株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング 代表取締役社長 小林 祐樹氏

マネジメントにおける新たな武器

目の前のフィルター
取り払われ、
全く違う景色
見えるようになった

株式会社カスタマーリレーション
 テレマーケティング
 代表取締役社長 小林 祐樹氏

2006年の設立からわずか10年で、従業員数約2,500人という西日本エリア最大級のコールセンターを運営する組織へと成長を遂げた企業。それが、株式会社カスタマーリレーションテレマーケティングだ。豊富な実績と営業ノウハウを武器に、商品やサービスを提供する企業が顧客との間に長期的・継続的で「親密な信頼関係(リレーションシップ)」を構築すること。そして、その価値と効果を最大化することで、顧客のベネフィットと企業のプロフィットを向上させることを目指し、総合的なサービスを展開。常時2,000名以上のスタッフが稼働し、顧客から高い評価を得ている。この大きな組織をまとめ上げている同社の代表取締役・小林 祐樹氏が、識学で得た「気づき」とは。そして、識学のトレーニングを経て、手に入れた「武器」とは。詳しく話を伺った。

目の前のフィルターが外れたら、世界が180°変わって見えた

—御社は「コールセンター」という事業の性質上、「人」を上手く扱うことができるかどうかが経営においても特に重要なポイントですよね。

そうですね。だからこそ、「マネジメントは得意だ」というそれなりの自信がありました。しかし、僕のマネジメント手法にはいくつか大きな間違いがあった。そう気づかせてくれたのが識学だったんです。

—気づきを得たきっかけは何だったのでしょうか?

識学を受けるまで、僕は「どうして部下は、自分で判断して動けないんだろう?」という悩みを抱えていました。その悩みを講師の方に打ち明けたところ、「今の組織の状態では、下は動けないでしょうね」ときっぱり言われてしまったのです。その原因の1つとして、僕も含め、経営陣が、「決めること」に臆病になっているからだ、という指摘を受け、ハッとさせられました。お互いが相手の顔色を見ながら決断をしていたため、目標や責任の所在も曖昧になっていて・・・。そんな状態では、部下が自主的な行動をするはずがないということを、講師の方からとても分かりやすくアドバイスしていただき、識学の理論や考え方に興味を持ちました。

—識学のトレーニング全体を通じて、ご自身にどんな変化がありましたか?

会社を立ち上げて10年が経ちましたが、目の前の景色や人の見え方がガラリと変わりました。これは、識学の理論を学び、事実で物事を見極めることができるようになったからだと思います。例えば、今まではあまり優秀とは思っていなかった部下が、識学の理論に当てはめてマネジメントをしてみたら、実はしっかりと結果を出す存在であると気付いたり、また、その逆もあって、優秀だと思っていた部下が、経過を良く見せていただけであったということに気付いたり・・・。ここまで見え方が変わるというのは、今までにない感覚でしたね。ずっと取り付けられていたフィルターが外れて、これまでと見え方が180°逆転する……なんてことが起こりえるのが、識学の面白さであり、魅力だと思います。

誤ったマネジメントは部下の生存能力を奪い、「死」に向かわせる

—特にどんなお話が印象に残っていますか?

すべてのトレーニングが非常に刺激的だったのですが、一番胸に刺さったのは「あなたのマネジメントは、部下の生存能力を奪っています。彼らを死に向かわせているも同然ですよ」という言葉ですね。
例えば、部下ができなかったことやトラブルを僕が巻き取ってやってしまうと、部下は、自分ができなかったことを正しく認識できず、いつまでもできるようになれない。その結果、市場の成長についていく事ができず、部下の価値は目減りしていく……。「部下ができないことを何とかするのが社長の仕事だ」と、よかれと思ってやっていたことが、部下の成長を阻害する要因になっていたという事実があまりにも衝撃的すぎて、しばらく立ち直ることができませんでした。気持ちの整理をつけるために、次のトレーニングに進むのを1週間遅らせてもらったほどです(笑)。

—ご自身の中でその衝撃をどのように整理されたのかお聞かせください。

人は誰だって周りからの評価を気にすると思うんです。ことさら、経営者の方々は「人気者になりたい!」「頼りにされたい!」という思いが強いと思います(笑)。その感情を取り払うのは、本当に難しいことだと思います。私自身も、識学を受けるまではそうでした。
しかし、「人望のある社長」が「会社や部下を成長させることができる社長」なのかというと、全くイコールではないと今は断言できます。例えば、アスリートは結果がすべて。人気を集めたくて、スポーツに取り組んでいるわけじゃない。陸上選手ならば、タイムをコンマ1秒縮めるために、野球選手であれば1本でも多くのホームランを打つために、日々トレーニングに励んでいる。その上で結果が出れば、ファンが増え、人気が後からついてくる。それはビジネスも同じです。リーダーの人気があれば、推進力が増す、業績が上がる……なんていうのは大きな勘違いなのだということに、識学のトレーニングを受けると気づかされますね。

—どのようにマネジメントを変えていったのでしょうか?

