通信業界で大成長を遂げる株式会社ピーアップの評価制度とは?

2019.4.22|東京
【 定員16名 】

・識学導入後に26カ月営業目標を連続達成を今尚継続するピーアップの評価制度を大公開
・変化の激しい業界で従業員1000人以上の成長をコミットする評価制度のポイントとは

ヒトの意識構造に着目したマネジメント理論「識学」を運用し、株式会社識学の公式パートナー企業である株式会社ピーアップの執行役員兼・識学認定講師がその評価制度と考え方を大公開致します。これまで識学含めたマネジメント研修を複数耳にしてきたが、実際にどのような費用対効果があるのかわからない、現在の組織運営と乖離があり、導入に様々な懸念材料がある、当然の事だと認識しています。

通信業界全般が大きく変革し、同業他社が多数撤退していく中、圧倒的な実績で業界を牽引し、年商400億、従業員規模1000名と大成長を遂げるた評価制度の一部をご紹介いたします。
・識学を導入した背景
・個人の成長にコミットする評価制度とは
・評価制度構築にあたる重要な8つのポイントとは

今回セミナー参加いただけた方限定で公開致します。
現在の成長を更に加速させたい、業績を大きく回復したい、そのために必要な評価制度の考え方とは何なのか考察していきます。
企業経営者から、マネジメントを実施する全てのリーダーに幅広くご参加をお待ちしております。

ー こんなお悩みがある方は是非ご参加下さい!
  • 社員が成長するための評価制度とは
  • 離職や離脱により、業績が上がらない
  • 識学を聞いたことはあるが、具体的にどのような効果があるのか
  • 識学や他社コンサルを聞いたことはあるが、運用する際に懸念点があり導入に踏み切れない

 お早目の申し込みをお待ちしております。

ー Content ー 
本セミナーのコンテンツ

意識構造学に基づく組織マネジメント識学とは

 株式会社ピーアップ 執行役員 兼 識学認定講師 大熊 憲二


伸びている組織が実践しているマネジメント「識学とは?」
- 識学について
- 組織の成長を阻害する誤解や錯覚
- 誤解や錯覚には2つの種類がある

株式会社ピーアップの評価制度と8つのポイントとは

 
株式会社ピーアップ 執行役員 兼 識学認定講師 大熊 憲二


評価制度の実態と、8つのポイントとは
・識学導入前の評価制度とは
・個人の生産性向上に向けた評価制度とは
・評価制度構築にあたり注意すべき8つのポイントとは
・評価制度構築後の具体的効果

ー Speaker ー 
《 登壇者紹介 》

株式会社ピーアップ 執行役員 兼 識学認定講師 大熊 憲二


2011年入社 ソフトバンク事業部に配属となり、ショップの運営に従事
史上最速の9ヵ月でマネージャーに昇進し、管轄店舗を全国一位の実績に導く
2014年モバイル事業部統括になり、事業部の月間の連続達成を更進し、史上初の年間完全達成を樹立。
2016年に識学と出会い、識学によるマネジメントを徹底
現在、識学社とパートナー契約を結び、初のコンサルティング事業の責任者として活動

ー Outline ー
開催概要

開催日 2019年4月22日(月)
開催時間

18:30~20:30 (18時受付開始)

開催場所

北千住 東京芸術センター11階 株式会社ピーアップ 本社会議室

定員 16名様
料金

無料

お問い合わせ先 経営推進部 TEL:03-6821-7560
本セミナーの対象者

事業会社の経営者様、中間管理職様


ー Map ー
 《 会場案内 》

株式会社ピーアップ 本社会議室

東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター11階


ー Entry ー
お申込みフォーム


ー about us ー
株式会社識学について

株式会社識学では、組織のリーダーが本来やるべき、組織の成長(未来)へのコミットに専念できるよう、「識学」という、人の意識構造に基づいたマネジメント理論を使い、組織のリーダーが抱える組織マネジメント課題を解消するためのお手伝いをさせていただいております。
2015年3月の創業以から現在に至るまで、1,000社を超える企業・団体の経営者・経営幹部などのリーダーの方々へ、組織マネジメントに関するコンサルティングサービスを提供しております。

▽識学(しきがく)とは?
識学とは、人の意識構造に着目した理論をベースにした、組織マネジメント理論です。
※下記に動画をご用意しておりますので、こちらをご覧下さい。

▽主な事業内容
・「識学」を使った経営、組織コンサルティング
・「識学」を使った従業員向け研修
・「識学」をベースとしたwebサービスの開発、提供
・「識学」関連書籍の出版

識学(しきがく)とは?

人はそれぞれ、思考の癖というものを持っており、そこから発生する誤解や錯覚が行動を阻害します。
更に、組織内では多くの人間の誤解や錯覚が複雑に絡まった結果、組織のパフォーマンスを大きく低下させてしまいます。
ここでは、具体的に組織内でよく発生する事象に対してどの様なアプローチでその問題の本質に迫り、それをどの様に解決していけば良いか?という講義の一部を動画にて閲覧する事が可能です。

ー Media ー
メディア掲載