業態のクライアントに対してホームページの制作・更新代行・運営管理やパソコン遠隔サポートといったサービスを提供している企業。それが、株式会社アール・エムだ。顧客から望まれていることは、単なる商品やサービスの提供ではなく、その商品やサービスの導入を通じて顧客が競合他社に対して競争力をつける手助けをすること。そして、知識や経験をバランスよく得るだけでなく、成果を出すための知恵を身につけ、他社から欲しがられるような競争力のある人材を育て上げること。2006年の創業以来、この2点に力を入れ続けてきた同社は、「“競争力”を提供する、“競争力”のある会社」をコーポレートスローガンに掲げ、事業の拡大を続けてきた。同社の創業者である代表取締役の中山 義隆氏が、識学のトレーニングを受けることになった理由とは。識学によって、組織にどんな変化があったのか。詳しく話を伺った。

コンサル嫌いの自分が、初めて興味を持った学問だった

—中山社長は識学を知るまで、コンサルやセミナーなどに対してあまり前向きな印象をお持ちになってしなかったそうですね。

はい。今まで「コンサル」や「セミナー」といった類のものは苦手というか、はっきり言うと嫌いでした。この会社を設立する前に本部長職を務めていた会社で、研修を受ける機会が多々あり、いろいろな講師やコンサルタントの先生のお話を聞いたりしていたのですが、いずれも「ふーん……」という程度の感想しか持てなかったんです。そのような感想を持ったのは、コンサルやセミナーの先生自身に現場でのマネジメント経験が少なく、机上の空論のような知識しか与えてくれなかったから。こちらから投げかけた質問に上手く答えられなかったり、こちらが否定的な意見を述べたときにムキになって自分の理論を全肯定しようとする様子を見ては、「あまり参考にならなさそうだ」と感じていました。

—「識学のトレーニングなら受けてもいいかもしれない」と思われたきっかけは何だったのでしょうか?

僕が新卒で働いていた頃にお世話になった上司が識学のトレーニングを絶賛していた、という話を知り合いの経営者を通じて耳にしたのがきっかけです。この人が高く評価しているなら、話を聞いてみても良さそうだと思い、2016年の年明け早々に識学の講師の方とお会いしました。

—識学のどんな点に興味を持たれたのでしょうか。

話を聞いていると「なるほどね」と納得できる点が多かったことが決め手となり、興味を持ちました。話の中には既に知っていることもいくつかあったのですが、「分かっているけれど実行できていないこと」だったので、学べる事が多そうだと感じて、トレーニングを受けることにしました。

間違った厳しさで、部下の動きを鈍くさせていた

—先ほどおっしゃっていた「分かっているけれど実行できていなかったこと」とは、具体的にはどういったことでしょうか?

例えば、僕の直下に部下がいて、さらにその下に部下がいるという組織のピラミッド構造がある中で、僕が部下の部下に対して「一個飛ばし」で直接指示を出したりすることが時々ありました。一個飛ばしの指示がマネジメントにおいてNG行動だということは今までも承知していたため、やらないようにはしていたものの、部下の反応次第では、やってしまっていたんです。僕が指示を出すことを嫌がらないというか、むしろ嬉しそうにされると、こちらも悪い気はしないので・・・。ただ、自分の気分がいいのは、個人的に頼られたいという感覚が優先されているだけで、組織にとっては、悪い影響しかないということにトレーニングを通じて、改めて気付かされました。
この事例のように、リーダーとして「やるべきこと」や「やってはいけないこと」を頭ではわかっているのに、実際にはできていないってことがあると思うんですよ、それってメリットやデメリットを自身の感覚でとらえているところが原因だと思うんです。識学を学べば、体系的に「リーダーの言動が、部下にどのような錯覚や誤解をもたらすか」そして「組織にとってどのような弊害をもたらすか」ということを理解できるので、「やるべきこと」や「やってはいけないこと」を徹底して実践する事ができます。