まず、評価について、大きく変更しました。今までの評価には数字目標以外に「何となくの評価」「何となく期待していること」が含まれていました。何となくの評価というのは、「頑張っている」など、プロセスも加味されています。この「何となく」というのが、私のフィルターとなっていましたし、お互いの認識にズレをもたらす要因になっていたため、「あなたに期待することはこれで、“良い”とする基準はこれ」と明文化したものを渡し、「1年後にこの部分を評価するから」と伝えました。
他には、経営に大きな打撃を与えるような事態でないかぎりは、「巻き取らない」。これを徹底しました。また、以前は何か問題が起きたときに、「俺だったらこうする」というアドバイスもしていたのですが、こういった経過への口出しも、一切しなくなりました。「社長が言ったとおりに進めれば、結果悪くても自分は悪くない」という「他責」の思考を発生させ、また「失敗しても社長がまたアドバイスをくれるだろう」というような、自走しない状態を作ってしまうからです。
はたから見ると、突き放したようなマネジメントだと感じられるかもしれませんが、こういったことを継続していくと、面白いことに各部門の目標達成に向けた行動量やスピードが猛烈に増しました。

「役割を明確にする」ということは
 「誰が何をするか」を整理するだけではない。

—今後の展望についてお聞かせください。

誰からの評価を得ないといけないのか?ということを全員が理解し、実践できる組織にしたいですね。例えば、コールセンターのオペレーターの業務は、個人の目標件数に向けて電話を掛けることと、電話を受けること。役割が明確な分、目標の達成に向けてまっすぐ走ることができます。一方、管理職になると、色んなタスクを抱える上、色んなステークホルダーがいます。管理職は優秀な人が多く、周りに気が遣える分、周りからの評価も気にしてしまうのですが、これが、管理職の行動を阻害する“迷い”を生みだしています。一般的な『役割を明確にする』では、「誰が何をする」を整理するだけで終わることが多いと思うんです。ところが、識学を学ぶと、「役割を明確にする」=「誰からの評価をどのように獲得するか」まで整理できます。例えば、取締役の評価者は社長である僕で、社長の評価者は顧客や株主など市場です。それ以外の評価は一切気にする必要はなく、評価者の評価を得ることに集中し、それに向けて動けばいいだけです。逆に同僚や部下からの評価を気にすると、迷いが生じ、それら全てがロスタイムとなります。これを、全員か実践できれば、とても強い組織になれると僕は思っています。

現在は自社の中長期計画に向けて動いている段階ですが、マネジメントにおいて識学という新しい「武器」を手に入れた今、これからの自社の成長がとても楽しみです。当初予定していた5カ年計画も、前倒しでキャッチアップできるのではないかと感じられるようになりました。

—どんな方が識学を受けると、効果を期待できるでしょうか。

「俺がいないと会社が回らない」と思っている方。「若手が伸びない」と愚痴をこぼすことが多い方。「俺だったらこうする」と口出ししてしまう方。これらのうちどれかに当てはまる経営者は、一度識学の講師に会ってみるとよいのではないでしょうか。いかに自分が組織のマネジメントにおいて大きな「勘違い」をし続けていたのか、痛感するきっかけになると思います。そして、勘違いというフィルターが外れると、こんなに物事の見え方が変わるのかという体験も、きっとできるはずですよ。

株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング
会社名 株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング
設立 2007年4月
所在地 本社
大阪府大阪市北区曾根崎1-2-9 梅新ファーストビル9F
代表者 代表取締役社長 小林 祐樹
従業員数 2,500名(2016年3月31日現在) ※アルバイト・派遣含む
事業内容 CRM事業アウトバウンド事業
インバウンド事業
人材派遣業(許可No:般27-301693)
生命保険・損害保険の募集業務及び付帯業務<取扱保険会社>
アメリカンファミリー生命保険会社(アフラック)
AIG富士生命保険株式会社
ホームページ

http://www.crtm.co.jp

 

