CFOのための識学式組織マネジメントのススメ

2019.9.25|福岡
【 定員10名 】

ー Thema ー
設立4年でマザーズ上場を果たした識学式組織マネジメントとは?

導入企業1,100社を達成、設立4年で東証マザーズに上場した㈱識学。なぜここまで成長することができたのか?その答えはずばり組織運営に独自の理論「識学」を徹底しているからです。

組織成長に必要なのは、社員が高い集中力を持って仕事に臨むことであり、これは組織のリーダーマネジメントがすべてと言っても過言ではありません。
組織のリーダーが普段、良かれと思い発する言動が実は、組織に多くの「誤解」や「錯覚」を生み、社員の集中力を阻害しています。
識学はヒトの意識構造に基づき、「誤解」と「錯覚」を発生させず、生産性の高い組織運営が実現し、人間同士の衝突課題を解決できるマネジメント理論です。

このセミナーでは、「組織の成長痛」を未然に防ぐ具体的な方法論を組織の経営層が知っておくべきマネジメントの基礎としてお伝えいたします。そして、4年で東証マザース上場を果たしたマネジメント「識学」を初めて触たい!という方も大歓迎です!

ー こんなお悩みがある方は是非ご参加下さい!
  • 組織運営の軸となる一貫したマネジメントの考え方を理解したい経営層の方
  • フラット型組織からピラミッド型組織への移行に取り組まれている経営層の皆様 
  • 将来的にIPOを視野に入れていらっしゃる経営層の皆様
  • 中間管理層が育たないとお悩みを感じの経営層の皆様

    お早目の申し込みをお待ちしております。

ー Content ー
コンテンツ

CFOのための識学式組織マネジメントのススメ
株式会社識学 福岡支店 大塚 弘毅


・識学について
・組織が成長するための組織運営の重要なポイント
・管理部門のマネジメント

ー Speaker ー 
登壇者 

株式会社識学 福岡支店 大塚 弘毅

大学卒業後、大手監査法人に入所し、法定監査業務及びIPO支援業務等に従事する。
その後、Fintechベンチャーにて、管理部門の立上げ、内部管理体制の構築、決算早期化等の業務に携わる。
組織構築の重要性を認識する中で、株式会社識学と出会い、識学は分野を問わずそれぞれの持つ可能性を最大化させることが出来ると確信を持ち、自らも識学を多くの方に広めていきたいと思い、同社に参画。

ー Outline ー
開催概要

開催日 2019年9月25日(水)
開催時間

16:00~18:00

開催場所

リファレンス はかた近代ビル貸会議室  106会議室 
〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1丁目1-33 はかた近代ビル 1F

定員 10名様
料金

3000円/名

 お支払い方法 銀行振込

※お申込み完了後、メールにてお知らせします。

※お客様のご都合でのキャンセルは参加費をご返金致しかねます。

お問い合わせ先 マーケティング推進室 TEL:03-6821-7488
本セミナーの対象者

経営者様


ー Map ー
 《 会場案内 》

リファレンス はかた近代ビル貸会議室  106会議室 

〒812-0013 
福岡市博多区博多駅東1丁目1-33 はかた近代ビル 1F


ー Entry ー
お申込みフォーム


ー about us ー
株式会社識学について

株式会社識学では、組織のリーダーが本来やるべき、組織の成長(未来)へのコミットに専念できるよう、「識学」という、人の意識構造に基づいたマネジメント理論を使い、組織のリーダーが抱える組織マネジメント課題を解消するためのお手伝いをさせていただいております。
2015年3月の創業以から現在に至るまで、1,100社を超える企業・団体の経営者・経営幹部などのリーダーの方々へ、組織マネジメントに関するコンサルティングサービスを提供しております。

▽識学(しきがく)とは?
識学とは、人の意識構造に着目した理論をベースにした、組織マネジメント理論です。
※下記に動画をご用意しておりますので、こちらをご覧下さい。

▽主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング
・「識学」を使った従業員向け研修
・「識学」をベースとしたwebサービスの開発、提供
・「識学」関連書籍の出版

識学(しきがく)とは?

人はそれぞれ、思考の癖というものを持っており、そこから発生する誤解や錯覚が行動を阻害します。
更に、組織内では多くの人間の誤解や錯覚が複雑に絡まった結果、組織のパフォーマンスを大きく低下させてしまいます。
ここでは、具体的に組織内でよく発生する事象に対してどの様なアプローチでその問題の本質に迫り、それをどの様に解決していけば良いか?という講義の一部を動画にて閲覧する事が可能です。

ー Media ー
メディア掲載