—識学のトレーニングを経て、新たに得た気づきについてお聞かせ下さい。

今までは、「問題意識を感じさせなければ人は変わらない」という思いから、「厳しい口調で、部下のやり方を指摘すること」をマネジメントに積極的に取り入れていました。例えば、会議で部下から「契約が取れなかった」という報告を受けたときに、「なぜNGだったのか?どんなアプローチを行ったのか?」と厳しい口調でこんこんと詰めて、やり方を否定し、修正を指示していました。数字が達成できていない部下に対して、「自分はここができていないから、次はこうしよう」と思ってもらいたいと考えていたのです。
ところが、講師の方から、「上司が部下のやり方(プロセス)を否定・修正したりすると、結果に対する責任感がどんどん失われていく」さらに「“怒り”をマネジメントに入れると、部下は早くその状態を回避したいという思考になり、解決策が表面的になる」という話を聞いたときに、「一体どういうことだ?」と思い、詳しくその理由を聞きました。たしかに、プロセスを聞いてもらえるということは、上手くいかなかった言い訳や頑張った経過を聞いてもらえるという状況です。さらに、上司からプロセスの修正指示が加われば、これからは「上司の言われた通りにやればいい、怒られなくて済む」という思考が生まれ、結果に対して100%の責任を認識させる事ができなくなります。部下の言い訳や経過に付き合わず、部下の実力に合わせて求める結果を明確に設定し、無機質に、結果でのみ管理・評価する“厳しさ”にマネジメントを変えたところ、しばらく経ってから明らかに組織が変化しました。

—マネジメントの手法を変えたことで、実感できた変化とは?

具体的には、関東エリアの数字が飛躍的にアップしました。
もともと関西拠点の責任者だった幹部を関東から福岡拠点の立ち上げに伴い異動させたところ、関東より後発の福岡拠点の業績はどんどん伸びていったのですが、関東は伸び悩みました。関東拠点の部長に対して、一時期はネガティブな評価をしてしまった時期がありましたが、識学のトレーニングを受けたことで「ダメだったのは自分のマネジメントだったのか」と気づきました。

経営者と管理職が一緒に受けると、共通言語として使える。

—どんな方に識学をお勧めしたいですか?

まずは、「何でウチの管理職は全然機能しないんだ」「何で自分で判断できない人材ばかり集まるんだろう」……と、口には出さなくても頭のどこかで思っているような経営者は、受けてみると良いと思います。きっと、「組織が上手く回っていないのは実は自分のせいだった」と気づくことができますよ。

—現在、計6名の管理職の方々にもトレーニングを受けて頂いていますが、管理職が識学のトレーニングを受けるメリットとは?

トレーニングを受けている最中はたくさんの気づきを得られますが、受け終わってからは意識をして継続しないと、すぐに元に戻ろうとしてしまいます。しかし、他のメンバーと一緒に受けると、双方が同じタイミングで「変わろう」とするので、より大きな変化が期待できます。
また、ある部門でトラブルが起きたときにも、同じ階層の管理職同士が「これって識学で置き換えるとこういうことだよね」と共通言語で話ができるので、解決のスピードが速くなりましたね。

株式会社アール・エム
会社名 株式会社アール・エム
設立 2006年5月
所在地 本社
〒542-0081 
大阪府大阪市中央区南船場4-11-28 Daiwa南船場ビル6F
代表者 代表取締役 中山 義隆
従業員数 132名(2016年8月現在)
事業内容 WEBソリューション事業
システム開発事業
広告デザイン事業
電気通信事業
その他ビジネス機器取扱
ホームページ

http://www.rmblog.jp

 

