経営者の方へ 

5年前のあるセミナー会場で、2人の社長が出会いました。

2人の社長には共通点が多くありました。どちらも先代の会社を引き継いだ後継者で、会社の仕組みを変えていくことを考えていました。それに両人ともボトムアップの組織を望んでおり、社員の働きがいややりがいを大切にしていました。

この2人が最近、たまたまあるセミナーで再会しました。
彼らには、今でも共通点が多くありました。どちらも色んなセミナーに足しげく通っていて、5年前よりも多くの社員を抱えていました。そして蓋を開けてみれば、どちらもが会社のミッション・ビジョンを作っていて、組織体制を一新し、人事制度を整えていました。

ただし、異なる点が1つだけありました。
2人のうち1人は、現場から挙がってくる不平不満を抑えるのに時間を割かれ、社員が増えるたびに利益率が下がり業績不振に陥っていました。

もう1人は社員を採用するたびに次々自立自走して、事業を拡大するほど利益も伸び続け、積み上がったキャッシュで新たなビジネスをスタートさせる準備をしていました。

その差が生まれた理由

—なぜこのような差が、会社によって生まれるのだろう?

そんな風に思われたことはありませんか?採用した人材の知性や才能、努力が常にその要因とは限りません。一方のビジネスが優れていてもう一方はそうでなかったわけでもありません。その違いは、何を知っていて、その知識を使ってどのように社員をマネジメントするかにあるのです。それが、このページで「識学」についてお話を差し上げている理由です。
というのは「社員が働きがいで満たされ利益を出すためのルールの作り方を企業に提供する」ことが「識学」のそもそもの目的だからです。

組織の成長を加速させる、識学を体験出来るセミナーの詳細、お申込みはコチラから!

他に類を見ない手法

「識学」は、他に類を見ない経営手法です。これは、他の手間がかかるマネジメントのノウハウと違って、ルールで組織全体を機能させるための手法です。「識学」は450社6,600名のマネジメントで活用され、企業に取り入れられるたびに、その会社の業績を右肩上がりに伸ばし続けています。そのためリピート率は80%を超え、紹介からの導入実績も100社を超えている状況です。

例えば、あるメディア事業を行なっている会社では、当初社員数5名だったところから「識学」を導入以後、たった1年で50名の組織にまで拡大。急激な成長にも関わらず、現場が自走しているため今でも売上利益を伸ばし続けています。またある施工会社では、「識学」導入後、現場スタッフに業務を任せられるようになったことで管理職の仕事の質が上がり、粗利率が2倍にまで増えたといいます。他にもある広告会社では、「識学」の導入によって、たった5年で年商が50億円から250億円に伸びました。マーケットが停滞傾向にあるにもかかわらず、未だにに業績が前年比を上回り続けている状況です。

ルールは時間です

私は今、「識学」でチームをマネジメントしています。私の元には、ルールで統一されたチームメンバーがいて、積極的な提案とスピーディな報連相が毎日集まってきます。あらゆる仕事が彼らによってカバーされており、売上利益の実績と見通し、各種業務改善の進捗、新たな顧客獲得のプラン、商品開発の設計書まで、さまざまな仕事の報告が彼らから挙がってきます。

また私がどんな方針を打ち出したとしても、すぐに行動に移し結果を報告してきます。給料が支払われるまでの構造や、自分たちの置かれている立場、それぞれが満たすべき仕事の基準が分かっているので、皆当たり前のことをやった上で、それ以上の活躍をしようとイキイキ働いています。

もし「識学」についてまだ取り入れたことがない場合、いかにこの環境が気持ち良く仕事ができる環境か?想像もつかないのではないでしょうか。

「識学」で得られるルールの作り方は、一般的な評価制度の導入などでは満たすことができない、人間の行動心理に基づいた内容です。また「識学」は、あなた自身がセミナーに通い、会社の状況に合った導入の仕方を選択することによって、社員に知られることなく段階的に取り入れられるようにしています。

少額投資で体験できる

ここまでお話した効果を確かめていただくために、これから紹介するセミナーで「識学」の一部を体験してみてください。これは、現在ご提供しているセミナーの中でもっとも短い時間で「識学」の効果を体感するのにぴったりの方法です。

その場で御社のご状況をうかがって、組織にどうやって浸透させるか?そのプランを設計しお見せすることも可能です。
参加する方法は簡単です。下記のフォームに必要事項をご記入いただき、そのまま申し込みを行なってください。ご満足を保証するために、万が一このセミナーがご期待に添えない場合は代金の3万円をご返金いたします。

このご提案がフェアで同意できる内容だと思われるようでしたら、「識学」が多くの成長企業にもたらしているメリットを、あなたの会社にもご提供できるか?さっそくご確認されたいのではないでしょうか。

識学体験セミナー

【3/27 東京開催】
株式会社ZUU様共催 鬼速×識学で組織を成長させる!!
~組織の成長のために必要なこと、全部教えます~

本セミナーでは、実際にベンチャー企業を経営する2名の代表と、COOとして組織運営に携わる2名の計4名が、自社の組織運営やメンバーの育成の仕組みを公開しながら、同じようなフェーズの企業経営者様のお役に立てるお話しをご準備し、お待ちしております。


 

成功への投資

このページの冒頭に登場した2人の社長の話に戻りましょう。

彼らは同じセミナーで出会って同じようにミッションやビジョンを作って経営をしました。では、彼らの利益や社員の働きがいに差をつけたのは何だったでしょうか?
それは、ルールです。利益と社員の働きがいを引き出すためのルールの作り方です。

「識学」のやり方を手に入れたら、即座に全てを組織に浸透させられるとは限りませんが、「識学」がもたらす環境が、常にあなたに利益と時間をもたらすもので、信頼でき、有益であることは保証いたします。

この内容で送信します。よろしいですか?