他のインタビュー記事を読む

株式会社 ALL CONNECT 代表取締役社長 岩井 宏太氏

組織全体に識学を - 読み書きや計算と同様に、社会で必要な考え方が詰まっている「学問」

UUUM 株式会社 代表取締役 鎌田 和樹氏

フラットからピラミッドの制度作り - 「フラット型組織」から「ピラミッド型組織」に成長する上で基盤となる理論・考え方を得た

株式会社 ピーアップ 取締役副社長 川名 廣季氏

組織の矛盾を言語化 - 組織内に発生した「ズレ」をいち早く取り除けば、パフォーマンスは確実に向上する

株式会社サービシンク 代表取締役 名村 晋治氏

秩序と成長機会のある環境こそ、真の働きやすい環境 - 第二創業期における組織運営の考え方の「軸」として活用中

株式会社エストコーポレーション 代表取締役 清水 史浩氏

業績拡大の原動力 - 今まで思い描いていた “社長像”は、間違っている。そう気づかせてくれたのが 識学だった。

株式会社林産業 代表取締役社長 小沼 佳史氏

経営力・組織力強化の手段 - ”組織人としての自覚”が自然発生する組織へ~創業者から引き継いだ組織がさらに成長するために~

株式会社スリーエス 代表取締役社長 吉田 秀樹氏

組織改革の軸 - 変えたいのに変えられないでいた現状の突破口が開かれた

株式会社インタースペース 執行役員 ストアフロント事業部長 岡田 英明氏

組織を自走させるリーダーへ - 識学は、自走できる組織への全てが詰まっている

税理士法人CROSSROAD 代表社員 三嶋 政美氏

推進力が飛躍的に向上 - エンジンが増え、後ろから風を感じられる組織へと成長できた

R&C株式会社 専務取締役 今村 英之氏 X R&C株式会社 代表取締役 足立 哲真 氏

健全な競争により、成長が加速 - 「個人商店の集まり」ではなく、「ひとつの組織」としての一体感を醸成するきっかけに

株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング 代表取締役社長 小林 祐樹氏

マネジメントにおける新たな武器 - 目の前のフィルターが取り払われ、全く違う景色が見えるようになった

株式会社アール・エム 代表取締役 中山 義隆氏

「厳しさ」のベクトルを正しい方向へ - 部下は自分を映す「鏡」上手くいかない原因は自分自身にあるのだと気づかされるきっかけを得た

MIKAWAYA21株式会社 グッドパートナー事業部 事業部長 中村 亜依氏

「マネジメントとは?」の答えが詰まった学問 - 初めてのマネジメントも識学があれば全く怖くない

株式会社ファインドスター 代表取締役社長 渡邊敦彦氏 X 執行役員 魵澤雅則氏 X 萩尾麻子氏

株式会社ファインドスター - 我流の経営から抜け出すための「型」を手に入れた。

株式会社識学 スポーツ事業部 部長 元ラグビー日本代表 元追手門学院大学女子7人制ラグビー部 ヘッドコーチ 後藤 翔太

識学とスポーツの親和性 - スポーツにおける 「本質的な力」を徹底的に磨き上げ、No.1へと導く術を手に入れた

スペシャル対談3 オープンデザイン株式会社 代表取締役 吉村 拓也 氏 X 株式会社識学 和田垣 幸生

スペシャル対談03 - 超属人化から脱却し、「自ら役割」を果たす集団へ変化していくために必要なこと。

スペシャル対談4 トークノート株式会社 代表取締役 小池 温男 氏 x 株式会社識学 代表取締役社長 安藤 広大

スペシャル対談04 - 開発納期の大幅な短縮化を実現したIT企業が、さらなる挑戦へ自社サービスの新機能に識学の要素を活用した理由とは。

スペシャル対談5 株式会社MS・PAINT 代表取締役 山口 轉紀 氏 x 株式会社識学 大阪支店長 冨樫 篤史

スペシャル対談05 - 分裂していた会社をひとつに。そのきっかけが、識学だった。

スペシャル対談6 株式会社SAL 代表取締役 魚住 琢 氏 x 株式会社識学 講師 田中 康雄

スペシャル対談06 - 新しい期のスタートを識学と二人三脚で踏み出すメリットとは。

元劇団四季 舞台女優 熊本 亜記氏

「プロフェッショナルとは何か」の答えが、識学には詰まっていた。

スペシャル対談7 株式会社LEGEND 代表取締役 斉藤 徹 氏 x 株式会社識学 講師 山下 智史

スペシャル対談07 - 経営学では学べなかった、組織の問題の解決方法を明らかにできる学問。

スペシャル対談8 株式会社ラインアップ 代表取締役 山本 健雄 氏 x 株式会社識学 大阪営業部 深石 圭

スペシャル対談08 - どんな外部研修よりもシンプルで即効性のある学問との出会い。

アナグラム株式会社 代表取締役 阿部圭司氏 X 取締役 竹内 槙優氏 X 小山純弥氏 X 古田のどか氏

アナグラム株式会社 - “仕組み”“ルール”が人を成長させる。“ルール”は人を縛るものではなく、 迷い無く自走・成長させるためのもの

スペシャル対談9 株式会社wevnal 代表取締役社長 磯山 博文 氏 x 株式会社識学 講師 入澤 勇紀

スペシャル対談09 - 識学には、組織づくりの”原理・原則”が詰まっている。

株式会社ギフト 代表取締役 田川 翔氏

株式会社ギフト - “言い訳”の生まれない組織は、事業成長を加速させる。

株式会社デイサービスセンターうららか 代表取締役 住所 和彦氏

株式会社デイサービスセンターうららか - ”経営者が本当にやるべき仕事”を正しく認識すると業績は飛躍的に向上できる。

お問い合わせ/資料請求

組織運営でお悩みのことはありませんか?お気軽にご相談下さい。

数多くの企業の組織運営課題を解決してきた、マネジメント理論と経験で御社のお悩みを解決します。

株式会社 識学

〒141-0031東京都品川区西五反田7-9-2KDX五反田ビル4階

【お急ぎの方はお電話にてお問い合せください】

03-6821-7560 [年中無休]9:00-18:00

この内容で送信します。よろしいですか?