他のインタビュー記事を読む

株式会社 ALL CONNECT 代表取締役社長 岩井 宏太氏

組織全体に識学を - 読み書きや計算と同様に、社会で必要な考え方が詰まっている「学問」

UUUM 株式会社 代表取締役 鎌田 和樹氏

フラットからピラミッドの制度作り - 「フラット型組織」から「ピラミッド型組織」に成長する上で基盤となる理論・考え方を得た

株式会社 ピーアップ 取締役副社長 川名 廣季氏

組織の矛盾を言語化 - 組織内に発生した「ズレ」をいち早く取り除けば、パフォーマンスは確実に向上する

株式会社サービシンク 代表取締役 名村 晋治氏

秩序と成長機会のある環境こそ、真の働きやすい環境 - 第二創業期における組織運営の考え方の「軸」として活用中

株式会社エストコーポレーション 代表取締役 清水 史浩氏

業績拡大の原動力 - 今まで思い描いていた “社長像”は、間違っている。そう気づかせてくれたのが 識学だった。

株式会社林産業 代表取締役社長 小沼 佳史氏

経営力・組織力強化の手段 - ”組織人としての自覚”が自然発生する組織へ~創業者から引き継いだ組織がさらに成長するために~

株式会社スリーエス 代表取締役社長 吉田 秀樹氏

組織改革の軸 - 変えたいのに変えられないでいた現状の突破口が開かれた

株式会社インタースペース 執行役員 ストアフロント事業部長 岡田 英明氏

組織を自走させるリーダーへ - 識学は、自走できる組織への全てが詰まっている

税理士法人CROSSROAD 代表社員 三嶋 政美氏

推進力が飛躍的に向上 - エンジンが増え、後ろから風を感じられる組織へと成長できた

R&C株式会社 専務取締役 今村 英之氏 X R&C株式会社 代表取締役 足立 哲真 氏

健全な競争により、成長が加速 - 「個人商店の集まり」ではなく、「ひとつの組織」としての一体感を醸成するきっかけに

株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング 代表取締役社長 小林 祐樹氏

マネジメントにおける新たな武器 - 目の前のフィルターが取り払われ、全く違う景色が見えるようになった

株式会社アール・エム 代表取締役 中山 義隆氏

「厳しさ」のベクトルを正しい方向へ - 部下は自分を映す「鏡」上手くいかない原因は自分自身にあるのだと気づかされるきっかけを得た

MIKAWAYA21株式会社 グッドパートナー事業部 事業部長 中村 亜依氏

「マネジメントとは?」の答えが詰まった学問 - 初めてのマネジメントも識学があれば全く怖くない

株式会社ファインドスター 代表取締役社長 渡邊敦彦氏 X 執行役員 魵澤雅則氏 X 萩尾麻子氏

株式会社ファインドスター - 我流の経営から抜け出すための「型」を手に入れた。

株式会社識学 スポーツ事業部 部長 元ラグビー日本代表 元追手門学院大学女子7人制ラグビー部 ヘッドコーチ 後藤 翔太

識学とスポーツの親和性 - スポーツにおける 「本質的な力」を徹底的に磨き上げ、No.1へと導く術を手に入れた

スペシャル対談3 オープンデザイン株式会社 代表取締役 吉村 拓也 氏 X 株式会社識学 和田垣 幸生

スペシャル対談03 - 超属人化から脱却し、「自ら役割」を果たす集団へ変化していくために必要なこと。

スペシャル対談4 トークノート株式会社 代表取締役 小池 温男 氏 x 株式会社識学 代表取締役社長 安藤 広大

スペシャル対談04 - 開発納期の大幅な短縮化を実現したIT企業が、さらなる挑戦へ自社サービスの新機能に識学の要素を活用した理由とは。

スペシャル対談5 株式会社MS・PAINT 代表取締役 山口 轉紀 氏 x 株式会社識学 大阪支店長 冨樫 篤史

スペシャル対談05 - 分裂していた会社をひとつに。そのきっかけが、識学だった。

スペシャル対談6 株式会社SAL 代表取締役 魚住 琢 氏 x 株式会社識学 講師 田中 康雄

スペシャル対談06 - 新しい期のスタートを識学と二人三脚で踏み出すメリットとは。

元劇団四季 舞台女優 熊本 亜記氏

「プロフェッショナルとは何か」の答えが、識学には詰まっていた。

スペシャル対談7 株式会社LEGEND 代表取締役 斉藤 徹 氏 x 株式会社識学 講師 山下 智史

スペシャル対談07 - 経営学では学べなかった、組織の問題の解決方法を明らかにできる学問。

スペシャル対談8 株式会社ラインアップ 代表取締役 山本 健雄 氏 x 株式会社識学 大阪営業部 深石 圭

スペシャル対談08 - どんな外部研修よりもシンプルで即効性のある学問との出会い。

アナグラム株式会社 代表取締役 阿部圭司氏 X 取締役 竹内 槙優氏 X 小山純弥氏 X 古田のどか氏

アナグラム株式会社 - “仕組み”“ルール”が人を成長させる。“ルール”は人を縛るものではなく、 迷い無く自走・成長させるためのもの

スペシャル対談9 株式会社wevnal 代表取締役社長 磯山 博文 氏 x 株式会社識学 講師 入澤 勇紀

スペシャル対談09 - 識学には、組織づくりの”原理・原則”が詰まっている。

株式会社ギフト 代表取締役 田川 翔氏

株式会社ギフト - “言い訳”の生まれない組織は、事業成長を加速させる。

株式会社デイサービスセンターうららか 代表取締役 住所 和彦氏

株式会社デイサービスセンターうららか - ”経営者が本当にやるべき仕事”を正しく認識すると業績は飛躍的に向上できる。

お問い合わせ/資料請求

組織運営でお悩みのことはありませんか?お気軽にご相談下さい。

数多くの企業の組織運営課題を解決してきた、マネジメント理論と経験で御社のお悩みを解決します。

株式会社 識学

〒141-0031東京都品川区西五反田7-9-2KDX五反田ビル4階

【お急ぎの方はお電話にてお問い合せください】

03-6821-7560 [年中無休]9:00-18:00

この内容で送信します。よろしいですか?