組織における、No.2の役割とは?

2019.8.8|福岡
【 定員30名 】

ー Thema ー
数多くのトップやNo.2にトレーニングを実施した
識学社のNo.2が語る、組織が成長するNo.2の役割とは何か?

人の意識構造に着目した理論をベースとして、1000社を超える企業のトップ、管理職の方々にトレーニングを行う『識学』。
そして、創業から4年で上場を果たし、急成長をしている『識学』。

そのNo.2であり、創業期から株式会社識学を支える副社長から見る、真の識学とは何か?
社内で実際に実践している、組織におけるNo.2の役割とは何か?
普段どういったことを考え行動しているのか?
トップとはどう接し、部下をどう管理しているのか?

こういったことをテーマに、組織が成長しないことに悩む経営者様、部下への対応に困る管理者様などに幅広くお役に立てる内容を網羅し、セミナーを開催いたします。

「広告ではよく見るが、いまいちわからない」「識学って今の時代に即しているのか?」「人が辞めるのでは...」など、日頃仕事に従事する中で、不安や悩みを抱える方々に対しても、どのように考えどのように行動していけばよいのか、識学メソッドをお伝えして参ります。

ご興味、ご関心のある方、ご参加をお待ちしております。

ー こんなお悩みがある方は是非ご参加下さい!
  • 組織が成長しないことに悩む経営者様
  • トップが言ってもわからないと頭をかかえる取締役の方
  • 部下への対応に困る管理者様

 お早目の申し込みをお待ちしております。

ー Content ー
コンテンツ

組織における、No.2の役割とは?

 株式会社識学 取締役副社長 梶山啓介


数多くのトップやNo.2にトレーニングを実施した識学社のNo.2が語る、組織が成長するNo.2の役割とは何か?

ー Speaker ー 
《 登壇者紹介 》

株式会社識学 取締役副社長 梶山啓介

1981年、東京都生まれ。2005年、慶應義塾大学卒業。同年、シティバンク銀行入社後、2007年、営業支援事業を行う、株式会社エッジコネクションを設立。同社副社長として、様々な規模、業種の企業様の営業支援や営業組織の立ち上げに関わる。2013年、「識学」と出会い、自社への導入と共に、販売代理店としての展開を開始。2015年、より多くの人々へ識学を知ってもらいたい、という想いより、株式会社識学が設立されたタイミングにて、同社取締役へ就任。

ー Outline ー
開催概要

開催日 2019年8月8日(木)
開催時間

16:00~18:00

開催場所

リファレンス駅東ビル貸会議室  会議室K
福岡市博多区博多駅東1丁目16-14リファレンス駅東ビル7F 

定員 30名様
料金

5,000円(税込)/名

お支払い方法 銀行振込

※お申込み完了後、メールにてお知らせします。

※お客様のご都合でのキャンセルは参加費をご返金致しかねます。

※お申し込みの際は、振り込み時に使用していただくお名前をフォームにご入力ください。

お問い合わせ先 マーケティング推進室 TEL:03-6821-7560
本セミナーの対象者

事業会社の経営者様、中間管理職様


ー Map ー
 《 会場案内 》

リファレンス駅東ビル貸会議室  会議室K
福岡市博多区博多駅東1丁目16-14リファレンス駅東ビル7F

ー Entry ー
お申込みフォーム


ー about us ー
株式会社識学について

株式会社識学では、組織のリーダーが本来やるべき、組織の成長(未来)へのコミットに専念できるよう、「識学」という、人の意識構造に基づいたマネジメント理論を使い、組織のリーダーが抱える組織マネジメント課題を解消するためのお手伝いをさせていただいております。
2015年3月の創業以から現在に至るまで、1,000社を超える企業・団体の経営者・経営幹部などのリーダーの方々へ、組織マネジメントに関するコンサルティングサービスを提供しております。

▽識学(しきがく)とは?
識学とは、人の意識構造に着目した理論をベースにした、組織マネジメント理論です。
※下記に動画をご用意しておりますので、こちらをご覧下さい。

▽主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング
・「識学」を使った従業員向け研修
・「識学」をベースとしたwebサービスの開発、提供
・「識学」関連書籍の出版

識学(しきがく)とは?

人はそれぞれ、思考の癖というものを持っており、そこから発生する誤解や錯覚が行動を阻害します。
更に、組織内では多くの人間の誤解や錯覚が複雑に絡まった結果、組織のパフォーマンスを大きく低下させてしまいます。
ここでは、具体的に組織内でよく発生する事象に対してどの様なアプローチでその問題の本質に迫り、それをどの様に解決していけば良いか?という講義の一部を動画にて閲覧する事が可能です。

ー Media ー
メディア掲載